SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘Microsoft Azure’ Category

Azure Functions で PowerShell 7.0 が使用できるようになりました

without comments

アナウンスされていたのかがわかっていないのですが、以前から manually specify powershell version (e.g. 7) という Issue があり、Azure Functions の PowerShell 7.0 のサポートについてディスカッションが行われていました。

The rough ETA for official GA (including portal and tools support) is the beginning of July.

正式な GA は 7 月上旬ということになっていたので、ポータルを確認してみたところ、7.0 を選択できるようになっていました。
image

Windows 上で動作している PowerShell 7.0.0 として認識されていますね。

image

PowerShell 7.0 になると、ForEach-Object に追加された並列実行 が使用できるようになるのがうれしいですね。
(Foreach の Parallel については Example 11: Run slow script in parallel batches 以降の情報も参考になります)

 

Azure Functions の PowerShell のランタイムスタックですが、昔は関数のテンプレートは HTTP / Timger Trigger 程度だったと思っていたのですが、今は使用できるテンプレートが増えており、各種トリガーや Preview で Durable Functions のテンプレートも選択できるようになっています。
image

まだドキュメントは読めていないのですが、Durable Functions Support for PowerShell で Issue が上がっており、Github 上で、How to try Durable PowerShell functions として、チュートリアルが公開されています。

SQL Database 関連の関数を Timer トリガーで作ることは結構あるのですが、それ以外のトリガーは使っていなかったので、色々なトリガーを触ってみないとですね。

 

Visual Studio Code を使用した PowerShell の関数開発でも、PowerShell 7.0 を使用することができるようです。
PowerShell 7.0 を使用するためには、ランタイムバージョンは 3.0 を使用するようにして、次のような設定を行う必要があるようです。

1. Azure Functions Core Tool 3.x をインストールする

npm install -g azure-functions-core-tools@3

2. 「.vscode\settings.json」 の「azureFunctions.projectRuntime」を「~3」に変更
(Core Tool 3.x が入っていれば、デフォルトで ~3 になっていると思います)

3. 「local.settings.json」に「"FUNCTIONS_WORKER_RUNTIME_VERSION": "~7"」を追加

image

これで、VS Code で PowerShell Functions の開発を行った際の PowerShell のバージョンを 7.0 にすることができます。

Written by Masayuki.Ozawa

7月 18th, 2020 at 10:49 pm

Posted in Microsoft Azure

Tagged with

PowerShell で Azure REST API にアクセスする際の覚書

without comments

Written by Masayuki.Ozawa

3月 12th, 2020 at 11:56 pm

Posted in Azure,Microsoft Azure

Tagged with ,

Synapse Analytics の特徴って何なんだろう??

without comments

Synapse Analytics については、以前 SQL Data Warehouse (SQLDW) と呼ばれていた部分のみしかきちんと理解できておらず、全体像がぼんやりとしたままでした。
Azure Synapse Analytics Overview がとても素晴らしくまとまっていました。
旧 SQL DW 部分以外は実際には触れていないので、理解に誤りがある個所もあると思いますが、このスライドを見ながら特徴を勉強してみようかと。
Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

2月 25th, 2020 at 11:01 pm

Azure VM にセルフインストールした SQL Server で tempdb を D ドライブに配置するための機能を利用する

without comments

Azure Virtual Machines における SQL Server のパフォーマンスに関するガイドライン 等の情報に記載されていますが、SQL Server on Azure VM を使用する場合、tempdb 用のファイルを D ドライブに配置するというチューニング方法があります。
SQL Server on Azure VM を SQL Server インストール済みのイメージから展開する場合は、最近の展開であれば、ストレージの最適化として、D ドライブに配置するように構成ができるようになっています。
image
この配置ですが、以前に展開した SQL Server インストール済みのイメージや、自分で Azure VM に SQL Server をインストールしたセルフインストールの環境では構成がされていない状態となります。

今回の投稿では、この tempdb を D ドライブ (ローカル SSD) に配置する方法をまとめておこうかと思います。

公式のドキュメントとしては、一時ディスク に記載されており、詳細な解説は Announcing Performance Optimized Storage Configuration for SQL Server on Azure VMs with SQL VM RPで行われています。

VM のサイズによっては D ドライブのサイズが少なく、VM の通常のディスク上に配置する必要があるかもしれませんが、tempdb のスループットを向上させるための汎用的な方法として覚えておくと利便性は高いのではないでしょうか。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

2月 22nd, 2020 at 10:27 pm

Azure Shared Disk の情報のメモ

without comments

Written by Masayuki.Ozawa

2月 15th, 2020 at 9:26 pm