SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘Microsoft Azure’ Category

SQL Server IaaS Agent 拡張機能が日本語版の SQL Server に対してもサポートされるようになりました

leave a comment

Azure の仮想マシンで SQL Server を利用する際に、管理タスクを自動化することができる「SQL Server IaaS Agent 拡張機能」が、SQL Server インストール済みイメージに対して、日本語版の SQL Server をインストールした場合にもサポートされるようになりました。

Azure 仮想マシン上に作成した SQL Server の日本語化手順(Windows OS 版 SQL Server 2017 対応手順)

ただし、SQL Server Agent 拡張機能 (Resource Manager) による Azure Virtual Machines での管理タスクの自動化 に記載されているように SQL Server インストール済みイメージを使用した場合のみサポートされる状況には変わりがなさそうですので、この点は注意が必要かと。

注意

SQL Server IaaS Agent 拡張機能は、SQL Server VM ギャラリー イメージ (従量課金制またはライセンス持ち込み) でのみサポートされます。 SQL Server を OS のみの Windows Server 仮想マシンに手動でインストールする場合や、カスタマイズされた SQL Server VM VHD をデプロイする場合、この拡張機能はサポートされません。 そのような場合は、PowerShell を使用して拡張機能を手動でインストールおよび管理できる可能性がありますが、Azure Portal には SQL Server の構成設定が表示されません。 ただし、代わりに SQL Server VM ギャラリー イメージをインストールしてカスタマイズすることを強くお勧めします

SQL Server IaaS Agent 拡張機能は、以下の 2 種類のサービスで構成されています。

image

これらのサービスが SQL Server に対してアクセスできるようにする必要があるのですが、一番手っ取り早いのは SQL Server IaaS Agent 拡張機能を再インストールすることかと思います。

アンインストールについては、ポータルの拡張機能から実施することができますし、PowerShell でも削除することができます。
image

Remove-AzureRmVMSqlServerExtension -ResourceGroupName "<リソースグループ名>" -VMName "<VM 名>" -Name "SqlIaasExtension"

インストールについてはポータルからは実施することができませんので、PowerShell でインストールする必要があります。

Set-AzureRmVMSqlServerExtension -ResourceGroupName "<リソースグループ名>" -VMName "<VM 名>" -Name "SqlIaasExtension" -Version "2.0" -Location "<リージョン>"

 

Azure のゲストエージェント経由でインストールが行われ、IaaS Agent は Local System のサービスとして動作するため、SQL Server に対して接続が可能となっており、SQL Server にアクセスし、NT Service\SQLIaaSExtensionQuery のログインの作成などが実施されています。

(「NT Service\SQLIaaSExtensionQuery」は「sysadmin」のログインとなっています)

インストールが完了すると、ポータルの仮想マシンのブレード内に「SQL Server の構成」が表示され、様々な設定を行うことができるようになります。

image

IaaS Agent は、SQL Server の管理の利便性を向上させることができますので、日本語版の SQL Server のインストールを実施した場合もサポートされるようになったのはうれしいですね。

Azure での SQL Server 仮想マシンのライセンス モデルを変更する方法 を実施するためにも IaaS Agent が必要となりますので、このライセンス変更を日本語版の SQL Server を使った場合に実施できるようになったことも大きな改善点ではないでしょうか。

Written by masayuki.ozawa

2月 3rd, 2019 at 11:35 pm

Azure の SQL Server VM のライセンスモデルの変更でできるようになったことをまとめてみる

leave a comment

昨年の 11 月に Azure Hybrid Benefit for SQL Server on Azure Virtual Machines という記事が公開されました。
技術文書も Azure での SQL Server 仮想マシンのライセンス モデルを変更する方法 として別途公開されています。

2019/1 時点のこのアップデートでできるようになったことをまとめておきたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

1月 7th, 2019 at 11:13 pm

Cognitive Services in containers を使用してみる

leave a comment

でアナウンスされていますが、Cognitive Services の機能をコンテナーで動作させることができるイメージの提供が開始されています。

デプロイの方法などについては Cognitive Services Containers を利用して ローカルの Docker コンテナで Text Analytics Sentiment を試すでまとめられており、展開方法についてはこちらを見ると確認できるかと。

詳細な内容については、Container support in Azure Cognitive Services のドキュメントから確認できます。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

11月 17th, 2018 at 9:40 pm

Posted in Microsoft Azure

Tagged with

PowerApps で 1 アクションで複数のデータソースにデータの登録を行ってみる

one comment

RDBMS を使用したアプリケーションを構築する場合、

  • 基本データについては、テーブルに登録
  • 画像のような BLOB データについては、外部のデータストアに登録

というような登録方法をすることがあるのではないでしょうか。

PowerApps でもボタンをクリックするという 1 アクションで、データと画像を異なるデータソースに登録することが可能です。

本投稿では、この方法についてみてきたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

8月 11th, 2018 at 1:52 pm

ADF v2 の基本的なパイプラインの構築方法

leave a comment

ADF v2 も 一般提供が開始 され、ブラウザの UI ベースでのデータ取り込みの一連の処理 (パイプライン) を記載しやすくなってきました。
(v1 と v2 の違いはこちらから。Azure Data Factory と Data Factory バージョン 1 の比較)

今まで、簡単なデータコピーしか試したことがなかったのですが、複数のアクティビティを使用したパイプラインの作成方法をまとめてみたいと思います。

アクティビティの利用方法を理解することを目的としているため、効率的なデータ取り込みについては考慮していません。
(一度の取り込みで済むものを行単位でストアドを実行したりしていますが、これは、アクティビティの利用方法を理解するために意図的に組んでいます)

ADF については、Azure Data Factory のドキュメント が公式のドキュメントとなっており、何かあったら、このドキュメントを見ることになります。

書籍については日本語のものはほとんどないと思うのですが、Hands-On Data Warehousing with Azure Data Factory という書籍が、現時点で発刊されている唯一のものではないでしょうか。

まだ途中までしか読めていないのですが、様々なデータソースを ADF で取り込む (利用する) ための基本的な操作が、ハンズオン形式で学習ができるものとなっており、操作をしながら学習したいときには、こちらの書籍の購入を検討してもよいのではないでしょうか。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

7月 25th, 2018 at 5:39 pm

Log Analytics を使用した、ゆるい感じのサーバーの死活監視

leave a comment

Azure の Log Analytics (OMS) のアラート機能を使用したゆるい感じでのサーバーの死活監視の方法を書いてみようかと。

Log Analytics のアラート機能の最小の間隔は 5 分間隔での実行となっており、連携しているデータのインデックスが作成されるのにもタイムラグがありますので、今回の方法は即応性のあるものではありません。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

7月 1st, 2018 at 11:49 pm

Posted in Microsoft Azure

Tagged with

Windows の OMS Agent 導入時のトラブルシューティングで利用可能な内容について

leave a comment

基本的なインストール方法については次のドキュメントで解説されています。

OMS のワークスペースからエージェントをダウンロードして、ワークスペース ID とキーを設定することでインストールをすることができます。

インストール自体はトラブルが起こることはないと思うのですが、私の環境では「エージェントを導入しても OMS ワークスペースに接続できない」という端末が一部ありました。

この問題について問い合わせを行い、その際に教えていただいた内容が汎用的に使用できそうですので、同様の問題が出た際の参考としてまとめておきたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

6月 22nd, 2018 at 10:45 pm

Posted in Microsoft Azure

Tagged with ,

Azure Virtual Machine のシリアルコンソール (Preview) を Windows で使用する際の覚書

leave a comment

Public preview: Virtual machine serial console でアナウンスがありましたが、Azure VM のシリアルコンソール接続が Public Preview となりました。

ドキュメントについては Virtual machine serial console (preview) から確認できます。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

3月 27th, 2018 at 10:06 pm

Posted in Microsoft Azure

Tagged with

Azure Backup で SQL Server がインストールされている仮想マシンをバックアップする際に意識しておきたいこと

leave a comment

Azure における VM バックアップ インフラストラクチャの計画を立てる に書かれている内容となりますが備忘録として。

Azure Backup で Azure 上の仮想マシンのバックアップを取得した場合、VSS と連動して取得が行われます。

Windows VM のスナップショットを取るとき、Backup サービスは Volume Shadow Copy Service (VSS) と連携して仮想マシンのディスクの一貫したスナップショットを取得します。

 

Windows に SQL Server をインストールすると「SQL Server VSS Writer」がインストールされ、この Writer が VSS と連動して、SQL Server としてのアプリケーション整合性を保持しながらバックアップの取得を行うことができるようになります。

ここで 1 点、注意しておきたいのが、

Azure Backup は、Windows VM 上で VSS 完全バックアップを行います ( VSS 完全バックアップの詳細をご覧ください)。

の記載です。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

3月 17th, 2018 at 9:45 am

Log Analytics の HTTP データ コレクター API を使用した SQL Database の情報収集

one comment

SQL Database の Intelligent Insights を使用することで、Log Analytics に情報を収集することができますが、Log Analytics には、HTTP データコレクター API があり、カスタムデータをアップロードすることもできるようになっています。

詳細については、 HTTP データ コレクター API を使用した Log Analytics へのデータの送信 (パブリック プレビュー) に記載されていますが、この仕組みを使用して、SQL Database の任意の性能情報を Log Analytics に格納する仕組みを作ってみました。

性能情報については、SQL Database に対してクエリを実行して取得しているだけですので、SQL Server からも情報を取得可能です。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

2月 25th, 2018 at 10:51 pm