SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘Microsoft Azure’ tag

SQL Server IaaS Agent 拡張機能を使用して SQL Server on Azure VM の管理性を向上させる (2021/2 最新情報)

leave a comment

先日、次のような投稿を書きました。

Azure の仮想マシン (Azure VM) で SQL Server を使用する際には、SQL Server IaaS Agent 拡張機能 (IaaS エージェント) (以下、IaaS Agent) という、Azure の仮想マシン上で実行している SQL Server の管理性を向上させる機能を無償で使うことができます。

IaaS Agent をインストールすると、仮想マシンにインストールしている SQL Server を「SQL 仮想マシン」というブレードで一元管理できるようになりますので、サブスクリプション内でどのような SQL Server を使用しているかもひと目で確認でき、管理面でもいろいろと便利です。

image

先日の投稿では、日本語環境の SQL Server として再インストールした場合の、IaaS Agent の再導入方法と、IaaS Agent の機能の一つである、自動バックアップについて触れましたが、IaaS Agent にはこれ以外の機能も豊富に含まれており、次のような機能を利用することができます。

  • BYOL / AHUB (AHB) / SA の DR 特典のライセンスモデルをVM の再構築をすることなく変更が可能
  • エディション / バージョン変更をした場合の VM の課金の変更
  • ストレージ構成の変更
    • SQL Server に適したストレージの設定
    • ポータルからストレージを拡張
  • 自動修正によるパッチ適用
    • OS / SQL Server の重要なパッチについて、スケジューリングして適用が可能
  • 暗号化機能の暗号化鍵の Key Vault 統合
    • SQL Server の暗号化機能の暗号化キーを Key Vault に格納し、管理性を向上
  • 自動バックアップ
    • インスタンス内の全データベース (今後、作成されるデータベースを含む) を自動的にバックアップ
  • Always On 可用性グループの構成 (プレビュー)
    • 高可用性環境の構築をポータルから実施可能

     

    投稿内にも記載していますが、サブスクリプション内の現在の VM および、今後展開する VM すべてを自動登録 のように、SQL Server がインストールされている仮想マシンが存在する場合には自動的に登録を行う機能もありますので、保持しているサブスクリプションでは、有効にしておけば、IaaS Agent の登録の抜けもないかと思います。

    自動登録は、仮想マシンの再起動が不要な「軽量管理モード」での導入が基本となっていますので、稼働中の SQL Server に IaaS Agent がインストールされていない場合でも、再起動のリスクはなく、導入することができます。
    軽量管理モードで利用可能な機能はライセンスモデル / エディション / バージョンの変更の機能のみとなりますが、SQL 仮想マシンのブレードによる一元管理は使用できますので、軽量管理モードでインストールするだけでも管理性は向上するかと。

     

    Azure の仮想マシンで SQL Server を実行する場合、IaaS Agent を導入することで、適切なライセンスを使用していることの宣言にもつながりますので、SQL Server を Azure 仮想マシン上で実行する際には、自動登録の機能も活用しながら、原則導入するようにしておいた方がよいかと。

    本投稿では、IaaS Agent でできることを一通り記載しましたが、運用 / 構築に関してのかなりの作業の容易性が向上するための機能を無償で使用することができます。

    また、本投稿は、日本で SQL Server を利用する際には設定する機会が多いと思われる、SQL Server の日本語化を SQL Server on Azure VM (インストール済みイメージ) の日本語化 (2021/1 版) の手順で実施した環境で、確認をしていますので、IaaS Agent の各機能は日本語環境でも利用することが可能です。

    Read the rest of this entry »

    Written by Masayuki.Ozawa

    2月 3rd, 2021 at 5:32 pm

    SQL Server IaaS Agent 拡張機能の自動バックアップ機能について

    leave a comment

    SQL Server on Azure VM で実行している SQL Server では、SQL Server IaaS Agent 拡張機能 を使用することができます。
    この拡張機能を使用することで、Azure VM (仮想マシン) 上で実行している SQL Server の運用の利便性を向上させることができ、今回、話題にする「自動バックアップ機能」につても、利便性を向上させることができる機能の一つとなっています。

    この自動バックアップ機能について、少し調べる機会がありましたので、自動バックアップ機能の構成についてまとめておきたいと思います。

    Read the rest of this entry »

    Written by Masayuki.Ozawa

    1月 17th, 2021 at 3:19 pm

    Power BI データフローで使用するストレージに ADL Gen2 を利用する

    leave a comment

    2021/1 時点では、プレビューの機能となりますが、Power BI データフロー で使用するストレージを、Power BI で提供される内部ストレージではなく、Azure Data Lake Storage Gen2 (ADL Gen2) を使用するという設定があります。

    この設定により ADL Gen2 を使用した場合、どのようにデータが格納されるのかを確認したことが無かったので、一度試してみました。

    Read the rest of this entry »

    Written by Masayuki.Ozawa

    1月 6th, 2021 at 10:16 pm

    SQL Server on Azure VM の AlwaysOn 可用性グループで DNN がサポートされました

    leave a comment

    DNN については、以前、Lift and Shift Always On SQL Server Failover Cluster Instance (SQL FCI) to Azure VMs で、SQL Server 2019 CU2 を適用することで、Failover Cluster Instance のサポートが行われていました。

    今回、Released: Support for Dynamic Network Names (DNN) Listeners for Always On Availability Groups でアナウンスがあり、SQL Server 2019 CU8 を適用することで、SQL Server on Azure VM で AlwaysOn 可用性グループを構築する際に、可用性グループのリスナーで DNN (Dynamic Network Names) Listeners がサポートされるようになりました。

    これにより、AlwaysOn 可用性グループにアクセスする際にロードバランサーを使用することなくアクセスができるようになります。
    関連情報は次のドキュメントとなります。(投稿を書いている時点では、英語版にのみ情報が公開されています)

    Read the rest of this entry »

    Written by Masayuki.Ozawa

    10月 20th, 2020 at 9:34 pm

    Azure Functions で PowerShell 7.0 が使用できるようになりました

    leave a comment

    アナウンスされていたのかがわかっていないのですが、以前から manually specify powershell version (e.g. 7) という Issue があり、Azure Functions の PowerShell 7.0 のサポートについてディスカッションが行われていました。

    The rough ETA for official GA (including portal and tools support) is the beginning of July.

    正式な GA は 7 月上旬ということになっていたので、ポータルを確認してみたところ、7.0 を選択できるようになっていました。
    image

    Windows 上で動作している PowerShell 7.0.0 として認識されていますね。

    image

    PowerShell 7.0 になると、ForEach-Object に追加された並列実行 が使用できるようになるのがうれしいですね。
    (Foreach の Parallel については Example 11: Run slow script in parallel batches 以降の情報も参考になります)

     

    Azure Functions の PowerShell のランタイムスタックですが、昔は関数のテンプレートは HTTP / Timger Trigger 程度だったと思っていたのですが、今は使用できるテンプレートが増えており、各種トリガーや Preview で Durable Functions のテンプレートも選択できるようになっています。
    image

    まだドキュメントは読めていないのですが、Durable Functions Support for PowerShell で Issue が上がっており、Github 上で、How to try Durable PowerShell functions として、チュートリアルが公開されています。

    SQL Database 関連の関数を Timer トリガーで作ることは結構あるのですが、それ以外のトリガーは使っていなかったので、色々なトリガーを触ってみないとですね。

     

    Visual Studio Code を使用した PowerShell の関数開発でも、PowerShell 7.0 を使用することができるようです。
    PowerShell 7.0 を使用するためには、ランタイムバージョンは 3.0 を使用するようにして、次のような設定を行う必要があるようです。

    1. Azure Functions Core Tool 3.x をインストールする

    npm install -g azure-functions-core-tools@3

    2. 「.vscode\settings.json」 の「azureFunctions.projectRuntime」を「~3」に変更
    (Core Tool 3.x が入っていれば、デフォルトで ~3 になっていると思います)

    3. 「local.settings.json」に「"FUNCTIONS_WORKER_RUNTIME_VERSION": "~7"」を追加

    image

    これで、VS Code で PowerShell Functions の開発を行った際の PowerShell のバージョンを 7.0 にすることができます。

    Written by Masayuki.Ozawa

    7月 18th, 2020 at 10:49 pm

    Posted in Microsoft Azure

    Tagged with

    PowerShell で Azure REST API にアクセスする際の覚書

    leave a comment

    PowerShell で Azure の REST API を実行しようと思った際に、良く忘れてしまうのでメモとして。

    Read the rest of this entry »

    Written by Masayuki.Ozawa

    3月 12th, 2020 at 11:56 pm

    Posted in Azure,Microsoft Azure

    Tagged with ,

    Synapse Analytics の特徴って何なんだろう??

    leave a comment

    Synapse Analytics については、以前 SQL Data Warehouse (SQLDW) と呼ばれていた部分のみしかきちんと理解できておらず、全体像がぼんやりとしたままでした。
    Azure Synapse Analytics Overview がとても素晴らしくまとまっていました。
    旧 SQL DW 部分以外は実際には触れていないので、理解に誤りがある個所もあると思いますが、このスライドを見ながら特徴を勉強してみようかと。
    Read the rest of this entry »

    Written by Masayuki.Ozawa

    2月 25th, 2020 at 11:01 pm