SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘SQL Server’ tag

SQL Database Managed Instance のネイティブバックアップのリストアについて

leave a comment

本投稿は 2018/4 時点の Public Preview の内容です。
一般提供開始時には変更されている可能性があります。

SQL Database Managed Instance (MI) の大きな特徴の一つとして「ネイティブバックアップのリストア」をする機能があります。
ネイティブバックアップとは、オンプレミスの SQL Server で取得されているバックアップのことを指します。

従来から提供されている PaaS 型の SQL Server ベースの RDBMS である「Azure SQL Database」「Azure SQL Data Warehouse」では、ネイティブバックアップのリストアはサポートされていませんでした。

そのため、SQL Server のデータベースを移行しようとした場合、

  • スキーマ / データをエクスポートしたものをベースにして移行を検討
  • BACPAC ファイルで移行

というような手法をとる必要がありました。

しかし、大規模なデータベースの場合、これらの方法は効率的ではありませんし、何回も移行をするという作業には適していませんでした。

この辺がネックになり、PaaS ではなく、IaaS の「SQL Server on Azure VM」を採用したというケースもあるのではないでしょうか。

このような現状に対して「SQL Database Managed Instance」は、オンプレミスの SQL Server のバックアップをリストア可能にしています。
これにより、PaaS で提供されているデータベースへの「リフト & シフト」を容易にしているというのが特徴としてあります。

リストア可能なデータベースは「ユーザーデータベース」のみとなっており、システムデータベースはリストアすることができません。
そのため、ログインや SQL Server Agent のジョブの情報についてはスクリプトでの移行を検討する必要があります。

それでは、ユーザーデータベースのリストアを、どのように実施するのか、流れを見ていきましょう。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

4月 21st, 2018 at 11:17 am

PowerShell Core 6.0 に一部対応した SqlServer モジュールの提供が開始されました

leave a comment

クロスプラットフォームに対応した PowerShell である、PowerShell Core 6.0 に一部対応した SQL Server 用のモジュール (SqlServer) の提供が開始されました。

SQL Server 向けの PowerShell については、SSMS 17.0 以降は、PowerShell ギャラリーからインストールを行う方法に代わっています。

SQL Server PowerShell モジュールのインストール

最新版の SQL Server PowerShell モジュールである version 21.0.17240 から、PowerShell 6 Support が含まれるようになりました。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

4月 15th, 2018 at 10:14 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

sys.dm_os_performance_counters でパフォーマンスモニターの情報を取得する際のポイント

leave a comment

何年も前に書いた sys.dm_os_performance_counters の情報取得時の注意点 の補足になります。
なぜ、このタイミングで改めて書いたかというと、sys.dm_os_performance_counters は、SQL Server on Linux で SQL Server のパフォーマンスを確認する際に重要な DMV となるからです。
SQL Database で情報を確認する場合にもこの DMV は重要となりますので、値の成型方法は覚えておいて損はないかと。

詳細については、次の情報も併せて確認してください。

取得用のクエリについては sys.dm_os_performance_counters の加工.sql で、私が作ったものを公開していますので、ご参考になれば。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

4月 1st, 2018 at 11:35 pm

Posted in SQL Server

Tagged with

SQL Server on Linux の商用の可用性ソリューション HPE Serviceguard の情報が公開されています

leave a comment

SQL Server on Linux の高可用性ソリューションとしては Pacemaker がドキュメントに記載されているものとなりますが、OSS のため、ベンダーサポートが必要となる環境では利用が難しいケースがあるかもしれません。
(Pacemaker で使用する SQL Server 向けのエージェントについては mssql-server-ha でソースが公開されています)

パートナーから提供されている SQL Server on Linux のソリューションについては、SQL Server の高可用性とディザスター リカバリーのパートナー で公開されており、RHEL / SUSE で使用することができる HPE Serviceguard の各種情報が公開されていました。

Serviceguard は、共有ディスク型の AlwaysOn フェールオーバークラスター と AlwaysOn 可用性グループの両方に対応したソリューションとなっているようです。

実際の動作については、デモ動画が公開されています。

デモだけでなく、ドキュメントも公開されています。

ベンダーサポートが必要となった場合の可用性のソリューションとして覚えておくとよさそうですね。

パッと見た感じ、トライアルが見当たらなかったのですが、トライアルライセンスとかないですかね…。
あれば、どのような動作になるか検証して情報発信したいなと思ったのですが。

Written by masayuki.ozawa

3月 22nd, 2018 at 10:43 pm

Azure Backup で SQL Server がインストールされている仮想マシンをバックアップする際に意識しておきたいこと

leave a comment

Azure における VM バックアップ インフラストラクチャの計画を立てる に書かれている内容となりますが備忘録として。

Azure Backup で Azure 上の仮想マシンのバックアップを取得した場合、VSS と連動して取得が行われます。

Windows VM のスナップショットを取るとき、Backup サービスは Volume Shadow Copy Service (VSS) と連携して仮想マシンのディスクの一貫したスナップショットを取得します。

 

Windows に SQL Server をインストールすると「SQL Server VSS Writer」がインストールされ、この Writer が VSS と連動して、SQL Server としてのアプリケーション整合性を保持しながらバックアップの取得を行うことができるようになります。

ここで 1 点、注意しておきたいのが、

Azure Backup は、Windows VM 上で VSS 完全バックアップを行います ( VSS 完全バックアップの詳細をご覧ください)。

の記載です。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

3月 17th, 2018 at 9:45 am

SSMS 17.5 がリリースされいくつかの機能が追加されています

leave a comment

先日、SQL Server Management Studio 17.5 がリリースされました。

Download SQL Server Management Studio (SSMS)

私が使いそうなもので、追加された機能としては、

  • SQL Data Warehouse の EXPLAIN のグラフィカルな取得
  • SQL Server 向けの「データ検出と分類」の機能追加

の 2 点でしょうか。

詳細については New in this Release に記載されていますのでそちらを参照してください。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

2月 17th, 2018 at 1:01 pm

Posted in SQL Server

Tagged with

SQL Server と Azure ストレージを組み合わせたデータベースの利用について (2018/2 版)

leave a comment

SQL Server はバージョンアップによって、Azure ストレージを使用して DB の領域として使用することができる機能が増えています。

  • SQL Server 2012 SP1 CU2 以降 : バックアップの取得先として利用可能 (ブロック BLOB)
  • SQL Server 2014 以降 : データベースのファイル格納先として利用可能
  • SQL Server 2016 以降 : ページ BLOB を使用してバックアップを取得可能
  • SQL Server 2017 以降 : メモリ最適化グループ用のファイルグループとして利用可能

Azure のストレージも、

  • 汎用ストレージ v1
  • 汎用ストレージ v2
  • BLOB ストレージ

と様々なものがあります。

SQL Server のデータベースとしてどのようなものが使うことができるか一度整理してみました。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

2月 12th, 2018 at 7:39 pm

Posted in SQL Server

Tagged with

SQL Server / SQL Database 用のモニタリングクエリ

leave a comment

まだ、作成途中ではありますが、SQL Server 2017 / SQL Database v12 向けのモニタリングクエリを https://github.com/MasayukiOzawa/MonitorDB で公開しています。

SQL Server 2017 on Windows については、データコレクションや、パフォーマンスモニターで各種情報を取得することができるのですが、現時点の SQL Server 2017 on Linux では、データコレクションが利用できず、パフォーマンスモニターに関しても Windows OS 側の機能なので利用することができません。

SQL Server のリソースの使用状況を確認する際に、パフォーマンスモニターの情報は有益であり、この情報を定期的に確認しないと、リソースの使用状況の把握が難しかったりもします。

sys.dm_os_performance_counters を使用することで、SQL Server のパフォーマンスモニターの情報を取得することが可能ですので、この情報を定期的にテーブルに取得することで、パフォーマンスモニターの代替としています。

SQL Server の場合は、次の手順で設定をしてください。

SQL Server on Linux は Express でなければ、SQL Server Agent を使用することができるので、01.Regular execution.sql の内容を定期的に実行してもらえれば取得できるかと。
(Express の場合は、cron + sqlcmd で代替可能です)

SQL Database の場合は、02.Create Table.sql  を診断対象の DB に対して実行して、Azure Function のスケジュール実行等で、定期的に 01.Regular execution.sql を実行してください。

データを蓄積したままでは容量がかなり消費されますので、定期的に 02.Data Retention.sql を実行して削除もお忘れなく。
本来は、診断対象と同一 DB ではなく、別の DB に取得が推奨ですので、01 のクエリで取得したデータを BULK INSERT で診断用情報格納 DB で保持するのがいいので、スクリプトを作ったのですが、まだ公開できるように整備できていないので、現状は各自で実装していただければ。
RDB ではなく、時系列 DB に入れてしまってもよいかと。

領域の使用状況については、03.Data Usage Check.sql で確認することができますので、どれぐらい領域を使用しているかはこのクエリで確認していただければ。
数10秒間隔で取得すると、数時間でもそれなりなデータ量となりますので、取得間隔は適宜調整してください。

03.Search で、各種情報検索することが可能です。
ある程度のパターンを用意してありますので、必要に応じて類似のクエリで拡張していただければと。

投稿を書いている時点では、SQL Server / SQL Database 共通で使用することができるようにしています。
SQL Database は、リソースの使用状況を DTU で見ることが一般的かと思いますが、sys.dm_os_performance_counters を使用することでも、各種情報を取得することが可能ですので、今後の情報取得の一助となれば幸いです。

Written by masayuki.ozawa

1月 31st, 2018 at 10:23 pm

SQL Server のフィードバックサイトが変更になっていました

leave a comment

今まで、SQL Server のフィードバックサイトは connect を使用していました。
昨日までつながっていたので、気づいていなかったのですが、connect が廃止され新しいものに置き換わっています。

Microsoft Connect Has Been Retired

SQL Server (Connect Site ID 68)

Effective January 1, 2018, the community feedback feature of the Microsoft Connect site for SQL Server has been replicated in UserVoice for the convenience of the community. We have captured all current/active public feedback for SQL Server that was entered into Microsoft Connect and transferred it into the new forum to help customers find relevant and active matching suggestions.

SQL Server の新しいフィードバックサイトは feedback.azure.com の方に移行されていますので、今後はこちらを使うことになるようですね。

image

Written by masayuki.ozawa

1月 31st, 2018 at 10:05 pm

Posted in SQL Server

Tagged with

クエリストアを利用した待ち事象の取得

leave a comment

SQL Server 2017 と SQL Database で利用可能な方法ですが、これらのバージョンでは、クエリストアの情報として、待ち事象の情報が追加されています。
待機クエリの検索

クエリストア自体が強力な機能なのですが、最新のバージョンでは、この情報に sys.query_store_wait_stats システムビューが追加されています。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

1月 30th, 2018 at 10:57 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,