SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Server 2016 / 2017 の最新情報

leave a comment

■ドキュメント
– SQL Server 2016 –
SQL Server 2016
What’s New in SQL Server 2016
What’s New in Database Engine
SQL Server 2016 Release Notes 
SQL Server 2016 Service Pack 1release information
Features Supported by the Editions of SQL Server 2016

■モジュール
SQL Server Evaluations
Download SQL Server Management Studio
Download Latest SQL Server Data Tools
microsoft/mssql-server-windows
microsoft/mssql-server-linux

■動画
SQL Server Data Driven: Technical Deep Dive
Microsoft SQL Server 2016
Intelligent Apps & Data

Written by masayuki.ozawa

7月 26th, 2015 at 10:22 am

Posted in SQL Server

Tagged with ,

Attunity Replicate for Microsoft Migration のサポートマトリクスが当初より変更されています (プログラムの有効期間は 2019/6/30 までとのこと)

leave a comment

Attunity Replicate for Microsoft Migrations の活用アセスメント や、海外のイベントで紹介されていた、利用期間が限定されており、移行のサポートマトリクスが限定的な Attunity Replicate for Microsoft Migration ですが、アナウンスされた当初とは、移行のサポートマトリクスが変更となっているようです。

当初は冒頭に記載したブログの内容のように「Microsoft 製品以外から、Microsoft が提供する Database への移行」をサポートしていました。

image

最新の情報は、Attunity Replicate for Microsoft Migration から確認できるのですが、サポートマトリクスが次のように変更となっています。

image

SQL Server から SQL Server の移行にも対応したようですね。
以前は、Attunity Replicate for Microsoft Migration では、ソースとして SQL Server を選択することができなかったはずなのですが、最新のバージョンですと SQL Server からの移行をサポートしています。
(実際に、SQL Server 2008 R2 から、SQL Server 2019 に移行することができました)

このソフトは永続的に使用することはできず、利用可能な期間については、Read about the Attunity Replicate for Microsoft Migrations program に次のように記載されています。

*Attunity Replicate for Microsoft Migrations is limited to database migrations only and cannot be used as a standalone product similar to Attunity Replicate. Database migrations should be completed within a twelve-month period. The twelve month’s use limitation per data migration will be implemented and governed by means of the applicable end user license agreement. This program expires June 30, 2019.

このプログラムの有効期間は「2019/6/30 まで」と書かれていますので、利用可能な期間については、注意する必要がありますが、EOS に伴うデータベースの移行に半年ほど利用できるかもしれませんね。
(ライセンス的には「データベースの同期」の目的ではなく、「デーベースの移行」の目的で使う必要があるとなっていますので、移行が完了した際にはデータの同期は外す必要があるかと))

Written by masayuki.ozawa

1月 16th, 2019 at 12:54 pm

2019/1 の SQL Server 丸わかりセミナーの申し込みが開始されています

leave a comment

毎月開催されている SQL Server 丸わかりセミナーの 2019/1 の申し込みが開始されています。
今回の開催は 1/22 (火) となっており、来週となっています。

SQL Server の達人になる! 丸わかり1日セミナー

本セミナーでは、私も登壇の機会をいただいており、SQL Server 2019 の Big Data Cluster のデモを交えた紹介や、昨年一般提供が開始された、新しい SQL Database のサービスである Managed Instance の紹介、SQL Server にマイグレーションを実施する際に使用することができるツールの最新情報をお届けさせていただきます。

毎月開催しているセミナーとなりますが、Ignite 2018 で発表された内容や、開催タイミングの最新の情報を日々追記するようにしており、開催タイミングの最新の情報をお届けできるようにしています。

最新の情報をこのタイミングでぜひキャッチアップしていただければと思います。

Written by masayuki.ozawa

1月 15th, 2019 at 10:03 am

Posted in 未分類

Managed Instance のレプリケーション設定時のポイント

leave a comment

Managed Instance は SQL Database と異なり、レプリケーションのパブリッシャー / ディストリビューターとして設定することができ、レプリケーションでデータを配布する際の起点 / 基盤として使用することができるようになっています。
(SQL Database はプッシュサブスクリプションのサブスクライバーとしてのみ使用できるのですが、MI には、この制限がありません)

本投稿を書いている時点では、Feature comparison: Azure SQL Database versus SQL Server に記載のある通り、Public Preview となっていますが、サポートに問い合わせをしながら、ひとまずトランザクションレプリケーションを動かすところまではできたのでポイントをまとめておきたいと思います。

image

細かな内容は、Replication with SQL Database Managed Instance を参照してください。
日本語のドキュメントには記載されていない内容がありますので、英語版を見ておいた方がよいです。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

1月 11th, 2019 at 1:11 am

Posted in Managed Instance

Tagged with

Azure の SQL Server VM のライセンスモデルの変更でできるようになったことをまとめてみる

leave a comment

昨年の 11 月に Azure Hybrid Benefit for SQL Server on Azure Virtual Machines という記事が公開されました。
技術文書も Azure での SQL Server 仮想マシンのライセンス モデルを変更する方法 として別途公開されています。

2019/1 時点のこのアップデートでできるようになったことをまとめておきたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

1月 7th, 2019 at 11:13 pm

「待ち事象」を起点とした SQL Server のボトルネックの調査の基本 その 2

leave a comment

「待ち事象」を起点とした SQL Server のボトルネックの調査の基本 その 1 の続きになります。

前回の投稿では、待ち事象の説明や、待ち事象の情報の取得方法について触れてみました。

今回の投稿では、実際に情報を取得しながら、待ち事象を確認してみたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

1月 5th, 2019 at 10:12 pm

「待ち事象」を起点とした SQL Server のボトルネックの調査の基本 その 1

leave a comment

先日、ZOZOTOWNで最大級のトラフィックを記録する福袋発売イベントで実施した負荷対策 という、ZOZOTOWN さんの負荷対策についての記事が公開されました。

はてブをみると、かなりの方がブックマークをされているようですね。

私も案件の中で、ボトルネック調査をすることがあるのですが、その際の基本的なアプローチをまとめる、良い機会かなと思って本投稿を書いてみました。

 

ボトルネックを調査する対象となる環境はどのようなものか?

ボトルネックの調査を行うための環境ですが、色々ケースがあるかと思います。

例えば、次のようなものがあるのではないでしょうか。

  • 自分が保守に携わっている本番環境で発生するパフォーマンス問題
  • 開発環境で発生するパフォーマンス問題
  • 特定のタイミング (例 : 夜間バッチ) 発生するパフォーマンス問題

ここ数年はフリーランスとして業務をしているため、保守 / 運用を通して「自分が恒常的に面倒を見ているシステムに対してのボトルネック解消」を受けるような機会はありません。
私がボトルネックの調査に携わる機会が多いのは、次のようなケースです。

  • 自分が開発 / 保守に携わっておらず、システムの中身が全くわからない環境で発生しているパフォーマンス問題

このようなケースのパフォーマンス問題に対しての調査の依頼というものは、毎年相談を受けます。

本投稿は、「自分が中身を知っているシステムではない環境」でパフォーマンスのボトルネックを調査する場合の、私が実際に行っているアプローチの一つとなります。

 

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

1月 3rd, 2019 at 11:24 pm

はじめて Go を触る際に参考にさせていただいた情報のメモ

leave a comment

以前作成した、Zaiba2 の SQL Server / SQL Database のメトリクス情報の取得は、PowerShell / PowerShell Core で実行可能なスクリプトとして実装していたのですが、TICK Stack の標準のメトリクスの仕組みでは、Go が使用されている Telegraf が使用されています。

Telegraf には、新しい Input Plugin を組み込むことができるのですが、それには Go を使用したコーディングが必要となるので、この機会に勉強をしてみました。

その際に、Go を始めるにあたって参考にした情報をメモとして。

テストコードの記述や、Release にコンパイル済みモジュールが追加できていないのですが、Go 版の Zaiba2 のメトリクス収集は zaiba2go として GitHub に放流してあります。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

12月 27th, 2018 at 12:21 am

Posted in Go,SQL Server

Tagged with ,

SSMS 18.0 Preview 5 で追加された新しい機能について

leave a comment

SSMS 18.0 Preview 5 で、二つほど大きめの機能が追加されているのでご紹介まで。

このバージョンから 次の二つの機能 が追加されています。

  • 静的データマスク (Static Data Masking)
  • クエリチューニングアシスタント (クエリ調整アシスタント / Query Tuning Assistant : QTA)

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

12月 9th, 2018 at 7:13 pm

Posted in SQL Server

Tagged with , ,

Azure SQL Database Hyperscale のデータアクセスの基本パターンを調べてみる

leave a comment

Azure SQL Database の新しいサービスレベルである、Hyperscale が現在、Preview のサービスですが提供されています。

現時点で公式に公開されている情報としては、次のような内容でしょうか。

概要については、これらの情報から確認できるのですが、実際にどのようなデータアクセスが行われるのかが公開されていなかったので、可能な範囲で調べてみました。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

12月 9th, 2018 at 1:04 pm

Posted in SQL Database

Tagged with ,

Managed Instance の直近の機能アップデートやらなんやら (2018/12/05 版)

leave a comment

今月、SQL Database Managed Instance (MI) の Business Critical が一般提供開始され、MI のベースになる部分は大体リリースされたのかなと。

Migrate mission critical SQL workloads to the most economical cloud destination に様々な情報が記載されていますが、直近で実施された機能アップデートをざっくりとまとめておこうかと。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

12月 6th, 2018 at 12:09 am

Posted in Managed Instance

Tagged with