SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Tools and Documents for fault analysis in SQL Server-based environments

leave a comment

Tools and Documents for fault analysis in SQL Server-based environments.

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

7月 7th, 2021 at 11:02 am

SQL Server / SQL Database アーキテクチャ ドキュメント

leave a comment

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

1月 13th, 2020 at 11:36 pm

Posted in SQL Server

Tagged with

Azure Automation を Azure Arc の 拡張機能ベースの Hybrid Runbook Worker で実行する際の注意点 (2021/11 時点の暫定対応)

leave a comment

Azure Automation の Runbook を任意の環境上で動作させる方法として、Hybrid Runbook Worker があります。

Hybrid Runbook Worker を使用することで、任意の環境上で Automation の Runbook を実行することができるようになりますので、オンプレミスの環境や Azure VM 上で Runbook を実行するということが可能となります。

Hybrid Runbook Worker の導入方法としては、エージェントベースワーカー (v1) と拡張機能ベースワーカー (v2) の 2 種類があります。

エージェントベースについては、Log Analytics ワークスペースへの接続が必要でした。

拡張機能ベースについては、Log Analytics ワークスペースに接続はする必要はなく、オンプレミスの環境であれば、Azure Arc Enabled Server の拡張機能としてインストールをすることができます。(Azure VM の場合は、Arc ではなく、Azure VM エージェントの拡張機能としてインストールできます)

image

Azure Arc が導入されている環境を Hybrid Runbook Worker でしようとした場合、現時点ではエラーとなるケースがあるようです。

原因都回避策については、次の Q&A で解説が行われており、現時点では既知の問題となるようです。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

12月 1st, 2021 at 9:23 pm

AKS on Azure Stack HCI の v1.21.2 の k8s でコントロールプレーンノードの再起動後に k8s が起動しない

leave a comment

タイトルの通りですが、AKS on Azure Stack HCI の k8s を v1.21.2 で展開した後に、コントロールプレーンノードを再起動した後に k8s が起動しないという事象が発生しました。

「systemctl status kubelet」で状態を確認してみると、次のようなエラーが発生し、kubelet が起動していませんでした。

Nov 30 11:35:13 moc-lrr9qh1ew26 kubelet[741]: E1130 11:35:13.936688     741 kuberuntime_sandbox.go:68] "Failed to create sandbox for pod" err="rpc error: code = Unknown desc = failed to get sandbox image \"ecpacr.azurecr.io/pause:3.2\": failed to pull image \"ec
pacr.azurecr.io/pause:3.2\": failed to pull and unpack image \"ecpacr.azurecr.io/pause:3.2\": failed to resolve reference \"ecpacr.azurecr.io/pause:3.2\": failed to authorize: failed to fetch anonymous token: unexpected status: 401 Unauthorized" pod="kube-system
/etcd-moc-lrr9qh1ew26"
Nov 30 11:35:13 moc-lrr9qh1ew26 kubelet[741]: E1130 11:35:13.936713     741 kuberuntime_manager.go:790] "CreatePodSandbox for pod failed" err="rpc error: code = Unknown desc = failed to get sandbox image \"ecpacr.azurecr.io/pause:3.2\": failed to pull image \"ec
pacr.azurecr.io/pause:3.2\": failed to pull and unpack image \"ecpacr.azurecr.io/pause:3.2\": failed to resolve reference \"ecpacr.azurecr.io/pause:3.2\": failed to authorize: failed to fetch anonymous token: unexpected status: 401 Unauthorized" pod="kube-system
/etcd-moc-lrr9qh1ew26"
Nov 30 11:35:13 moc-lrr9qh1ew26 kubelet[741]: E1130 11:35:13.936764     741 pod_workers.go:190] "Error syncing pod, skipping" err="failed to \"CreatePodSandbox\" for \"etcd-moc-lrr9qh1ew26_kube-system(8e85a0583a698c64f4daca0d375decfa)\" with CreatePodSandboxErro
r: \"Failed to create sandbox for pod \\\"etcd-moc-lrr9qh1ew26_kube-system(8e85a0583a698c64f4daca0d375decfa)\\\": rpc error: code = Unknown desc = failed to get sandbox image \\\"ecpacr.azurecr.io/pause:3.2\\\": failed to pull image \\\"ecpacr.azurecr.io/pause:3
.2\\\": failed to pull and unpack image \\\"ecpacr.azurecr.io/pause:3.2\\\": failed to resolve reference \\\"ecpacr.azurecr.io/pause:3.2\\\": failed to authorize: failed to fetch anonymous token: unexpected status: 401 Unauthorized\"" pod="kube-system/etcd-moc-l
rr9qh1ew26" podUID=8e85a0583a698c64f4daca0d375decfa
Nov 30 11:35:13 moc-lrr9qh1ew26 kubelet[741]: E1130 11:35:13.981869     741 kubelet.go:2291] "Error getting node" err="node \"moc-lrr9qh1ew26\" not found"
Nov 30 11:35:14 moc-lrr9qh1ew26 kubelet[741]: E1130 11:35:14.035070     741 event.go:273] Unable to write event: '&v1.Event{TypeMeta:v1.TypeMeta{Kind:"", APIVersion:""}, ObjectMeta:v1.ObjectMeta{Name:"moc-lrr9qh1ew26.16bc4fcc087e2ba6", GenerateName:"", Namespace
:"default", SelfLink:"", UID:"", ResourceVersion:"", Generation:0, CreationTimestamp:v1.Time{Time:time.Time{wall:0x0, ext:0, loc:(*time.Location)(nil)}}, DeletionTimestamp:(*v1.Time)(nil), DeletionGracePeriodSeconds:(*int64)(nil), Labels:map[string]string(nil),
Annotations:map[string]string(nil), OwnerReferences:[]v1.OwnerReference(nil), Finalizers:[]string(nil), ClusterName:"", ManagedFields:[]v1.ManagedFieldsEntry(nil)}, InvolvedObject:v1.ObjectReference{Kind:"Node", Namespace:"", Name:"moc-lrr9qh1ew26", UID:"moc-lrr
9qh1ew26", APIVersion:"", ResourceVersion:"", FieldPath:""}, Reason:"Starting", Message:"Starting kubelet.", Source:v1.EventSource{Component:"kubelet", Host:"moc-lrr9qh1ew26"}, FirstTimestamp:v1.Time{Time:time.Time{wall:0xc061a0f98b59afa6, ext:11623948584, loc:(
*time.Location)(0x74be600)}}, LastTimestamp:v1.Time{Time:time.Time{wall:0xc061a0f98b59afa6, ext:11623948584, loc:(*time.Location)(0x74be600)}}, Count:1, Type:"Normal", EventTime:v1.MicroTime{Time:time.Time{wall:0x0, ext:0, loc:(*time.Location)(nil)}}, Series:(*v
1.EventSeries)(nil), Action:"", Related:(*v1.ObjectReference)(nil), ReportingController:"", ReportingInstance:""}': 'Post "https://10.5.0.2:6443/api/v1/namespaces/default/events": EOF'(may retry after sleeping)
Nov 30 11:35:14 moc-lrr9qh1ew26 kubelet[741]: E1130 11:35:14.082278     741 kubelet.go:2291] "Error getting node" err="node \"moc-lrr9qh1ew26\" not found"
Nov 30 11:35:14 moc-lrr9qh1ew26 kubelet[741]: I1130 11:35:14.104104     741 trace.go:205] Trace[2056973426]: "Reflector ListAndWatch" name:k8s.io/client-go/informers/factory.go:134 (30-Nov-2021 11:35:02.280) (total time: 11824ms):
Nov 30 11:35:14 moc-lrr9qh1ew26 kubelet[741]: Trace[2056973426]: [11.824032031s] [11.824032031s] END
Nov 30 11:35:14 moc-lrr9qh1ew26 kubelet[741]: E1130 11:35:14.104137     741 reflector.go:138] k8s.io/client-go/informers/factory.go:134: Failed to watch *v1.RuntimeClass: failed to list *v1.RuntimeClass: an error on the server ("") has prevented the request from
 succeeding (get runtimeclasses.node.k8s.io)
Nov 30 11:35:14 moc-lrr9qh1ew26 kubelet[741]: E1130 11:35:14.182788     741 kubelet.go:2291] "Error getting node" err="node \"moc-lrr9qh1ew26\" not found"

 

kubelet の起動のパラメーターを見ると、「–pod-infra-container-image=ecpacr.azurecr.io/pause:3.2」が指定されており、上記のメッセージでも pause コンテナーのイメージのアクセスでエラーが発生しているようでした。

image

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

11月 30th, 2021 at 8:53 pm

Posted in Azure Stack HCI

Tagged with

Ignite 2021 / PASS Data Community Summit 2021 で発表された SQL Server ベースの環境のアップデート

leave a comment

2021/11/3~4 に開催されていて Ignite 2021、2021/11/10~12 で開催されていた PASS Data Community Summit 2021 で SQL Server ベースのアップデートが多数発表されました。

これらのイベントで発表されたアップデートについて一通り確認ができ、次の投稿に情報を反映しました。

各投稿の目次が次になりますが、大小合わせると様々なアップデートがのアナウンスが行われていますね。

Read the rest of this entry »

PASS Data Community SUMMIT 2021 で SQL Server 2022 関連の情報の公開が行われています

leave a comment

2021/11/10 から開催されている PASS Data Community SUMMIT 2021 で Ignite 2021 に続き、SQL Server 2022 関連のセッションが実施され様々な情報が公開されています。

今回が、Redgate が PASS のコミュニティオーナーになってからの初めての開催ですね。
今回はオンライン開催で無料で参加 / 登録ができますので、興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。

PASS のキーノートでは様々な新しい発表があるのですが、今回は、Ignite 2021 からの間隔が短いので、Day 1 Keynote — Bridge to a new universe: the end-to-end Azure Data Platform については、Ignite 2021 と同等の発表となっていたように思えます。

 

PASS Data Community Summit 2021 では、Ignite 2021 内でアナウンスのあったように、SQL Server 2022 に特化している個別セッションが開催されています。

Ignite 前後で発表された内容については Ignite 2021 で SQL Server 2022 がアナウンスされました でまとめていますので、本投稿は PASS 開催以降に新しく発表された内容に注目していきたいと思います。

なお、PASS 2021 の各セッションのスライドについては、各セッションの URL 内の他に、 Bob Ward の One Drive で公開されているようです。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

11月 11th, 2021 at 8:55 am

Ignite 2021 で Azure Arc Enabled Data Service のアップデートが発表されています

leave a comment

Ignite 2021 で CONLL104 : Introduction to Azure Arc-enabled Data Services でアナウンスが行われていますが、Azure Arc Enabled Data Services でいくつかのアップデートが行われています。

image

Release notes – Azure Arc-enabled data services でも 11 月のアップデートとして、様々な追加機能がアナウンスされています。

私がキャッチアップしているのは、 Arc Enabled SQL Managed Instance の部分となりますが、Enabled MI に関係するアップデートをキャッチアップしておこうと思います。

GA 時には「v1.0.0_2021-07-30」というイメージタグが使用されていたのですが、今回のアップデートでは、「v1.1.0_2021-11-02」が各環境のイメージとして使用されるようになりました。

「az arcdata dc list-upgrades」でイメージを確認することもできるようですね。

image

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

11月 8th, 2021 at 12:02 am

Ignite 2021 で発表のあった SQL Server / SQL Database 関連のアップデート

leave a comment

SQL Server 2022 については、Ignite 2021 で SQL Server 2022 がアナウンスされました で公開されている内容をまとめました。

SQL Server 関連の情報については、これ以外にも多数のアップデートがありましたので、どのような内容が発表されたのかをまとめておきたいと思います。

Azure 関連のアップデートについては、https://azure.microsoft.com/en-us/updates/ からも項目単位で情報を確認することができるかと。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

11月 3rd, 2021 at 9:30 am

Ignite 2021 で SQL Server 2022 がアナウンスされました

leave a comment

Ignite 2021 で、SQL Server v.Next となる、SQL Server 2022 がアナウンスされました。

Ignite 2021 Book of News では次のように紹介されています。

SQL Server 2022 is the most cloud-connected release of the product yet, integrating with Synapse Link and Azure Purview to enable customers to drive deeper insights, predictions and governance from their data at scale. Cloud integration is easier than ever before with high availability and disaster recovery (HA/DR) live migration without downtime, along with no-ETL (extract, transform and load) connections to cloud analytics, which allow database administrators to manage their data estates with greater flexibility and minimal impact to the user. Performance and scalability are automatically enhanced via built-in intelligence. There is choice and flexibility across languages and platforms, including Linux, Windows and Kubernetes.

Learn more about this update.

Ignite でのアナウンスに伴い、SQL Server 2022 について、次の記事 / 動画が公開されています。SQL Server 2022 の製品ページも公開されており、データシートが提供されています。

記事

動画 (Youtube)

製品ページ / データシート

EAP の登録

現時点では、EAP (Early Adoption Program) に登録する必要のある Private Preview での公開となっているため、入手できる情報は限定されていますが、動画でどのような機能が追加されるのかは解説が行われています。

EAP の登録については こちら から実施することができます。

現時点では、Public Preview ではないため、ドキュメントは公開されていませんので、SQL Server 2022 の特徴については、What’s new in SQL Server 2022 / Download the SQL Server 2022 datasheet から確認を行うとよいのではないでしょうか。

Ignite 2021 のセッション

Ignite 2021 でも SQL Server 2022 に関連するセッションが開催されていますので、これらのセッションも合わせて確認するとよいかと思います。

 

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

11月 3rd, 2021 at 12:18 am

Share via
Copy link
Powered by Social Snap