SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Tools and Documents for fault analysis in SQL Server-based environments

leave a comment

Tools and Documents for fault analysis in SQL Server-based environments.

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

7月 7th, 2021 at 11:02 am

SQL Server / SQL Database アーキテクチャ ドキュメント

leave a comment

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

1月 13th, 2020 at 11:36 pm

Posted in SQL Server

Tagged with

SQL Server の VSS Writer の技術情報について

leave a comment

SQL Server のインストールを行うと、SQL Server VSS Writer (SQLWriter) サービスが合わせてインストールされ、Windows OS の Windows VSS インフラストラクチャと連携して、データベースのバックアップを行うことができます。

SQL Server 標準の BACKUP DATABASE を使用している場合は、VSS Writer との連携は意識しませんが、それ以外の方法、OS のバックアップ (Windows Server バックアップ) や、バックアップソフトのようなものを使用した場合は、SQL Server VSS Writer が透過的に使用されていることもあります。(SQL Server VSS Writer を使用したバックアップについては、BACKUP ステートメントを WITH SNAPSHOT オプションで実行しているケースがあり、厳密には BACKUP ステートメントと関連性はありますが)

この SQL Server の VSS Writer について確認する必要が出た場合、どのような技術情報が公開されているのかをまとめておきたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

1月 20th, 2022 at 11:49 pm

Posted in SQL Server

Tagged with

Azure Arc Enabled SQL Server の基本操作方法について

leave a comment

Azure Arc Enabled SQL Server (Azure Arc 対応サーバーでの SQL Server) の操作方法について、ドキュメントを見てもわかりづらいところがいくつかあったので、本投稿で操作方法をまとめておきたいと思います。

私の環境では、サブスクリプション単位で、Microsoft Defender for Cloud を有効にせず、Log Analytics ワークスペース単位で有効にしているということもあるので、その辺も操作の複雑性に起因しているかもしれません。

今回の環境は Windows 版の SQL Server を対象としています。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

1月 18th, 2022 at 10:53 pm

windbg を使用して WAITFOR DELAY の挙動に関与してみる

leave a comment

SQL Server の特定の待機を意図的に誘発させたり、特定のスレッドを一時的にフリーズさせて挙動を確認させる際に windbg を使用することがあるのですが、windbg で SQL Server を操作する際「WAITFOR DELAY」を題材にしてみると、操作方法を理解するのに役に立つ気がしたので、操作の流れをまとめておこうと思います。

本投稿は、windbg の導入の基本的な操作の把握や、SQL Server に関連するパブリックシンボルの設定については完了している前提となっており、それ以降の操作を記載しています。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

1月 9th, 2022 at 11:25 am

Posted in SQL Server

Tagged with

SQL Server のクエリオプティマイザを学習する際に確認するドキュメント

leave a comment

あけましておめでとうございます。2022 年最初の投稿ですね。

今年は SQL Server のクエリオプティマイザ周りのスキルを延ばそうと思っているのですが、その中で、どのようなドキュメントを最初に確認したほうが良いのかを軽くまとめてみました。

SQL Server のクエリ実行についてはざっくりと書くと、

  1. Algebrizer によるクエリの解析とクエリプロセッサツリー (論理操作) / クエリハッシュの出力
  2. クエリオプティマイザによる物理操作の選択と最適化
  3. クエリ実行

というようなステップが踏まれると思いますが、これらのクエリ実行の流れの動作を把握するために一読しておいたほうが良いドキュメントを箇条書きでまとめたものとなります。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

1月 3rd, 2022 at 11:11 pm

Posted in SQL Server

Tagged with

SQL Server の UTF-8 サポートのデータストアへの格納と取得について

leave a comment

SQL Server のクライアント/サーバー間のデータ通信に使用される文字コードについて に書いた内容と近いものとなりますが、自分の中で情報を整理しておきたいと思ったので投稿を遺しておきたいと思います。

SQL Server 2019 で UTF-8 のサポート が追加されており、SQL Server が UTF-8 をどのように取り扱うかについての確認となります。

SQL Server の文字の取り扱いについては、Windows / SQL Server の両観点から情報を確認する必要があるかと思いますので、次の情報も参照するとよいかと思います。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

12月 31st, 2021 at 9:01 pm

Posted in SQL Server

Tagged with

Windows 11 / Windows Server 2022 で NVMe にインストールした OS のシステムドライブに SQL Server のインストール時にエラーが発生する件について

leave a comment

先日公開された 4 KB を超えるシステム ディスク セクター サイズに関連するエラーのトラブルシューティング で解説が行われていますが、Windows 11 / Windows Server 2022 に対して SQL Server をインストールしようとするとエラーが発生するという事象が報告されています。

SQL ServerでのWindows で Windows 11 / Windows Server 2022 でサポートされる SQL Server については記載されていますが、各 OS がサポートする SQL Server をインストールしようとした場合に、サポートされるバージョンの組み合わせでも環境によっては、インストール時にエラーが発生するケースがあるというのが、現在発生している問題となります。

これについては Answers の SQL Server 2019 – Windows 11 でも報告が行われており、どのような事象が発生するかについては、上述の情報だけでなく、こちらのフォーラムの投稿も参考になるのではないでしょうか。

私は気づいておらず、教えていただいた情報となるので鵜sが、日本語のフォーラムでも SQL Server 2012 インストール失敗 FMVF77F3B で話題になっていたようですね。

エラーの内容としては、インストール時に次のような画面のエラーが発生し、SQL Server のバイナリの配置はある程度完了しているのですが、SQL Server のサービスが起動しないという事象が発生します。(このエラーが発生した場合、SQL Server のインストールは完全には完了しておらず、この状態でエラーを回避するように設定しても動作しないため、一度アンインストールをする必要があります)

image

SQL Server データベース エンジン サービス インスタンス機能 のインストール エラー
データベース エンジンの復旧ハンドルの待機に失敗しました。考えられる原因については、SQL Server エラー ログを参照してください。

この際、OS のイベントログのアプリケーションには、次のようなエラーが出力されているようです。

同期 IO に戻す必要のある不均衡なログ IO が 256 個あります。現在の IO はファイル C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL15.MSSQLSERVER\MSSQL\DATA\master.mdf にあります。

sqlservr (776,P,98) SoftwareUsageMetrics-Api:  ファイル システムは、C:\Windows\system32\LogFiles\Sum\ のログ ファイルに、サポート対象外のセクターサイズ 32768 があるため、代わりに 4096 のセクター サイズを使用することを報告しました。これにより、トランザクションの持続性が失われる可能性があります。

SQL Server の ERRORLOG には、「同期 IO に戻す~」のメッセージの英語表記の情報が出力されています。

There have been 256 misaligned log IOs which required falling back to synchronous IO.  The current IO is on file C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL15.MSSQLSERVER\MSSQL\DATA\master.mdf.

 

冒頭で紹介したドキュメントに記載されていますが、SQL Server がサポートするのは、512 バイト / 4 KB のネイティブセクターサイズとなっており、次の技術情報で詳細が記載されています。

本エラーは、SQL Server がサポートするネイティブセクターのサイズ以外が指定されたドライブに対して、SQL Server をインストールをしようとしたためにエラーが発生しているというのが根本原因となるようです。

 

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

12月 26th, 2021 at 11:55 pm

SQL Server ベースの環境の各種操作とアクセスの I/O (ブロック) サイズについて

leave a comment

SQL Server ベースの環境で使用するストレージの性能検証をする際ですが、

  • SQL Server をインストールせずに検証を行う場合には、DISKSPD を使用する
  • SQL Server をインストールしてクエリを実行して検証を行う

を組み合わせて計測を行うのが、一般的な方法となるのではないでしょうか。

この方法の中で、DISKSPD を使用して検証を行う場合には、I/O サイズ (ブロックサイズ) をどのように設定をすれば、SQL Server の I/O として妥当な検証となるかを考慮する必要があります。

SQL Server で発生する各種操作の基本的な I/O がまとめれている資料は様々なものがあるのですが、その中の一つとして、What is SQL Server’s IO Block Size? があります。

この記事の中では、次のような記載があり、SQL Server の I/O のブロックサイズについて調査すると同様の情報を探すことができます。

image

DISKSPD で性能検証を実施する際には、これらの I/O サイズを参考にして負荷をかけることで、SQL Server の I/O をエミュレートしてテストを実施することになります。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

12月 26th, 2021 at 10:23 pm

Posted in SQL Server

Tagged with

Share via
Copy link
Powered by Social Snap