SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘kubernetes’ Category

SQL Server on Kubernetes の MS 提供ドキュメント

one comment

SQL Server on Kubernetes Designing and Building a Modern Data Platform という SQL Server on Kubernetes (k8s) に特化した書籍が発売されました。

ざっと一通り目を通したのですが、Windows エンジニアが、Linux 上に k8s の複数ワーカーノードの環境を一から作成して、操作を行うというような流れとなっており、SQL Server のエンジニアが k8s を学習を始めるのに適している書籍ではないかと思います。

私の場合は、Windows Server 2019 がインストールされている環境がいくつかりますので、Azure Stack HCI 検証方法 Tips に記載しているような、Windows Server 上に AKS on Azure Stack HCI を構築して検証を行っていますが、この環境でも書籍内の操作は問題なく行うことができました。

書籍内には、https://www.centinosystems.com/blog/category/kubernetes/ の記事も参照されており、こちらも併せて読むとよさそうです。

k8s 上に展開した SQL Server を Deploymentの更新 で最新バージョンに更新する流れや、NFS を使用した PVC の作成などにも触れられており、単純に Pod を展開する以外のスキルも身に着けることができます。

NFS のマウントオプションについては触れられていなかったので、What are the NFS mount options for databases on NetApp? / Oracle DatabaseのNFSバッファ・サイズ・パラメータの構成 あたりをマウントオプションの参考にするのもよさそうですね。

Service については、LoadBarancer ではなく NodePort を使用するようになっていますので、MetalLB も別に学習するとよいかもしれません。

SQL Server と k8s の組み合わせについては、SQL Server 2017 でコンテナー版の SQL Server の提供が開始された時から情報の公開が始まり、Big Data Cluster (BDC) / Azure Arc Enabled SQL Managed Instance で、k8s に最適化された SQL Server ベースの環境が提供され、いくつかのドキュメントが公開されています。

本投稿では、SQL Server on Kubernetes について、MS から提供されているドキュメントについて記載しておこうと思います。

SQL Server を単体で動作させるもの / Big Data Cluster / Arc Enabled SQL MI / Azure SQL Edge といくつかの利用形態を k8s 上で使用するための情報が公開されています。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

8月 11th, 2021 at 10:27 pm

Posted in kubernetes,SQL Server

Tagged with ,

Azure Stack HCI で Azure Kubernetes Service (AKS) を動作させる際のメモ

leave a comment

Azure Stack HCI では、 Azure Kubernetes Service (AKS) を実行することができます。

この AKS 上で、Azure Arc Enabled Data Services を動作させることもでき、展開用のテンプレートについては、Azure Data Studio でも、提供されています。
image

検証用途で自宅の NUC を使用して環境を構築できるか検証して、構築ができましたのでその際のメモを残しておこうと思います。

Azure Stack HCI は、HCI ((Hyper Converged Infrastructure) を Windows 環境で実現するものです。
標準的な HCI というと構成済みの環境をベンダーから購入して導入するイメージですが、現時点では、Azure Stack HCI Preview の登録 から、Azure Stack HCI OS (HCI OS の Previw をダウンロードして、検証環境を構築することもできるようになっていますので、検証環境を自由に構築することが可能です。

最終的に、Hyper-V のゲスト OS として、HCI クラスターを構築し、その HCI クラスター上で、Azure Arc Enabled Data Services の検証を行うことは可能でした。

image

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

12月 8th, 2020 at 8:47 am

Kubernetes のコンテキストの切り替えとかいろいろ

leave a comment

Docker for Win/MacのKubernetes統合が正式版に。Stable Channelでリリース開始 で記事が公開されていますが、Docker for Windows / Mac の安定版 (Stable) で Kubernetes (k8s) が正式にサポートされました。
私の特価領域は SQL Server のデータベースエンジンではあるのですが、SQL Server にとっても k8s は、関わりのあるインフラスキルとなりつつあります。
SQL Server 2017 で、Docker のサポートが追加されています。
Microsoft SQL Server のテクニカル サポート ポリシー にサポートポリシーが記載されていますが、コンテナーのテクノロジーについては、OpenShift / Kubernetes もサポート対象と明記されています。
Kubernetes のオートヒーリング機能を使用した SQL Server の導入方法については Kubernetes での高可用性 SQL Server のコンテナーを構成します。 で情報が公開されています。
また、現時点では、すぐに自分で試せるものではないですが、SQL Town Hall: Always On Availability Groups on Kubernetes and OpenShift で AlwaysOn 可用性グループを Kubernetes上で実行する構成というものについても計画があることがアナウンスされており、可用性を OS のクラスターテクノロジーではなく、コンテナーのオーケストレーションツールで担保するというような選択肢を手に入れることができるようになります。
ということで、最近 minikubeAzure Kubernetes Service (AKS) で Kubernetes の勉強を始めているのですが、そのなかで、「複数のクラスターを管理するのってどうするんだろう」ということが気になったので、勉強した内容をまとめてみたいと思います。
今回は次のような構成を準備しています。

  • Windows 10 + Docker for Windows + Kubernetes
  • Ubuntu 16.04.5 + Kubernetes

この環境で、Ubuntu の Kubernetes を kubectl で操作するための流れを見てみようかと。
証明書については、Ubuntu のものをそのまま流用して使用しているので、新しい証明書を作って~というような流れまでは調べられていません…。
詳細については、Configure Access to Multiple Clusters を参照してください。
(これを見ながら勉強した内容が、本投稿ですので)
Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

7月 28th, 2018 at 10:50 pm

Posted in kubernetes

Tagged with