SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘SQL Server’ Category

SQL Server 2022 CTP 2.1 がリリースされました

leave a comment

本日、SQL Server 2022 CTP (Community Technology Preview) 2.1 がリリースされました。

CTP 2.1 ではいくつかの機能が追加されており、上記のアナウンス並びに、What’s new in SQL Server 2022 (16.x) Preview から CTP 2.1 で実装された機能を確認することができます。

大きな内容としては、次のようなものでしょうか。(CTP 2.1 からクエリストアのデフォルト有効化が実装されていたりもします)

  • データ仮想化
  • データ仮想化で CETAS (CREATE EXTERNALTABLE AS SELECT) をサポート
  • Delta Table フォーマットのサポート
  • Ledger
    • Azure BLOB ストレージに Ledger ダイジェストの自動アップロードをサポート
  • T-SQL
    • 集計 / T-SQL / ビット操作関数の強化

    T-SQL の機能強化については、各関数のドキュメントから確認できますので、それ以外のアップデートで確認しておきたいドキュメントをまとめておきたいと思います。

    Twitter で気づいたのですが、Stretch Database は 2022 で非推奨機能になったようです。

     

    Read the rest of this entry »

    Written by Masayuki.Ozawa

    7月 28th, 2022 at 7:27 pm

    Power BI PPU でデータマートを使用できるようになったので SQL Database の構成を確認してみる

    leave a comment

    本日、Power BI データマートが東南アジア (シンガポール) でも使用できるようになったようで、シンガポールから東日本にテナントをお引越ししなくてもよかったのではと思う今日この頃ですが、私が使用している Power BI Premium Per User (PPU) の環境でデータマートを触れるようになったので、SQL Database の構成を簡単にではありますが確認してみました。(Power BI Embedded でも試すことができ、PPU も Embedded も同じ構成となっているようでした)

    考慮事項と制限事項 で東アジアが制限から外れたので、日本の Power BI ユーザーも広範囲で試すことができそうですね。

    image

    Power BI データマートの説明については、データマートの概要 のドキュメントツリーを確認していただければと思います。

    Read the rest of this entry »

    Written by Masayuki.Ozawa

    7月 26th, 2022 at 8:28 pm

    Posted in Power BI,SQL Server

    Tagged with ,

    SSMS インストール時の再起動要求はどの辺の情報を見ているのだろう

    leave a comment

    SSMS のアップグレードを実行しようとして、インストーラーを起動すると次のような、再起動要求の画面が表示されることがあります。

    image

    検証環境に Windows Update を適用した後に SSMS も一緒にアップグレードしておくかと思って、最新のインストーラーをダウンロードしてセットアップすると、これに遭遇することが多いのですが、どの辺の情報を見て判断しているのかが気になったので軽く見てみました。

    確認した範囲では、「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsUpdate\Auto Update\RebootRequired」のレジストリキーが存在していると、上記の再起動要求の画面が表示されるようでした。

    Windows の再起動要求の判断は How to Check for a Pending Reboot in the Registry (Windows) で記載されているようなレジストリを見ているケースもあり、今回確認できたキー以外で判断されるかもしれませんが、Windows Update 直後の環境で上記の画面が表示されていたので、何となくどの辺の情報を見ているのか確認してみました。

    Written by Masayuki.Ozawa

    7月 22nd, 2022 at 6:55 pm

    Posted in SQL Server

    Tagged with

    Data Migration Assistant の互換性レベル単位の構文チェックで使用されている機能

    leave a comment

    SQL Server 間のデータベース移行 / バージョンアップを実施する際のアセスメントに使用することができるツールとして Data Migration Assistant が提供されています。

    DMA を使用することで環境が変更されたことによる機能互換性と、データベースの互換性レベルを変更した場合の影響を確認することができ、データベースの互換性レベルを変更した場合の影響調査には、「構文チェック」が行われています。

    この構文チェックでは、「DMA に内包されているルールによるチェック」と「一般的な構文チェック」の二種類が行われているようなのですが、後者の「一般的な構文チェック」がどのように実施されているのか (どの程度網羅性があるのか) が気になったので、方式を確認してみました。

    Read the rest of this entry »

    Written by Masayuki.Ozawa

    7月 8th, 2022 at 8:44 am

    Posted in DMA,SQL Server

    Tagged with ,

    SQL Server 2022 New Features: セカンダリレプリカのクエリストア

    leave a comment

    SQL Server 2022 CTP 2.0 時点の情報となり、今後の Preview / 一般提供開始時には変更されている可能性もあります。

    SQL Server 2022 では Always On 可用性グループの機能強化として、「セカンダリレプリカのクエリストア」があります。

    Always On 可用性グループとクエリストアを組み合わせることは、以前から可能でしたが、クエリストアで取得可能なクエリ情報は「書き込み可能なプライマリレプリカに対して実行されたクエリ」のみとなっていました。

    そのため、「セカンダリレプリカに対して実行された読み取りワークロード用のクエリ」については、クエリストアに情報が蓄積されず、セカンダリレプリカで実行されているクエリについては、クエリキャッシュをベースとした解析を行う必要がありました。(これは、SQL Server だけでなく、PaaS の SQL Server ベースの環境でも同様の動作となっています)

    SQL Server 2022 では、この点が改善され、セカンダリレプリカに対して実行されたクエリについてもクエリストアに情報を格納できるようになりました。

    Read the rest of this entry »

    Written by Masayuki.Ozawa

    7月 4th, 2022 at 11:07 pm

    SQL Server 2022 New Features: オブジェクトストレージ統合 (Azure Blob ストレージ)

    leave a comment

    SQL Server 2022 CTP 2.0 時点の情報となり、今後の Preview / 一般提供開始時には変更されている可能性もあります。

    SQL Server 2022 の新機能として「オブジェクトストレージ統合」があります。

    Analytics の新機能 として、次のように記載されています。

    SQL Server 2022 Preview introduces new object storage integration to the data platform, enabling you to integrate SQL Server with S3-compatible object storage, in addition to Azure Storage. The first is backup to URL and the second is Data Lake Virtualization.
    Data Lake Virtualization integrates PolyBase with S3-compatible object storage, adds support for to querying parquet files with T-SQL.

    機能としては、

    • Azure BLOB ストレージ / S3 互換ストレージに対してのバックアップ / リストアサポート
    • Azure BLOB ストレージ / S3 互換ストレージ上に格納されているファイルの分析
    • OPENROWSET の Parquet ファイルサポート

    が該当するはずなのですが、2022 の機能強化 / 変更部分がドキュメントだけでは分かりにくい個所がありますので、本投稿では、SQL Server 2022 のオブジェクトストレージ統合の基本的な内容についてまとめておきたいと思います。

    S3 互換ストレージアクセスについては別の投稿でまとめる予定です。

    Read the rest of this entry »

    Written by Masayuki.Ozawa

    6月 22nd, 2022 at 4:31 pm

    TDS 8.0 についての情報を整理しておく (2022/06 版)

    leave a comment

    SQL Server 2022 の新機能の一つとして、TDS 8.0 のサポートがあります。

    先日 Released: Microsoft.Data.SqlClient 5.0 Preview 3 でアナウンスされましたが、Microsoft.Data.SqlClient 5.0 Preview 3 から TDS 8.0 のサポートが追加されています。

    以前、書いた SQL Server のデータアクセスコンポーネントの暗号化設定の既定が変更されています でも TDS 8.0 に関係する内容が含まれているのですが、SQL Server 向けの接続コンポーネントも TDS 8.0 のサポートが進められています。

    SQL Server を触るに際して、今後 TDS 8.0 の動向についても意識しておく必要がありますので、本投稿で現時点の情報を整理しておきたいと思います。

    Read the rest of this entry »

    Written by Masayuki.Ozawa

    6月 19th, 2022 at 7:55 pm

    SQL Server Sample Databases

    leave a comment

    Read the rest of this entry »

    Written by Masayuki.Ozawa

    6月 16th, 2022 at 9:30 am

    Posted in SQL Server

    Tagged with

    SQL Server 2022 New Features: Azure Synapse Link for SQL

    leave a comment

    SQL Server 2022 CTP 2.0 時点の情報となり、今後の Preview / 一般提供開始時には変更されている可能性もあります。

    SQL Server 2022 では、Azure Synapse Link for SQL という機能が追加されました。

    Synapse Link には、すでに Cosmos DB / Dataverse が提供されていましたが、今回、SQL Server ファミリー向けに機能が提供され、SQL Server 2022 / Azure SQL Database から、Synapse Analytics の専用 SQL プールに対しての Synapse Link が使用できるようになりました。

    以前までは、

    で記載されているような、方法を使用してテーブルのデータ変更を取得する必要がありました。

    Synapse Link for を活用することで、SQL Server のテーブルから専用 SQL プールのテーブルに対してのデータ同期を容易に設定することができるようになります。

    Read the rest of this entry »

    Written by Masayuki.Ozawa

    6月 5th, 2022 at 5:50 pm

    SQL Server 2022 New Features: 包含可用性グループ

    leave a comment

    SQL Server 2022 CTP 2.0 時点の情報となり、今後の Preview / 一般提供開始時には変更されている可能性もあります。

    SQL Server 2022 では、包含可用性グループ (Containded Availaiblity Group) という機能が追加されました。

    従来の可用性グループは、「ユーザーデータベースのみ同期する機能」となっていたため、システムデータベースに含まれるログインや SQL Agent ジョブの情報は、グループ内の各 SQL Server に同期することができず、サーバーごとに同一の設定を反映させる必要がありました。

    SQL Server 2022 で追加される包含可用性グループでは、可用性グループ レベルでのメタデータ オブジェクト (ユーザー、ログイン、アクセス許可、SQL Agent ジョブなど) をグループ内の各サーバーで同期することができるようになり、従来の可用性グループでは個別に作成が必要であった、システムデータベースに含まれているオブジェクトの一部を同期対象とすることができるようになります。

    Read the rest of this entry »

    Written by Masayuki.Ozawa

    6月 2nd, 2022 at 9:53 am