SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘SQL Server’ Category

SQL Server / Azure SQL Database の last-page insert による PAGELATCH_EX の競合について

without comments

調べ物をしていたところ、SQL Server で最終ページの挿入 PAGELATCH_EX 競合を解決する方法 (How to resolve last-page insert PAGELATCH_EX contention in SQL Server) というドキュメントが公開されていることに気づいたので、少しまとめておこうかと思います。

本投稿は、データベースを遅くするための8つの方法 で解説されている、「シーケンスナンバーに PK を使用する」の Right Growing Index に関してのSQL Server での基本的な考え方になります。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

11月 19th, 2020 at 2:13 pm

SQL Server / Azure SQL Database で非効率な SELECT による Page writes/sec の増加について

without comments

SQL Server / Azure SQL Database (SQL DB) で、データベースのデータファイル (mdf/ndf) に対しての書き込みの発生状況を確認するための方法として「SQL Server: Buffer Manager オブジェクト」の「Page writes/sec」の情報を調べるという手法があります。

Page writes/sec の説明は次のようになっています。

物理的なデータベース ページ書き込みが実行される 1 秒あたりの回数を示します。

 

SQL Server では、物理的なデータベース ページへの書き込みが発生する一般的な要因としては、次のような内容があります。

  • チェックポイントの発生による、ダーティーページのデータファイルへの書き込み
  • Checkpoint pages/sec / Background writer pages/sec の情報と組み合わせての確認
  • レイジー ライターによる、ダーティーページのデータファイルへの書き込み
    • Lazy writes/sec の情報と組み合わせて確認
  • クエリストアの情報をデータファイルに永続化するための書き込み
  • クエリストアは少し例外的なパターンですが、基本的には、メモリ上では変更されているが、データファイルには書き込みが行われていないデータを書き込み、ディスクに永続化する際に Page writes/sec が発生します。

    ただし、特定の状況下では、非効率な SELECT によっても Page writes/sec が発生するケースがあります。

    Read the rest of this entry »

    Written by Masayuki.Ozawa

    11月 15th, 2020 at 11:16 pm

    PASS VIRTUAL SUMMIT 2020 : Day 1 Keynote の発表内容について

    without comments

    2020/11/9~13 の期間で開催されていました。

    今年は全セッションがオンライン化された Virtual Summit として開催されており、Keynote についても、開催時間に合わせての事前録画の公開となっていました。

    仕事の関係でリアルタイムで参加はできていないのですが、録画で内容を確認することができましたので、発表内容をまとめておきたいと思います。

    2020/9 に Ignite 2020 があったばかりですので、その時のアナウンスと重複しているものが多いですね。

    Read the rest of this entry »

    Written by Masayuki.Ozawa

    11月 14th, 2020 at 8:05 pm

    Azure Arc enabled SQL Server による Azure 外の SQL Server の Azure への拡張

    without comments

    Azure Arc enabled SQL Server (Azure Arc 対応 SQL Server) は、オンプレミスの SQL Server や Azure 外で動作している SQL Server の管理を Azure に拡張することができます。

    構成については、Azure Arc 対応 SQL Server (プレビュー) で解説が行われており、全体的なとしてはこのドキュメント内で解説されている下図のアーキテクチャとなります。

    Azure Arc enabled SQL Server については、Azure Arc で実現する SQL Server Anywhere をまとめる際に触れてはいたのですが、軽く確認しただけでしたので、この機会にもう少し触れてみたいと思います。

    Azure Arc enabld SQL Server については、Windows / Linux の両環境の SQL Server をサポートしていますが、Windows 部分をメインに検証しています。

    Read the rest of this entry »

    Written by Masayuki.Ozawa

    11月 6th, 2020 at 12:04 am

    Posted in Azure Arc,SQL Server

    Tagged with ,

    2020/10 の SQL Server / SQL Database 関連の更新情報

    without comments

    来週から PASS Summit 2020 が開催されますが、その前に、先月の更新情報を確認しておかないとなと思いチェックしてみましたとさ。

    更新情報のまとめは、毎週は無理なので月次でやろうと思いました(遠い目)

    Read the rest of this entry »

    Written by Masayuki.Ozawa

    11月 4th, 2020 at 11:30 am

    SQL Server Management Studio 18.7 から Azure Data Studio が同時にインストールされるようになりました

    without comments

    SQL Server Management Studio 18.7 now generally available でアナウンスされていますが、本日 SSMS 18.7 がリリースされました。

    18.7 から、SSMS のインストール時に Azure Data Studio (ADS) が同時にインストールされるようになりました。
    これについては リリースノート にも記載されています。

    image

    Azure Data Studio がリリースされてから、2 年以上経過しますが、Azure Data ファミリーを使用する際には、SSMS だけでなく、Azure Data Studio を組み合わせて利用する機会が多くなってきており、SSMS を利用しているユーザーが Azure Data Studio の機能の恩恵を受けられるようにするということで、同時にインストールされるようになったようです。

    Read the rest of this entry »

    Written by Masayuki.Ozawa

    10月 21st, 2020 at 9:11 pm

    Posted in SQL Server

    Tagged with

    SQL Server on Azure VM の AlwaysOn 可用性グループで DNN がサポートされました

    without comments

    DNN については、以前、Lift and Shift Always On SQL Server Failover Cluster Instance (SQL FCI) to Azure VMs で、SQL Server 2019 CU2 を適用することで、Failover Cluster Instance のサポートが行われていました。

    今回、Released: Support for Dynamic Network Names (DNN) Listeners for Always On Availability Groups でアナウンスがあり、SQL Server 2019 CU8 を適用することで、SQL Server on Azure VM で AlwaysOn 可用性グループを構築する際に、可用性グループのリスナーで DNN (Dynamic Network Names) Listeners がサポートされるようになりました。

    これにより、AlwaysOn 可用性グループにアクセスする際にロードバランサーを使用することなくアクセスができるようになります。
    関連情報は次のドキュメントとなります。(投稿を書いている時点では、英語版にのみ情報が公開されています)

    Read the rest of this entry »

    Written by Masayuki.Ozawa

    10月 20th, 2020 at 9:34 pm