SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘Azure Arc’ Category

Azure Arc Enabled SQL Server の基本操作方法について

leave a comment

Azure Arc Enabled SQL Server (Azure Arc 対応サーバーでの SQL Server) の操作方法について、ドキュメントを見てもわかりづらいところがいくつかあったので、本投稿で操作方法をまとめておきたいと思います。

私の環境では、サブスクリプション単位で、Microsoft Defender for Cloud を有効にせず、Log Analytics ワークスペース単位で有効にしているということもあるので、その辺も操作の複雑性に起因しているかもしれません。

今回の環境は Windows 版の SQL Server を対象としています。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

1月 18th, 2022 at 10:53 pm

Azure Automation を Azure Arc の 拡張機能ベースの Hybrid Runbook Worker で実行する際の注意点 (2021/11 時点の暫定対応)

leave a comment

Azure Automation の Runbook を任意の環境上で動作させる方法として、Hybrid Runbook Worker があります。

Hybrid Runbook Worker を使用することで、任意の環境上で Automation の Runbook を実行することができるようになりますので、オンプレミスの環境や Azure VM 上で Runbook を実行するということが可能となります。

Hybrid Runbook Worker の導入方法としては、エージェントベースワーカー (v1) と拡張機能ベースワーカー (v2) の 2 種類があります。

エージェントベースについては、Log Analytics ワークスペースへの接続が必要でした。

拡張機能ベースについては、Log Analytics ワークスペースに接続はする必要はなく、オンプレミスの環境であれば、Azure Arc Enabled Server の拡張機能としてインストールをすることができます。(Azure VM の場合は、Arc ではなく、Azure VM エージェントの拡張機能としてインストールできます)

image

Azure Arc が導入されている環境を Hybrid Runbook Worker でしようとした場合、現時点ではエラーとなるケースがあるようです。

原因都回避策については、次の Q&A で解説が行われており、現時点では既知の問題となるようです。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

12月 1st, 2021 at 9:23 pm

Ignite 2021 / PASS Data Community Summit 2021 で発表された SQL Server ベースの環境のアップデート

leave a comment

2021/11/3~4 に開催されていて Ignite 2021、2021/11/10~12 で開催されていた PASS Data Community Summit 2021 で SQL Server ベースのアップデートが多数発表されました。

これらのイベントで発表されたアップデートについて一通り確認ができ、次の投稿に情報を反映しました。

各投稿の目次が次になりますが、大小合わせると様々なアップデートがのアナウンスが行われていますね。

Read the rest of this entry »

Ignite 2021 で Azure Arc Enabled Data Service のアップデートが発表されています

leave a comment

Ignite 2021 で CONLL104 : Introduction to Azure Arc-enabled Data Services でアナウンスが行われていますが、Azure Arc Enabled Data Services でいくつかのアップデートが行われています。

image

Release notes – Azure Arc-enabled data services でも 11 月のアップデートとして、様々な追加機能がアナウンスされています。

私がキャッチアップしているのは、 Arc Enabled SQL Managed Instance の部分となりますが、Enabled MI に関係するアップデートをキャッチアップしておこうと思います。

GA 時には「v1.0.0_2021-07-30」というイメージタグが使用されていたのですが、今回のアップデートでは、「v1.1.0_2021-11-02」が各環境のイメージとして使用されるようになりました。

「az arcdata dc list-upgrades」でイメージを確認することもできるようですね。

image

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

11月 8th, 2021 at 12:02 am

Azure Arc Enabled Server の Windows エージェントを Windows Update でアップデート

leave a comment

Azure Arc Enabled Server で Windows Server を管理している場合、Azure Connected Machine Agent によって Azure に接続がされるのですが、エージェントのバージョンが古くなると、Azure Arc 上で次のような表示が行われます。

image

エージェントのアップグレードについては次のドキュメントに記載されています。

エージェントのアップデート方法については次のような記述となっています。

Windows エージェント

Windows 用 Connected Machine エージェントの更新プログラム パッケージは、以下から取得できます。

 

Azure Arc Enabled Server の Windows エージェントについては、Microsoft Update (Windows Update) 経由でもアップデートができるようになっています。

標準の Windows Update の設定では、検知されないようなので、Windows Update の「詳細オプション」から「Windows の更新時に他の Microsoft 製品の更新プログラムも入手します」を有効化しておきます。

image

これで、Windows Update を実行した際に、「AzureConnectedMachineAgent」も更新対象として認識され、Windows Update 経由でエージェントを更新できるようになります。

image

Written by Masayuki.Ozawa

9月 23rd, 2021 at 8:20 pm

Posted in Azure Arc

Tagged with

AKS on Azure Stack HCI (Windows Server 2019) に対して Azure DevOps でパイプラインを実行するためのメモ

leave a comment

AKS on Azure Stack HCI (OS は HCI OS ではなく、Windows Server 2019) に対して、Azure DevOps パイプラインを実行しようと思った際の作業した内容のメモを。

最終的には Azure Arc Enabled Kubernetes の GitOps を使用することになるのかなとは思うのですが、今回はそこまでは試せていません。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

9月 6th, 2021 at 10:35 pm

AKS on Azure Stack HCI 検証方法 Tips

leave a comment

AKS on Azure Stack HCI を Windows Server 2019 の 1 ノード環境ではありますが、1 台起動したままにすることができそうなので、この機会に勉強を兼ねてメモを残しておきたいと思います。

AKS on Azure Stack HCI は、検証用途であれば 1 台の Windows Server 2019 上で動作させることができます。(Azure のサポート内で AKS on Azure Stack HCI のサポートを受ける場合は、OS に Azure Stack HCI OS を使用していたほうがスムーズになりますので、リソースに余裕がある場合は、HCI OS で環境を構築していたほうが良いかと)

image

64 GB / 4 Core (HT : 8 Core) の NUC が 1 台あれば、構築することができ、Windows Server 上で Kubernetes を展開することができます。

私のような今まで Windows をメインに触ってきたエンジニアでも Kubernetes の検証環境を容易に作ることができますので、k8s の勉強環境にも活用できるかと。

基本的には、Azure Stack HCI の Azure Kubernetes Service のドキュメント のドキュメントを確認しながら、勉強した内容を適宜更新していきたいと思います。

私の場合は、仕事の領域が「SQL Server のデータベースエンジン」となりますので、AKS on HCI を使用するのは、Azure Arc Enabled SQL Managed Instance を検証することが目的であり、Enabled SQL Managed Instance 観点の情報も記載しています。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

7月 15th, 2021 at 12:13 am