SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘Azure’ Category

Azure Functions と Log Analytics による SQL Database のメトリック収集 (EZMonitor)

without comments

Azure Functions が PowerShell 7.0 をサポートしたこで、PowerShell をランタイムとして使用した関数で、ForEach-Object の Parallel が使用できるようになり、スクリプトブロックを並列で実行することができるようになりました。

以前は Runspace を作成して、並列処理を自分で組む必要がありましたが、ForEach-Object でシンプルな記述で並列に実行できるようになったのはうれしいですね。

このような並列処理は、DB のメトリックを取得するときの収集処理で活用することができ、メトリック収集用のクエリを一つ順次実行するのではなく、いくつかのクエリを並列で実行することで、処理時間を短縮することができ、鮮度の良い情報の取得を行うことができます。

SQL Database では、標準でいくつかの方法で情報が取得されています。

これらの標準機能を使用しても、情報の収集を行うことも、もちろん可能ですが、特定の状況かで必要となる情報が不足していることがあり、SQL Database の状態を確認するためは、追加でメトリックの収集を行う必要が出るケースがあります。

そのような場合、私は PowerShell で SQL Database に対してクエリ実行を行いメトリックの収集を行い、そのメトリックを Log Analytics に格納することで確認をしているのですが、情報を取得 / 可視化を毎回一から作るのも面倒ですので、ある程度まとまった仕組みを EZMonitor (Easy Monitor) として作成してみました。
(情報収取のクエリについては、ざっくりしたもののみ追加しているため、まだ修正の必要がありますが)

↓ GitHub のリポジトリからも、こちらのアイコンからもデプロイできます。

 

展開時に情報の取得を行う、SQL Database を指定することで、Log Analytics に取得を行ったデータを、次の画像のように可視化することができます。

image

標準では、5 秒間隔で 4 スレッドで情報を取得しており、Basic / S0 のような低い性能のサービスレベルでは、CPU の使用率を上昇させる要因になります。

CPU 使用率を上昇させた場合は、取得間隔や並列度数を調整してください。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

8月 4th, 2020 at 9:08 am

Synapse Workspace の Manged VNET への関連付けについてのメモ

without comments

Synapse Workspace では、ワークスペースのリソースをデプロイする際に、Managed VNET に関連付けができます。(デプロイ時にのみ設定することができ、ワークスペースの作成後に設定を変更することはできません)

image

詳細については、Azure Synapse Analytics のマネージド仮想ネットワーク (プレビュー) に記載されているのですが、この辺の設定がいまいちわかっていなかったので、情報を整理しておこうかと。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

7月 22nd, 2020 at 12:55 pm

Azure Shared Disk を使用した SQL Server Failover Cluster Instance (FCI) の構築

without comments

先日 Preview support for Azure Shared Disks for SQL Server failover cluster instance on Azure IaaS is now available というアナウンスがありました。

詳細なアナウンスについては Lift and Shift Always On SQL Server Failover Cluster Instance (SQL FCI) to Azure VMs でも公開されています。

SQL Server 2019 CU2 以降+ Windows Server 2019 以降を使用することで Azure 上で、共有ディスク型の Failover Cluster Instance (フェールオーバー クラスター インスタンス : FCI) を構築できるようになりました。

軽く構築をしてみてみましたのでその際のメモを。

構築方法については、Create an FCI with Azure shared disks (SQL Server on Azure VMs) を参照してください。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

7月 20th, 2020 at 11:54 pm

Posted in Azure,SQL Server

Tagged with ,

Azure Automation で PowerShell Runbook を作成する際の覚書 (2020/4 版)

without comments

Azure 上で、PowerShell を実行する場合、Function App を使用して書いてしまうことが多いのですが、実行時間やスケジュール設定の GUI 視認性 (cron 形式ではないスケジューリングの設定) などで、Azure Automation の PowerShell Runbook を使用してスクリプトを実行するケースもあるかと思います。

どうやって使ったかというのを忘れることがしばしばあるので、この機会にまとめておこうかと。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

4月 15th, 2020 at 11:23 pm

リソースヘルスアラートを使用したリソースレベルの正常性検知

without comments

SQL Database の基本的な診断情報の取得について -2020/3/20 版 で触れた、リソース正常性の検出方法である、リソースヘルスアラート (Resource Health Alert) を実際に設定してみました。

設定方法については、Resource Manager テンプレートを使用して Resource Health アラートを構成する の内容そのままですね。

どのような正常性チェックが使用できるかについては、Azure Resource Health で利用できるリソースの種類と正常性チェック に記載されています。

リソースヘルスアラートについては、ポータルからは設定することができず、ARM テンプレートベースのデプロイで設定を行う必要があります。

設定については、次の 2 ステップで作業を実施します。

  1. アクショングループの設定
  2. リソース ヘルス アラートの ARM テンプレートを作成

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

3月 22nd, 2020 at 5:45 pm

Posted in Azure

Tagged with

Front Door のタイムアウト設定を変更してみる

without comments

Azure Front Door—March 2020 updates でアナウンスがありましたが、Front Door のアイドルタイムアウトの設定が変更できるようになりました。

Configurable idle timeout—Customize the idle timeout when Front Door waits on the first packet of request/response.

Azure Front Door Service の制限 にも記載されていますが、Front Door からバックエンドへの応答については次のような制限があります。

Front Door からアプリケーション バックエンド
  • 応答がチャンク応答の場合、先頭のチャンクを受信したときに 200 が返されます。
  • HTTP 要求がバック エンドに転送された後に、Front Door はバック エンドからの最初のパケットを 30 秒間待機します。 それからこれはクライアントに 503 エラーを返します。
  • バックエンドからの最初のパケットを受信した後、Front Door はアイドル タイムアウトの 30 秒間を待ちます。 それからこれはクライアントに 503 エラーを返します。
  • Front Door からバックエンド TCP セッションへのタイムアウトは、30 分です。

デフォルトの設定では、バックエンドから 30 秒応答がない場合は 503 エラーが返されることになります。
この設定が変更できるようになりました。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

3月 22nd, 2020 at 1:12 am

Posted in Azure

Tagged with

同一のリソース名のマネージド ID が存在する場合の SQL DB のユーザー作成について – 暫定版 –

with 2 comments

Written by Masayuki.Ozawa

3月 19th, 2020 at 11:42 pm

Posted in Azure,SQL Database

Tagged with ,