SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

2016/7 時点の SQL Server の修正プログラムの入手方法について

without comments

Announcing updates to the SQL Server Incremental Servicing Model (ISM) でアナウンスされた SQL Server の増分サービスモデルですが、把握するために必要な情報がある程度、収集できたかと思ったので、2016/7 時点の情報を一度まとめてみたいと思います。

従来まで、SQL Server の修正プログラムである Cumulative Update (累積修正プログラム) は以下の KB の情報から必要なバージョンを追い、入手することができました。

SQL Server 2014 SP1 を例とすると、CU4 までは KB から更新プログラムをダウンロードすることができました。
image

しかし、CU5 以降では個別ダウンロードのリンクはなく、MicrosoftR SQL ServerR 2014 SP1 の最新の累積的な更新プログラム へのリンクとなっています。
image

ポリシーの変更が発表されて以降の CU については Microsoft ダウンロードからは、最新の CU のみがダウンロード可能になっています。

しかし、この提供方法ですと、他の環境にシステム DB をリストアしたい際等の、マイナーバージョンレベルを合わせる方法が実施できなくなってしまいます。
そのため、KB で公開されていない修正プログラムについては、 Microsoft Updte Catalog からダウンロードできるようになっています。
# これについてはアナウンスでも記載されていたのですが、6/21 に Microsoft Update Catalog に登録されました。

Microsoft Update Catalog に上がってくるようになっても WSUS での配信対象としては落ちてこないようですので、現時点では、WSUS では SP や CU ではないセキュリティ更新プログラム (GDR の類) のみが、配信対象となているようですね。

7/20 の段階で、SQL Server 2014 については最新の累積修正プログラム (CU) についても、WSUS 経由で配信が行えるようになりました。Windows Update についても同様になるかと。

image

分類としては「更新」に含まれているようですね。
image

Written by Masayuki.Ozawa

7月 3rd, 2016 at 7:44 pm

Posted in SQL Server

Tagged with

Leave a Reply

Share via
Copy link
Powered by Social Snap