SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘Hyperscale’ tag

db tech showcase 2019 に登壇しました

leave a comment

この投稿が公開されたときには登壇中だと思いますが、セッションで使用した資料については、SlideShare で公開しています。

後日、db tech showcase のサイト でも資料と動画が公開される予定ですので、実施したデモなどに関しては後日公開の動画からご確認ください。

Written by masayuki.ozawa

9月 25th, 2019 at 12:56 pm

Hyperscale のトランザクションログの切り捨てタイミングについて

leave a comment

SQL Database の Single Database では、SQL Database バックアップとは に記載されているタイミングでトランザクションログのバックアップが取得され、ログの切り捨てが行われます。

Hyperscale の各種メトリクスを取得して分析すると気づくのですが、Hyperscale については、定期的な間隔ではなく、使用サイズによってトランザクションログの切り捨てが行われるような動作となっているように見えます。

このサイズが何によって決まっているのかを調べてみました。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

8月 19th, 2019 at 12:36 am

Posted in SQL Database

Tagged with ,

SQL Database Hyperscale におけるセカンダリレプリカ上のデータ参照についての考慮点

leave a comment

SQL Database Hyperscale については、SQL Database Hyperscale の構成や特徴を学習する で一度書きましたが、読み取りセカンダリについても追加で勉強した内容がありますので書いておこうかと。

SQL Database Hyperscale では、セカンダリレプリカの台数を 0 ~ 4 台まで指定することができます。

image

ハイパースケール データベースではどのような SLA が提供されるか に記載されていますが、セカンダリレプリカの台数に応じて、SLA が異なります。

  • 1 台のセカンダリレプリカ : SLA 99.95%
  • 2 台以上のセカンダリレプリカ : SLA 99.99%

また、セカンダリの接続ですが、読み取りワークロードのインテリジェントな負荷分散がシステムで行われるか では「ランダムに接続される」ことになっており、複数台のセカンダリレプリカをデプロイしている場合、どのレプリカに接続されるかはランダムとなるようです。
(Build 2019 の内容では、ラウンドロビンとなっていたのですが、私が検証したときにはランダムのような動作となっていました)

今回の本題はそこではなく、「プライマリレプリカで更新 / 追加されたデータがセカンダリレプリカでどのように認識されるか」という点です、

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

7月 7th, 2019 at 11:54 pm

Posted in SQL Database

Tagged with ,

Azure SQL Database Hyperscale のデータアクセスの基本パターンを調べてみる

leave a comment

Azure SQL Database の新しいサービスレベルである、Hyperscale が現在、Preview のサービスですが提供されています。

現時点で公式に公開されている情報としては、次のような内容でしょうか。

概要については、これらの情報から確認できるのですが、実際にどのようなデータアクセスが行われるのかが公開されていなかったので、可能な範囲で調べてみました。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

12月 9th, 2018 at 1:04 pm

Posted in SQL Database

Tagged with ,

SQL Database の Hyperscale (プレビュー) がデプロイ可能になっています

leave a comment

Ignite 2018 でアナウンスのあった SQL Database の Hyperscale がデプロイ可能になりました。

image

使用できるリージョンは Hyperscale service tier available regions で公開されており、東日本も対象となっていました。

ざっと試してみたところ DTU と vCore モデルからの移行はサポートされているようでした。
ただし、当初アナウンスがあったとおり、Hyperscale に変更した後は、他のモデルに戻すことができませんので、そこは気を付けておいたほうが良いかと。
(検証の際は DB のコピーやレプリカを作ってから検証した方が良いです)

SQL Database 向けの CREATE DATABASE / ALTER DATABASE も Hyperscale に対応していますので SQL からも実行可能です。

Written by masayuki.ozawa

10月 4th, 2018 at 9:36 am

Posted in SQL Database

Tagged with ,

Ignite 2018 で発表された SQL Database の Hyperscale サービス層の情報

leave a comment

Ignite 2018 で SQL Database の新しいサービス層である Hyperscale が発表されました。
2018/10/1 の Public Preview の開始前にいろいろと情報が公開されていますので、メモとして。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

9月 30th, 2018 at 2:57 pm

Posted in SQL Database

Tagged with ,