SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘SQL Database’ tag

Ignite 2017 の SQL Database / SQL Data Warehouse の概要セッションのまとめ

one comment

SQL Database と SQL Data Warehouse の新機能等の概要セッションの内容をざっくりと

BRK2230 : What’s new with Azure SQL Database: Focus on your business, not on the database

動画

スライド

BRK2217 : Modernize your on-premises applications with SQL Database Managed Instances

動画

スライド

BRK2213 : Database Migration roadmap with Microsoft

動画

スライド

BRK2254 : New capabilities for data integration in the cloud

動画

スライド

BRK2142 : Keep your data in sync between SQL Server and Azure SQL Database

動画

スライド

THR2164 : Performing a seamless migration in Azure SQL Database

動画

スライド

BRK3377 : Azure SQL Data Warehouse lessons learned and practical implementation tips

動画

スライド

 

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

10月 8th, 2017 at 12:40 am

Ignite 2017 の動画の内容のメモ

one comment

Ignite 2017 の動画ですが、Inite のサイトだと https://myignite.microsoft.com/videos からアクセスできます。

この中から最新の情報をメモとして抜き出したものを。
(セッション動画を見ながら随時更新しています)

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

9月 30th, 2017 at 2:33 pm

Ignite 2017 の Day1 Keynote のデータプラットフォームの内容のメモ

2 comments

Ignite 2017 のキーノートを見ながらぺたぺたと。

Ignite 2017 の動画についてはこちらから。

https://www.microsoft.com/en-us/ignite/default.aspx

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

9月 25th, 2017 at 10:19 pm

SQL Data Warehouse の DWU USED を取得するクエリを書いてみました

leave a comment

SQL Data Warehous をポータルで確認した際に、以下のような画像のタイルの情報を確認することができます。

image

DWU LIMIT と DWU USED という項目があるのですが、現状、簡単に取得する方法が見当たらないのですよね…。
Provide a way to expose the actual DWU usage (not the same as the scale setting). によると、今後のリリースで検討となっているのですが、現時点では実装されているかが微妙でして。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

9月 13th, 2017 at 10:25 pm

SQL Data Warehouse で静的なリソースクラスが追加されています

one comment

資料のメンテナンスを実施していて気付いたのですが、SQL Data Warehouse のリソースクラスに「静的なリソースクラス」が追加されていました。

SQL Data Warehouse での同時実行とワークロード管理

今までのリソースクラス (smallrc/mediumrc/largerc/xlargerc) は「動的なリソースクラス」となっており、DWU の性能に応じて、リソースのサイズが 4 段階に分けられていましたが、静的なリソースクラスでは、「staticrc10~80」までの 8 種類に分けられ今までより細かな粒度 / DWU のサイズを変更しても一定のサイズを固定で割り当てることができるようになったようです。

メモリの割り当てと使用するスロット数が細かに調整できるようになりましたので、同時実行数を今までより詳細に調整できるようになったのではないでしょうか。

Written by masayuki.ozawa

9月 12th, 2017 at 10:43 pm

SQL Database で SQL Server 2017 の自動チューニングが使えるかもしれない

one comment

SQL Server 2017 の自動チューニングの検証をしていて気付いたのですが、SQL Database でも SQL Server 2017 で実装される自動チューニングが使えるかもしれません。

Automatic tuning に記載されていますが、SQL Database の自動チューニングについては、インデックスの自動設定についての実装となっており、SQL Server 2017 で実装が行われる実行プランの退行を自動検知してのプランの強制については未実装ということになっています。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

8月 30th, 2017 at 11:05 pm

Posted in SQL Database

Tagged with

Data Migration Assistant (DMA) 3.2 で SQL Database のマイグレーションがサポートされるようになりました

one comment

SQL Server から他のバージョンの SQL Server 、SQL Database に移行を行うための支援ツールである Data Migration Assistant (DMA) の新しいバージョンである 3.2 がリリースされました。

Released: Data Migration Assistant (DMA) v3.2

Microsoft® Data Migration Assistant v3.2  からダウンロードすることができます。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

8月 27th, 2017 at 3:39 pm

SQL Data Warehouse で Replicated Table が Public Preview でサポートされたようです

one comment

今日、この話題になって、「そういえばどうなったんだろう」と思って調べてみたところ How can we improve Microsoft Azure SQL Data Warehouse ? で「COMPLETED」となり、Public Preview として実装が行われたようです。

SQL DW のベースになった PDW では、初期から実装されていたかと思いますが、SQL DW でもついに来ましたね。

サイズについては2GB 程度が推奨となるようですが、各コンピュートノードに近い位置にデータが分散された形でテーブルが配置されるような分散方法が可能になります。

Replicated Table を使用することで、各コンピュートノードにテーブルが配置されるようになるため、テーブルの結合時のデータの移動のコストを抑えることができるようになります。

マスター関連のテーブルで効果的に動作する感じですかね。

データの変更が頻繁に発生するものや、コンピュートノードの数を頻繁に変更するような場合には、情報の再構築のオーバーヘッドが発生するようですので、必要になるかはきちんと検討する必要があるかとは思いますが。

Written by masayuki.ozawa

7月 19th, 2017 at 9:38 pm

SQL Database で再開可能なオンラインインデックス再構築が Public Preview で利用可能となりました

one comment

Resumable Online Index Rebuild is in public preview for Azure SQL DB でアナウンスされていますが、SQL Database で、SQL Server 2017 で実装される再開可能なオンラインインデックス再構築が、Public Preview ではありますが利用可能となりました。 Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

7月 19th, 2017 at 1:08 am

Posted in SQL Database

Tagged with

SQL Database の長期保存バックアップで使用した Recovery Service が削除できない場合の対応方法

leave a comment

SQL Database の 長期保存バックアップ は、 Recovery Service 上に取得されます。
この Recovery Service を削除しようとした際に、ポータル上の内容ではすべての設定やコンテナーが存在していない状態でも、削除がエラーになることがあります。

この場合、Azure RecoveryServiceVault can’t be removed? の対応をすると削除ができるようになります。

$vault = Get-AzureRmRecoveryServicesVault -Name "VaultName"
Set-AzureRmRecoveryServicesVaultContext -Vault $vault


$container = Get-AzureRmRecoveryServicesBackupContainer -ContainerType AzureSQL -FriendlyName $vault.Name
$item = Get-AzureRmRecoveryServicesBackupItem -Container $container -WorkloadType AzureSQLDatabase
$availableBackups = Get-AzureRmRecoveryServicesBackupRecoveryPoint -Item $item
$availableBackups    


$containers = Get-AzureRmRecoveryServicesBackupContainer -ContainerType AzureSQL -FriendlyName $vault.Name
ForEach ($container in $containers)
{
    $items = Get-AzureRmRecoveryServicesBackupItem -container $container -WorkloadType AzureSQLDatabase
    ForEach ($item in $items)
    {
        Disable-AzureRmRecoveryServicesBackupProtection -item $item -RemoveRecoveryPoints -ea SilentlyContinue
    }
    Unregister-AzureRmRecoveryServicesBackupContainer -Container $container
}
Remove-AzureRmRecoveryServicesVault -Vault $vault

 

長期保存バックアップで使用しているサイズについても、ポータルから確認できる使用サイズに含まれているようなのですが、この領域を削除するための方法が、現時点のポータルからは用意されていないため、PowerShell を使用して、長期保存バックアップのコンテナーを明示的に削除する必要があるようですね。

これで削除を行えば、Recovery Service 自体も削除できるようになります。

Written by masayuki.ozawa

7月 17th, 2017 at 9:09 pm

Posted in SQL Database

Tagged with