SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘Hyper-V’ tag

vPMEM についてのメモ

without comments

Azure VM をデプロイしようとしたところ、次のような表示になっていて気づきました。
image

Gen2 VM については、「vPMEM」という表示があり、情報としては去年から出ていたようなのですが、Hyper-V の最新の仮想マシンでは、Persistent Memory を仮想マシン上で使用するための vPMEM という機能があるのですね。
Windows Server バージョン 1709 の新機能 ですでに公開されていたようなのですが、全くキャッチアップできていませんでした。
有効にするための方法については HYPER-V Vm の永続的なメモリ デバイスを構成するためのコマンドレット で記載されています。
PMEM 上に「vhdpmem」という拡張子のファイルを作成し、仮想マシンに追加した PMEM のコントローラーにそのファイルをディスクとして追加することで、仮想マシン上で PMEM の利用を可能とするというようなアプローチのようです。
(通常のディスク上にも vhdpmem ファイルを作成することはできますが、残念ながら通常のディスク上に作成しても、接続した仮想マシンを起動することはできませんでした)
VMWare にも vPMEM の考え方があるようで、各社仮想マシンで PMEM を利用するアプローチが進められているようですね。
Hyper-V の PMEM 対応については、Windows Support for PM – SNIA が詳しそうです。
去年、GCP が PMEM 対応のアナウンスを行っていたことは記憶にあったのですが、Gen2 VM に表示があるということは、Azure でもそのうち PMEM が利用できる VM が提供されるのかもしれないですね。

Written by Masayuki.Ozawa

6月 17th, 2019 at 10:37 pm

Posted in Hyper-V,SQL Server

Tagged with ,

Windows Server 2012 R2 Hyper-V の仮想ディスク配置先のセクターサイズ

without comments

More Than One Way さんのブログに 3TBのボリュームを作ったら・・・ という記事があります。
こちらは Hyper-V 2.0 の内容ですが、512 バイトで設定されたセクター以外の場所に配置された VHD が開けないという仕様についての内容になります。

このことをすっかり忘れていて、ファイルサーバーの共有フォルダに VHD を作成しようとしたら以下のエラーが。

image

AFT に関連する情報にもつながるので、以下も合わせて参考にするとよいかと。

Windows での 4K セクターのハード ディスク ドライブに関するマイクロソフトのサポート ポリシー
Using Hyper-V with large-sector drives in Windows Server 2008 and Windows Server 2008 R2
Hyper-V Support for Large Sector Disks Overview
Hyper-V の大容量セクター ディスク サポートに関するテクニカル プレビュー
大容量ディスクとセクター サイズ拡大に対応する Windows 8

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

1月 4th, 2014 at 12:16 pm

仮想マシンの拡張セッションについて

with one comment

以下の画像は Hyper-V – What’s New in Windows Server 2012 R2 のスライドとなります。
imageimage
左が従来のゲスト OS の接続、右が 2012 R2 / 8.1 の Hyper-V のゲスト OS の接続方法の拡張となります。
Hyper-V マネージャーの仮想マシンの接続からリモートデスクトップを経由してゲスト OS に接続することが可能となり、デバイスやクリップボードの共有 (ファイルコピー含む) が可能となります。
Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

7月 2nd, 2013 at 8:25 am

Windows Server 2012 Hyper-V でプロセッサの互換性を設定

without comments

Hyper-V ではプロセッサの互換性を保つための設定として

  • プロセッサ バージョンが異なる物理コンピューターへ移行する
  • Windows NT などの古いオペレーティングシステムを実行する

の 2 種類がありました。

image

Windows Server 2012 Hyper-V では Windows NT などの~ が設定が GUI からはできなくなっています。
# Hyper-V 2.0 の Hyper-V マネージャーで Windows Server 2012 Hyper-V に接続すると設定できますが。
image

SCVMM 2012 SP1 でも設定はないですね。
image

Windows NT や 2000 はサポートが切れているため Windows Server 2012 の Hyper-V 上での動作はサポートされていませんがこの機能を有効にすることはできそうですので、設定方法をまとめてみたいと思います。
試したところ NT 4.0 は BSOD になってしまいインストールの完了まではいきませんでしたが。

ソフトウェア要件 (サポート対象のゲスト オペレーティング システム用)

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

4月 2nd, 2013 at 12:08 pm

Windows Server 2012 の新規インストールをした場合の Hyper-V 2.0 のゲスト OS のインポート

with one comment

自宅の検証環境の 1 台は Windows Server 2008 R2 をインストールしていたパーティションを削除して、そのパーティションに対して 2012 をインストールしています。

image

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

9月 13th, 2012 at 11:55 pm