SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Server のデータアクセスコンポーネントの暗号化設定の既定が変更されています

leave a comment

昨年からリリースされている Microsoft 社提供の SQL Server 向けのデータアクセスコンポーネントで、暗号化設定の既定が変更されています。

私が確認した範囲では、次のコンポーネントを使用している場合に影響が出る可能性があります。

これらのデータアクセスコンポーネントでは「破壊的変更」として「Encrypt = true, by default」の変更が行われており、各コンポーネントの既定の接続が暗号化設定が有効になっています。

これにより、既定の接続の設定で使用している SQL Server に対して接続を行おうとした場合に「信頼されていない機関によって証明書チェーンが発行されました。」のエラーが発生するケースが出てくるかもしれません。

SQL Database の場合はサーバー名の証明書が自動で設定されていますが、オンプレミスの環境では自己署名証明書が使用されているため、「Trust Server Certificate」「Use Encryption for Data」の設定を使用しないと、上記のエラーが発生するかと思います。

関連情報として次のような内容も抑えておくとよさそうですね。

まだ、プレビューですが、Microsoft.Data.SqlClient の次のバージョンとなる 5.0 では Released: Microsoft.Data.SqlClient 5.0 Preview 2 でアナウンスされているようなサポートされる .NET Framework の変更もあるようです。

Breaking changes over v5.0.0-preview1
  • Dropped support for .NET Framework 4.6.1 #1574

Written by Masayuki.Ozawa

4月 21st, 2022 at 9:23 am

Leave a Reply

Share via
Copy link
Powered by Social Snap