SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

2021/3 の SQL Server / SQL Database 関連の更新情報

leave a comment

2021/3 の更新です。
Ignite 2021 関連の発表が多いですね。

情報を把握するために本日、一度投稿しましたが、月末にも再度更新しようと思います。

2021/3/2 (Ignite 2021 関連)

こちらは、Ignite 2021 で発表があった内容となり、Ignite 2021 の内容については、Ignite 2021 のタイミングで発表された SQL Server / SQL Database のアップデート で記載していたので、本投稿では関連する URL のみを記載しておきます。

Azure Disk

Maintenance Windows

Audit

Azure Backup Update

Migration

Synapse

Purview

Windows Server 2022

2021/3/3

Azure SQL News Update: March 2021

Ignite 2021 で発表のあった、Azure SQL 関連の Update のまとめです。

Long-term backup retention on Azure SQL Managed Instance

Managed Instance で最大で 10 年間分のバックアップを保管可能な長期保管バックアップの機能が Limited Preview から、Public Preview となり、プレビュー機能ではありますが、様々な環境で利用できるようになりました。

Azure trusted launch for Virtual Machines now in public preview

vTPM / VBS が活用できる Gen2 VM が Purblic Preview で利用できるようになりました。

2021/3/4

Public preview: Azure Purview Bulk Edit enhancements

Azure Pureview のデータセットの一括編集機能が拡張され、一括編集で修正可能な項目が増えたようです。

2021/3/11

Windows Server 2019 Datacenter: Azure Edition with hotpatching support

インストール後の再起動が不要で、OS にパッチ適用が可能なホットパッチの機能がプレビューとして提供されました。
ホットパッチについては、「Windows Server 2019 Datacenter: Azure Edition」というイメージでのみ使用することが可能となっており、特定の環境でのみ利用することができるようになっています。

Microsoft Update Catalog からも Azure Edition 向けの更新プログラムが提供されていることが確認できます。

ホットパッチによる更新プログラムの適用は、すべての更新プログラムに対して実施できるのではなく、ホットパッチ向けの更新プログラムが対象となるようで、計画ベースライン / 計画外ベースラインとしてリリースされた更新プログラムについては、再起動をともなう適用となるようです。

詳細については よく寄せられる質問 を確認しておくと良いかもしれませんね。

2021/3/16

Azure Active Directory only authentication for Azure SQL

公開されていたブログが取り下げられたのですが、インパクトが大きかったのか、アナウンスのみが行われています。
4 月にパブリックプレビューとなる機能のようですが、Azure SQL で、AAD 認証のみを有効にするというオプションが追加されるようです。
これにより、Azure SQL Database で SQL Server 認証を無効にするということが可能となります。
既に作成済みの SQL Server 認証用アカウントについては、削除は行われず、認証ができないという形になるようです。(SQL 認証を再度有効化する必要がある場合も安心ですね)

Released: Microsoft.Data.SqlClient 3.0 Preview 1

Preview ですが、リトライ機能が実装された SqlClient の提供が行われました。
これにより、接続 / コマンド実行時にエラーとなった場合の、リトライ処理がクライアントライブラリの標準機能として利用することができるようになります。

 

2021/3/17

Machine Learning Services on Azure SQL Managed Instance now generally available

Managed Instane (MI) で、ML サービスが GA しました。
R と Python のスクリプトを MI 上で実行することが可能となります。

General availability: Dynamic data masking granular permissions for Azure SQL and Azure Synapse Analytics

動的データマスクの有効化 / 無効化については、従来までは、ユーザーに UNMASK を設定していました。
これが、TABLE / SCHMEA / COLUMN スコープで UNMASK が設定可能となり、マスク対象の細かな調整を行うことができるようになったようです。

次のような構文がサポートされ、特定のスコープで UMASK の権限を設定することができます。

GRANT UNMASK ON SCHEMA::スキーマ名 TO [ユーザー名]

 

Azure Monitor SQL insights for Azure SQL in public preview

Azure Monitor SQL Insights がプレビュー機能として提供されました。

Azure 上の SQL Server ベースの環境情報を Azure Monitor に連携することができるようになるのですが、こちら、単体で実現している機能ではありません。

Create Azure Virtual Machine に記載されていますが、この機能は、Linux の Azure VM にインストールされた、Azure Monitor Agent が、定期的に SQL Database に接続し情報を取得して、Azure Monitor で可視化することができる機能となっています。

Cross-instance Service Broker message exchange for Azure SQL Managed Instance

サーバー信頼グループ で信頼されているインスタンス間で、Service Broker によるメッセージ交換ができるようになりました。

2021/3/22

Configure SQL Server AG (Read-Scale) for SQL Containers deployed on Kubernetes using Helm

Helm を使用して、k8s 上に可用性グループを構築するための情報が公開されました。

2021/3/29

Backup for Azure Managed Disk is now generally available

Azure Disk Backup が GA しました。

SQL Server で使用するディスクは、ディスク単位ではなく、SQL Server のデータベース単位での保護を考える必要がありますので、ディスクバックアップを使用する機会は少ないかもしれませんが、バックアップ方法の一つとして覚えておくとよさそうです。

Cumulative Update #17 for SQL Server 2016 SP2

SQL Server 2016 SP2 の CU17 がリリースされました。

2021/3/31

Public preview: Zone redundant configuration for Azure SQL Database serverless compute tier

新規 / 既存のSQL Database Serverless でゾーン冗長を Public Preview で利用することができるようになりました。

Azure SQL Managed Instance – A performance optimization change to default settings is coming soon

MI を新規に作成した際の MAXDOP のデフォルト値が2021/5 から 0-> 8 に変更になります。

Written by Masayuki.Ozawa

3月 23rd, 2021 at 8:55 pm

Leave a Reply

Share via
Copy link
Powered by Social Snap