SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Front Door のタイムアウト設定を変更してみる

without comments

Azure Front Door—March 2020 updates でアナウンスがありましたが、Front Door のアイドルタイムアウトの設定が変更できるようになりました。

Configurable idle timeout—Customize the idle timeout when Front Door waits on the first packet of request/response.

Azure Front Door Service の制限 にも記載されていますが、Front Door からバックエンドへの応答については次のような制限があります。

Front Door からアプリケーション バックエンド
  • 応答がチャンク応答の場合、先頭のチャンクを受信したときに 200 が返されます。
  • HTTP 要求がバック エンドに転送された後に、Front Door はバック エンドからの最初のパケットを 30 秒間待機します。 それからこれはクライアントに 503 エラーを返します。
  • バックエンドからの最初のパケットを受信した後、Front Door はアイドル タイムアウトの 30 秒間を待ちます。 それからこれはクライアントに 503 エラーを返します。
  • Front Door からバックエンド TCP セッションへのタイムアウトは、30 分です。

デフォルトの設定では、バックエンドから 30 秒応答がない場合は 503 エラーが返されることになります。
この設定が変更できるようになりました。

Allow configurable timeout period for Front Door のフィードバックとして上げられていた内容が実装された形ですね。

この投稿を書いている時点では、英語版のトラブルシューティングにのみ記載が追記されているようですが、16 ~ 240 秒の範囲で設定が変更できるようになったようです。

フィードバックサイトでは

Also this is now available in the portal as well under “Front Door designer” —> Settings tab

と記載があったのですが、設定タブが見当たらなかったので、次のような PowerShell で変更してみました。

Connect-AzAccount
$frontDoor = Get-AzFrontDoor -Name "<Front Door リソース名>"
$frontDoor.BackendPoolsSetting.SendRecvTimeoutInSeconds = 60
$frontDoor | Set-AzFrontDoor

 

設定を変更したところ、デフォルトの 30 秒ではなく、1 分でタイムアウトするようになっていますね。

image

Written by Masayuki.Ozawa

3月 22nd, 2020 at 1:12 am

Posted in Azure

Tagged with

Leave a Reply