SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for 3月 22nd, 2020

リソースヘルスアラートを使用したリソースレベルの正常性検知

without comments

SQL Database の基本的な診断情報の取得について -2020/3/20 版 で触れた、リソース正常性の検出方法である、リソースヘルスアラート (Resource Health Alert) を実際に設定してみました。

設定方法については、Resource Manager テンプレートを使用して Resource Health アラートを構成する の内容そのままですね。

どのような正常性チェックが使用できるかについては、Azure Resource Health で利用できるリソースの種類と正常性チェック に記載されています。

リソースヘルスアラートについては、ポータルからは設定することができず、ARM テンプレートベースのデプロイで設定を行う必要があります。

設定については、次の 2 ステップで作業を実施します。

  1. アクショングループの設定
  2. リソース ヘルス アラートの ARM テンプレートを作成

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

3月 22nd, 2020 at 5:45 pm

Posted in Azure

Tagged with

Front Door のタイムアウト設定を変更してみる

without comments

Azure Front Door—March 2020 updates でアナウンスがありましたが、Front Door のアイドルタイムアウトの設定が変更できるようになりました。

Configurable idle timeout—Customize the idle timeout when Front Door waits on the first packet of request/response.

Azure Front Door Service の制限 にも記載されていますが、Front Door からバックエンドへの応答については次のような制限があります。

Front Door からアプリケーション バックエンド
  • 応答がチャンク応答の場合、先頭のチャンクを受信したときに 200 が返されます。
  • HTTP 要求がバック エンドに転送された後に、Front Door はバック エンドからの最初のパケットを 30 秒間待機します。 それからこれはクライアントに 503 エラーを返します。
  • バックエンドからの最初のパケットを受信した後、Front Door はアイドル タイムアウトの 30 秒間を待ちます。 それからこれはクライアントに 503 エラーを返します。
  • Front Door からバックエンド TCP セッションへのタイムアウトは、30 分です。

デフォルトの設定では、バックエンドから 30 秒応答がない場合は 503 エラーが返されることになります。
この設定が変更できるようになりました。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

3月 22nd, 2020 at 1:12 am

Posted in Azure

Tagged with