SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for 1月, 2017

SSIS で JSON を JSON 関数を使ってロードする

without comments

SQL Server 2016 では、 JSON 関数が追加されていて、SSIS でもサクッと JSON のデータをロードすることができるようになっていますので、軽くメモを。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

1月 31st, 2017 at 12:29 am

Posted in SQL Server

Tagged with ,

SQL Server エージェントのジョブをクエリから同期的に実行する

without comments

SQL Server エージェントのジョブをクエリから実行する場合「sp_start_job」を使用することができます。

この際の実行ですが、ジョブの起動の可否の取得をすることはできますが、ジブの実行終了を待機するというオプションはありません。

そのため、クエリから SQL Server エージェントのジョブを実行すると、起動可否の情報の取得のみが行われ処理の完了までは待機が行われません。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

1月 29th, 2017 at 10:24 pm

Posted in SQL Server

Tagged with

SSIS で JSON からテーブルを作成してデータをインポートするフローを作成してみる

without comments

SSIS で、以下のような JSON を元にテーブルを生成して、そのテーブルに対して、データをインポートするフローを作ってみました。
SSIS-Sample
テスト用でフローがいくつか入っているのですが、以下のようなフローを作成しています。
image
 
作成していた中でポイントとなりそうだった箇所をいくつかまとめておきたいと思います。
Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

1月 26th, 2017 at 9:51 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

クローンデータベースとクエリストアを使用したワークロード分析

without comments

以前、クエリストアを使用したデータベースチューニングアドバイザーの実行 という投稿を書いたのですが、SSMS 16.3 で、

SQL Server クエリ ストアからのワークロードの自動読み取りをサポートするためのデータベース エンジン チューニング アドバイザー (DTA) を機能強化。

という強化が行われました。

2017/1/25 時点の RTM の最新 (16.5.2) の GUI のデータベースチューニングアドバイザー (DTASHELL) には、クエリストアの選択肢はなかったのですが、CUI の DTA には、「-iq」という、クエリストアをワークロードとしたチューニングアドバイスが追加されていたようです。
# 16.3 のチューニングアドバイザーから、CUI については追加されていた可能性があります。

dta Utility

-iq
Specifies that the Query Store be used as the workload. The top 1,000 events from the Query Store for explicitly selected databases are analyzed. This value can be changed using the ?n option. See Query Store and Tuning Database Using Workload from Query Store for more information.

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

1月 25th, 2017 at 8:56 pm

Posted in SQL Server

Tagged with

SQL Server on Linux CTP のアップデートについて

with one comment

SQL Server on Linux はマンスリーアップデートで、新しいバージョンが公開されます。
2017/1/22 時点は CTP 1.2 がリリースされています。

CTP 1.2 の変更点については以下になります。
What’s New in SQL Server vNext

SQL Server on Linux のマンスリーアップデートの適用ですが、以下で対応できるかと。

sudo apt-get update
sudo apt-get install mssql-server

 

SQL Server on Linux のメインのプログラムは sfp にパックされた形で構成されているため、再度インストールすると sfp が入れ替えられ、SQL Server の構成ファイルやシステムデータベースはそのまま残した状態で新しいものに入れ替えられるようです。

システムデータベースのバージョンアップは実行されていると思いますので、古い CTP のバージョンに戻すことはできないと思いますが、上位には変更することが可能です。

Written by Masayuki.Ozawa

1月 22nd, 2017 at 9:39 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

SQL Database のクエリのトレース方法について

without comments

SQL Database は SQL Server プロファイラで接続をすることができないため、SQL Server で使用する機会の多い、プロファイラを用いたクエリのトレースを実施することができません。

データベースエンジンの SQL Server プロファイラを使用したトレースに関しては、今後廃止される予定の機能となっているため、SQL Database 向けに提供されることはないと思います。

SQL Database のクエリのトレース方法については、拡張イベントで実施するのが一般的な方法になるかと。

SQL Database の拡張イベント

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

1月 21st, 2017 at 11:42 pm

Posted in SQL Database

Tagged with

Azure VM の SQL Server IaaS Agent の SQL Server 2016 対応が行われています

without comments

Azure VM の SQL Server の構築時にいくつかの設定を投入することができる SQL Server IaaS Agent (IaaS 拡張) の SQL Server 2016 対応が行われているようです。

SQL Server VM 用 SQL Server Agent 拡張機能 (Resource Manager)

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

1月 21st, 2017 at 9:43 am

Posted in SQL Server

Tagged with ,