SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘SQL Server on Linux’ tag

SQL Server 2017 (Windows / Linux) の Unicode テキストの BULK INSERT / bcp での取り込みについて

without comments

SQL Server では、BULK INSERT ステートメント / bcp ユーティリティ 等を使用してテキストを取り込むことができます。
SQL Server 2017 の on Windows / on Linux 両方で、これらの方法を使用することができるのですが、使用する OS によって多少動作の違いが出てきます。
これらの動作について確認する機会がありましたのでまとめておきたいと思います。
最初にざっくりとした結果を書いておきますと、

  • SQL Server 2017 on Linux の BULK INSERT については、UTF-8 の取り込みができず、UTF-16 BOM あり (UTF-16 BE / UTF-16 LE) であれば可能であった
  • bcp については、Windows / Linux ともに、UTF-8 / UTF-16 LE / UTF-16 BE / UTF-16LE を取り込むことができた

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

3月 9th, 2019 at 2:48 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

SQL Server on Linux のデータベース バックアップを PowerShell Core で取得してみる

without comments

de:code 2018 では、SQL Server on Linux のデータベースバックアップを bash + sqlcmd で実装する方法をデモで実施しました。
Windows PowerShell から、バックアップを取得するスクリプトも以前組んだことがあったのですが、PowerShell Core で実装したことが無かったので、勉強がてら作成してみました。
(Windows PowerShell (v5.1) でも実行可能です)
Backup-Database.ps1
image_thumb2

pwsh./Backup-Database.ps1 -ServerInstance <ServerName> -Username <Login> -P <Login Password> -RunSpaceSize 5

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

6月 2nd, 2018 at 5:15 pm

de:code 2018 の登壇資料とデモコンテンツを公開しています

without comments

先日開催された de:code 2018 で SQL Server on Linux のセッションを担当させていただきました。

後日、公式サイトからセッション動画とスライドが公開されると思いますが、先行して GitHub 上でコンテンツを公開しておりますので、ご興味のある方がいらっしゃいましたらご利用ください。
当日使用したバージョンのスライドの Slideshare へのリンクも、ReadMe に記載しております。
https://github.com/MasayukiOzawa/decode-2018-demo

Written by Masayuki.Ozawa

5月 25th, 2018 at 7:40 am

SQL Server on Linux の商用の可用性ソリューション HPE Serviceguard の情報が公開されています

without comments

SQL Server on Linux の高可用性ソリューションとしては Pacemaker がドキュメントに記載されているものとなりますが、OSS のため、ベンダーサポートが必要となる環境では利用が難しいケースがあるかもしれません。
(Pacemaker で使用する SQL Server 向けのエージェントについては mssql-server-ha でソースが公開されています)

パートナーから提供されている SQL Server on Linux のソリューションについては、SQL Server の高可用性とディザスター リカバリーのパートナー で公開されており、RHEL / SUSE で使用することができる HPE Serviceguard の各種情報が公開されていました。
Serviceguard は、共有ディスク型の AlwaysOn フェールオーバークラスター と AlwaysOn 可用性グループの両方に対応したソリューションとなっているようです。
実際の動作については、デモ動画が公開されています。

デモだけでなく、ドキュメントも公開されています。

ベンダーサポートが必要となった場合の可用性のソリューションとして覚えておくとよさそうですね。
パッと見た感じ、トライアルが見当たらなかったのですが、トライアルライセンスとかないですかね…。
あれば、どのような動作になるか検証して情報発信したいなと思ったのですが。

Written by Masayuki.Ozawa

3月 22nd, 2018 at 10:43 pm

SQL Server on Linux の syslog をフィルターして OMS に連携する

without comments

OMS では標準機能として、syslog の連携機能を持っています
Log Analytics の Syslog データ ソース
上記のドキュメントに、次のように記載されているとおり、ファシリティ (Facility)と重要度 (Sevirity) で取得対象をフィルタすることができるようになっています。

OMS Agent for Linux は、構成で指定されているファシリティと重大度を持つイベントだけを収集します。 OMS ポータルを通じて、または Linux エージェントで構成ファイルを管理することによって、Syslog を構成できます。

image
Windows の場合、SQL Server 系のログがイベントログに出力されます。
Linux の場合は、syslog に出力されますので、syslog 経由でエラーの発生状況を監視することになるかと。
Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

1月 21st, 2018 at 3:43 pm

Posted in SQL Server

Tagged with , ,