SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Server 2014 の最新 CU 適用による v12 への bacpac インポート

without comments

SQL Server 2014 の最新の CU では bacpac 連携機能機能が更新されています。
CU5 以降で更新されていたかもしれませんが、今回は CU6 を使用しています。

最新の CU では DacFx の強化も含まれているようです。
SQL Server Management Studio 2014 用の累積更新プログラム 6
MicrosoftR SQL ServerR データ層アプリケーション フレームワーク (2015 年 2 月)

CU を適用する前は、以前のバージョンの「Web」「ビジネス」としてのインポートのみが対応されていた状態となります。
image

SQL Server 2014 に最新の CU を適用した場合は、以下のように bacpac のインポートで選べるエディションが変わってきます。
# v12 のエディション体系となっていますが、S3 が含まれていないようですね。
image

新しいエディションでインポートをする場合には、最新の CU を適用して使用するとよいかと。

v12 でサポートされたヒープのテーブルについても bacpac でエクスポートできるようになっていますので、SQL Server 間の移行も柔軟にできそうですね。

Written by Masayuki.Ozawa

4月 12th, 2015 at 12:41 pm

Posted in SQL Database

Tagged with

Leave a Reply