SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘WSFC’ tag

Windows Server 2016 以降の WSFC の検疫状態について

leave a comment

久しぶりに Windows で AlwaysOn 可用性グループを組んでいて WSFC のノードを検疫状態にしてしまったので覚書を。

Windows Server 2016 / 2019 の WSFC の新機能については フェールオーバー クラスタリングの新機能 で解説が行われています。

Windows Server 2016 では 仮想マシンの回復性 として、「異常なノードの検疫」という機能が追加されています。

異常なノードの検疫: 異常なノードは検疫され、クラスターへの参加は許可されなくなりました。 これにより、フラッピングノードが他のノードやクラスター全体に悪影響を及ぼすのを防ぐことができます。

この機能により、異常なノードについてはノードのステータスが「検疫」となり、一定時間、クラスターへの参加が許可されない状態となります。

image

詳細については Virtual Machine Compute Resiliency in Windows Server 2016 で解説が行われています。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

4月 22nd, 2020 at 10:47 pm

Posted in Windows Server,WSFC

Tagged with ,

Windows Server 2019 の WSFC の機能拡張

leave a comment

Windows Server Failover Cluster (WSFC) は、SQL Server on Windows のクラスターのテクノロジーとしても使用されており、OS のアップグレードによってどのような変更が行われるかを把握しておく必要があるのですが、Windows Server 2019 でも WSFC の機能拡張が行われています。
Windows Server 2019 Insider Preview ビルドの新機能とは
Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

9月 17th, 2018 at 12:49 pm

Posted in Windows Server

Tagged with ,

Active Directory モジュールのコマンドレットを使用せずにクラスターで使用するコンピューターアカウントを作成する

leave a comment

Active Directory の操作をする場合、最近の情報では、Active Directory モジュールのコマンドレットを使用するケースが多いかと思います。
環境によっては、AD 用のコマンドレットをインストールせずに AD の操作をする必要も出てくるかと。
クラスターを構築する場合、コンピューターアカウントの作成で、AD の操作をする必要がありますので、簡単なサンプルを。
更新プログラムの適用状況によっては、以下の対応が必要となることもありそうです。
# コンピューターアカウントの作成時点で、UserAccountControl を適切にを設定していないと、primaryGroupID が User になってしまう現象が。
Problem with Active Directory patch MS15-96?
[MS15-096] Active Directory サービスの脆弱性により、サービス拒否が起こる (2015 年 9 月 8 日)
この辺も参考に
Create Active Directory Computer Object
Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

10月 22nd, 2016 at 5:48 pm

Posted in Windows Server

Tagged with

非対称ストレージを使用したクォーラムの設定

leave a comment

今まで設定したことがなかったのですが、Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2 SP1 に以下の Htofix を適用した環境では、クラスターで非対称ストレージ (非対称ディスク) を使用することができます。

2012 以降ではデフォルトで利用できるようですね。

Hotfix to add support for asymmetric storages to the Failover Cluster Management MMC snap-in for a failover cluster that is running Windows Server 2008 or Windows Server 2008 R2

軽く試してみた内容をまとめてみたいと思います。
ドキュメントとしては、以下が参考になります。
WSFC クォーラム モードと投票の構成 (SQL Server)
Building a High Availability and Disaster Recovery Solution by Using Failover Cluster Instances and Availability Groups
Configure and Manage the Quorum in a Windows Server 2012 Failover Cluster
Failover Cluster Step-by-Step Guide: Configuring the Quorum in a Failover Cluster
SQL Server HA and DR Design Patterns, Architectures, and Best Practices Using Microsoft SQL Server 2012 AlwaysOn

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

3月 19th, 2016 at 8:49 pm

クラスターの障害テスト時の最大エラー数の上限に達したかの確認

2 comments

クラスターの障害テストを実施する際に、意図的に障害状態とするために「エラーのシミュレート」を使用してテストをすることがあるかと思います。

連続したテストを実施している場合、「指定した期間内の最大エラー数」と「期間 (時間)」の設定の制限で、フェールオーバーしないことがあるかと思います。
image

フェールオーバーしなかったときに、上限に達したのでフェールオーバーしなかったかの確認の方法を。

 

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

1月 28th, 2016 at 11:18 pm

Posted in MSCS/WSFC(MSFC)

Tagged with

Windows Server 2012 で追加されたクラスター化されたタスクスケジューラーのジョブについて

leave a comment

クラスターのプライマリで動作させる必要のあるジョブをタスクスケジューラー等で実装する場合、作成したスクリプト内で判断して組むようにしていることが多かったので使う機会がなく、まとめたことがなかったのですが、ちょっと気になったので。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

1月 18th, 2016 at 8:57 pm

Posted in Windows Server

Tagged with

TP3 の ワークグループ環境での WSFC の構築

leave a comment

われらが Azure界の抱かれたい男No.1 こと ぶちさんが Windows Server 2016 & System Center 2016 Technical Preview 3 ほか で紹介されていますが、TP3 が提供されました。
クラスター系の大きな更新として、Workgroup and Multi-domain clusters in Windows Server 2016? が TP3 で追加されているようです。
TP3 全体の機能については Windows Server 2016 Technical Preview 3、TP3 で追加された機能については、What’s New in Windows Server 2016 Technical Preview 3、ワークグループ環境での WSFC については、Workgroup and Multi-domain clusters を参照するとよいかと。
Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

8月 20th, 2015 at 8:53 am