SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Database Managed Instance の初期の照合順序について

leave a comment

本投稿は 2018/4 時点の Public Preview の内容です。
一般提供開始時には変更されている可能性があります。

SQL Database Managed Instance (MI) の作成時の UI は下の画像のようにシンプルな構成となっています。

image

SQL Database を使用されている方だと、ピンとくるかもしれませんが、「照合順序」の設定が存在していません。
本投稿では、MI の照合順序について触れてみたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

4月 20th, 2018 at 12:17 am

SQL Database Managed Instance のユーザーデータベース構成について

leave a comment

本投稿は 2018/4 時点の Public Preview の内容です。
一般提供開始時には変更されている可能性があります。

SQL Database Managed Instance (MI) は、インスタンスタイプのマネージドサービスのため、ユーザーが自由にデータベースを作成することが可能です。

しかし、単純にデータベースを作成すれば、インスタンスで最大限の性能を引き出すことができるかというと、汎用目的のサービス階層については、そういうわけではありません。

MI に適したデータベースの構成というものについては意識をしておく必要があります。

本投稿ではそれらについてまとめていきたいと思います。
(本投稿の内容は、「汎用目的 (汎用サービス階層) の場合」となります。ビジネスクリティカルについては本投稿とは異なる傾向になるかと思います。)

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

4月 19th, 2018 at 10:38 pm

SQL Database Managed Instance を配置する仮想ネットワークの構成について

leave a comment

本投稿は 2018/4 時点の Public Preview の内容です。
一般提供開始時には変更されている可能性があります。

SQL Database Managed Instance (MI) について色々と情報を発信していきたいと思います。

最初のポイントとしては MI を配置する仮想ネットワークについて、まとめてみたいかと。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

4月 18th, 2018 at 11:49 pm

PowerShell Core 6.0 に一部対応した SqlServer モジュールの提供が開始されました

leave a comment

クロスプラットフォームに対応した PowerShell である、PowerShell Core 6.0 に一部対応した SQL Server 用のモジュール (SqlServer) の提供が開始されました。

SQL Server 向けの PowerShell については、SSMS 17.0 以降は、PowerShell ギャラリーからインストールを行う方法に代わっています。

SQL Server PowerShell モジュールのインストール

最新版の SQL Server PowerShell モジュールである version 21.0.17240 から、PowerShell 6 Support が含まれるようになりました。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

4月 15th, 2018 at 10:14 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

SQL Database の DTU と vCore をざっくり比較してみる

leave a comment

先日発表された、SQL Database の vCore モデルと従来型の DTU モデルの比較を。
内容としては次の情報の内容をベースとしています。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

4月 9th, 2018 at 10:57 pm

Posted in SQL Database

Tagged with

SQL Database で様々なアップデートが発表されています (2018/4/5)

leave a comment

実際の動作までは確認できていないのですが、SQL Database で様々なアップデートが発表されました。

それぞれについて、ざっくりとみていきたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

4月 5th, 2018 at 10:35 pm

Posted in SQL Database

Tagged with

sys.dm_os_performance_counters でパフォーマンスモニターの情報を取得する際のポイント

leave a comment

何年も前に書いた sys.dm_os_performance_counters の情報取得時の注意点 の補足になります。
なぜ、このタイミングで改めて書いたかというと、sys.dm_os_performance_counters は、SQL Server on Linux で SQL Server のパフォーマンスを確認する際に重要な DMV となるからです。
SQL Database で情報を確認する場合にもこの DMV は重要となりますので、値の成型方法は覚えておいて損はないかと。

詳細については、次の情報も併せて確認してください。

取得用のクエリについては sys.dm_os_performance_counters の加工.sql で、私が作ったものを公開していますので、ご参考になれば。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

4月 1st, 2018 at 11:35 pm

Posted in SQL Server

Tagged with

Azure Virtual Machine のシリアルコンソール (Preview) を Windows で使用する際の覚書

leave a comment

Public preview: Virtual machine serial console でアナウンスがありましたが、Azure VM のシリアルコンソール接続が Public Preview となりました。

ドキュメントについては Virtual machine serial console (preview) から確認できます。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

3月 27th, 2018 at 10:06 pm

Posted in Microsoft Azure

Tagged with

SQL Server on Linux の商用の可用性ソリューション HPE Serviceguard の情報が公開されています

leave a comment

SQL Server on Linux の高可用性ソリューションとしては Pacemaker がドキュメントに記載されているものとなりますが、OSS のため、ベンダーサポートが必要となる環境では利用が難しいケースがあるかもしれません。
(Pacemaker で使用する SQL Server 向けのエージェントについては mssql-server-ha でソースが公開されています)

パートナーから提供されている SQL Server on Linux のソリューションについては、SQL Server の高可用性とディザスター リカバリーのパートナー で公開されており、RHEL / SUSE で使用することができる HPE Serviceguard の各種情報が公開されていました。

Serviceguard は、共有ディスク型の AlwaysOn フェールオーバークラスター と AlwaysOn 可用性グループの両方に対応したソリューションとなっているようです。

実際の動作については、デモ動画が公開されています。

デモだけでなく、ドキュメントも公開されています。

ベンダーサポートが必要となった場合の可用性のソリューションとして覚えておくとよさそうですね。

パッと見た感じ、トライアルが見当たらなかったのですが、トライアルライセンスとかないですかね…。
あれば、どのような動作になるか検証して情報発信したいなと思ったのですが。

Written by masayuki.ozawa

3月 22nd, 2018 at 10:43 pm

次の LTSC のサーバー OS となる Windows Server 2019 の Preview 版が公開されました

leave a comment

2018/3 時点の LTSC (Long-Term Servicing Channel) の OS は、Windows Server 2016 ですが、次の LTSC のサーバー OS となる Windows Server 2019 の情報がひょっこり公開されました。

Introducing Windows Server 2019 – now available in preview

Windows Insider Program からダウンロードすることができ、今回公開された Preview の時点で、日本語版も公開されていました。下の画像が winver の結果となりますが、現時点では Version 1803 なのですね。

image

 

今の Windows Server は、半期チャネル (Semi-Annual Channel) と、長期サービスチャネル (Long-Term Servicing Channel) の 2 種類のチャネルがあり、多くの企業では、デスクトップエクスペリエンスがついており、メインストリームサポートが 5 年間ある、LTSC を使うことになるではないでしょうか。

Windows Server 1709 の情報も全く追えていなかったので、Windows Server 2019 の公開情報を軽く整理しておこうかと。

といっても、冒頭に紹介したブログの記事の内容を自分で読み砕いただけですが。。。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

3月 21st, 2018 at 3:25 pm