SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Babelfish for Aurora PostgreSQL の一般提供が開始されたので触ってみました

leave a comment

以前、Babelfish for Amazon Aurora PostgreSQL が面白そうなので調べてみる で書いた、Aurora PostgreSQL で SQL Server の TDS を処理することができる、Babelfish の一般提供が開始されました。

Babelfish を使用すると、Aurora PostgreSQL に、SSMS のクエリエディターで接続して @@version を実行したりと、SQL Server 向けのワークロードを PostgreSQL 上で実現することができるようになります。

image

次の記事で、なかなかにインパクトのあるタイトルでアナウンスが行われています。

 

今では Private Preview でしか情報の公開が行われていませんでしたが、一般提供が開始されたことで、Babelfish for Aurora PostgreSQL の実際の利用 / 様々なドキュメント / Babelfish のソースコードの提供が開始されています。

ドキュメントについては、

で公開されており、ソースコードや、ソースコードに関連するサイトについてはこちらになるかと。

Babelfish は Aurora PostgreSQL だけでなく、通常の PostgreSQL でも導入することができますので、今後どのように広がっていくのかが楽しみですね。

軽く触ってみながら、いくつか情報をまとめておきたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

10月 31st, 2021 at 10:06 pm

Posted in AWS,Babelfish,PostgreSQL

Tagged with , ,

Azure Arc Enabled Managed Instance の間接接続のログをデコードする

leave a comment

Azure Arc Enabled Managed Instance を「間接モード」で実行している場合、Azure との連携はファイルベースで実施する必要があり、連携用のファイルをエクスポートして Azure にアップロードするという作業が必要となります。(直接接続モードの場合は自動的に収集とアップロードが実施されます)

アップロード対象の情報は「使用状況 (usage)」「メトリック (metrics)」「ログ (logs)」の 3 種類があり、それぞれのエクスポート用のサブコマンドでファイルを出力し、アップロードを実施します。

このエクスポートデータの中の「ログ」について、調査する機会があったのでその時の作業内容を残しておきたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

10月 21st, 2021 at 8:48 pm

Posted in 未分類

PowerShell 実践ガイドブック の Kindle 版が更新されたとのことなのでアップデートしてみる

leave a comment

PowerShell 実践ガイドブックを読みました で投稿を書いた PowerShell 実践ガイドブックの Kindle 版がアップデートされたとのことなので、さっそくアップデートしてみました。

以前、Kindle 版で PowerShell 実践ガイドブックを購入していた場合、現時点 (2021/10/21 時点) でアップデートできると思います。

Kindle 本のアップデートですが、Kindle本のバージョンをアップデートする に記載されているアップデート方法で、アップデートできるという認識だったのですが私の環境ではアップデートすることができませんでした。(一度端末から書籍を削除して、再度ダウンロードしてもアップデートされませんでした)

そこで、カスタマーサービス のチャットから、https://www.amazon.co.jp/dp/B07D73G2X7 の書籍の更新が行われているはずであるため、アップデートしたいことを伝えたところ、最新版である初版第5刷が配布されてきました。

image

カスタマーサービスで対応してくださった方に聞いてみたところ、通常、Kindle 本のバージョンをアップデートするに記載されている、コンテンツと端末の管理 からアップデートできるはずなのですが、まれにアップデートできないことがあり、その場合はカスタマーセンターに連絡してアップデートをしてもらうことになるということでしたので、今回実施した対応であっていたようです。

  • Kindle に既にダウンロードしている書籍を「端末から削除」して再度開いてもアップデートされない
  • コンテンツと端末の管理 で PowerShell 実践ガイドブックを表示してもアップデートが表示されない

というような状態になっている場合には、

ことを伝えると、カスタマーサービスでアップデートを実施してくれます。

その際、現在の書籍でブックマーク等を実施している場合はクリアされることが伝えらえると思いますので、それに同意すれば、最新版の配信が行われるかと思います。(私はこの流れで配信されました)

アップデートすることで、PowerShell 7 対応の内容の加筆分の確認や、今までは目次が「見出し 1 レベル (章レベル)」までしか表示されなかったものが「見出し 2 レベル (節レベル)」まで表示されるようになっており、書籍の内容が大幅に充実していました。

更新されてありがたや、ありがたや ということで、また読み直したいと思います。

Written by Masayuki.Ozawa

10月 21st, 2021 at 8:11 am

Posted in PowerShell

Tagged with

AKS on Azure Stack HCI の v1.21.x 展開時に DNS の名前解決周りでハマった件について

leave a comment

自宅の検証環境に AKS on Azure Stack HCI の k8s の v1.21.x 系を展開した際に名前解決でハマった件について、記録を残しておきたいと思います。

解決ができているわけではないのですが、このようなことも起きるんだなということで現状の調査結果をまとめておこうかと。

v1.20.x 系では発生せず、v1.21.x 系の k8s を展開した際に発生していて、Kubernetes 力が低いこともあり、原因を把握するのにかなり手間がかかりました…。

SR でサポートの方とやり取りをさせていただいた中で、ログの取得方法等も連携いただいたのでその辺も含めてまとめておきたいと思います。

なお、本現象はうちの環境特有で標準的な環境では発生しないと思います。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

10月 20th, 2021 at 10:52 pm

Posted in kubernetes

Tagged with

Windows Server 2022 がサポートする SQL Server のバージョン

leave a comment

Windows Server 2022 がリリースされて数か月経過し、SQL Server のサポートバージョンについての情報が一通り更新されたようですのでまとめておこうかと。

結論を先に書いておくと SQL Server 2017 RTM 以降がサポート対象となり、SQL Server 2016 はサポートされないようです。

Windows Server 2022 のサポートライフサイクルについては、 こちら に記載されており、10 年間のサポートは次のようになっています。

  • メインストリームサポート終了 : 2026/10/13
  • 拡張サポート終了 : 2031/10/13

image

 

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

10月 19th, 2021 at 2:35 pm

Posted in SQL Server

Tagged with

Kubernetes と Azure AD の連携のメモ

leave a comment

最後まで設定はできていないのですが、Kubernetes と Azure AD (AAD) を連携する際に確認する情報のメモを。

連携が実施できると kubectl を実行した際の認証 / 認可に Azure AD を使用することができるようになるはずです。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

10月 11th, 2021 at 9:41 am

Posted in kubernetes

Tagged with

Hyper-V の仮想マシンとして Windows 11 を起動する

leave a comment

Windows 11 のシステム要件については、Windows 11 の仕様、機能、コンピューターの要件を確認する に記載されています。

システム要件として、

  • CPU コア数 : 2 コア
  • メモリ : 4GB
  • TPM : TPM 2.0

を満たす構成としておけば、Hyper-V の仮想マシン (ゲスト OS) として、Windows 11 の環境を構築することができます。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

10月 10th, 2021 at 10:15 pm

Posted in Windows 11

Tagged with

Share via
Copy link
Powered by Social Snap