SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Server の Azure 移行時の SKU Recommendation について

leave a comment

SQL Server を Azure に移行する場合、Azure 移行後にどの程度の性能が必要になるかの検討が必要となります。SQL Server では、Azure への移行後の性能を算出する方法として SKU Recommendation の機能が提供されています。

以前から Database Migration Assitant (DMA) で SKU Recommendation の機能が提供されていたのですが、先月 Public preview: SKU recommendation in Azure SQL Migration extension – Azure Data Studio というアナウンスが行われました。

Preview 機能となりますが、DMA で実行することができていた SKU Recommendation を Azure Data Studio でも実行することができるようになりました。

SKU Recommendation の機能については、DMA で初期に実装されていた機能からも変更が行われていますので、この機会にまとめておきたいと思います。

追記

投稿を書いた数日後に Generally available: Azure SQL Migration extension for Azure Data Studio で ADS の拡張機能の GA のアナウンスがありました。

 

DMA を使用した SKU Recommendation の実行

DMA の SKU Recommendation の機能ですが当初は、次のような機能を組み合わせて実行されていました。

  • SkuRecommendationDataCollectionScript.ps1
  • DmaCmd.exe

「SkuRecommendationDataCollectionScript.ps1」を実行して、SKU の推奨情報を取得するためのパフォーマンス情報を取得し、「DmaCmd.exe」で、SKU の推奨情報のレポートを作成するという流れで、当初は実装されていました。

現在の DMA では、SKU Recommendation の機能は「SqlAssessment.exe」に集約されています。このツールを使用することで、パフォーマンス情報の取得と、レポートの作成を実施することができるようになりました。

「PerfDataCollection」オプションで実行することでパフォーマンス情報の取得を行い、「GetSkURecommendation」オプションで実行することで取得したパフォーマンス情報を基にしてレポートを作成します。

cd "C:\Program Files\Microsoft Data Migration Assistant\SqlAssessmentConsole" 

SqlAssessment.exe PerfDataCollection --outputFolder C:\output

SqlAssessment.exe GetSkuRecommendation --outputFolder "C:\output" --targetPlatform "AzureSqlDatabase"
SqlAssessment.exe GetSkuRecommendation --outputFolder "C:\output" --targetPlatform "AzureSqlManagedInstance"
SqlAssessment.exe GetSkuRecommendation --outputFolder "C:\output" --targetPlatform "AzureSqlVirtualMachine"

 

次の 3 種類の環境で実行した場合の SKU の推奨情報を確認することができます。

  • Azure SQL Database
  • Azure SQL Managed Instance
  • SQL Server on Azure VM

実際に取得したレポートが以下になります。

image

以前は DTU / vCore モデルの両方の情報を出力することができたのですが、現在の DMA では、vCore モデルのみレポートを作成することができるようになっているようですね。

 

Azure Data Studio を使用した SKU Recommendation の実行

冒頭で紹介したアナウンスで記載されているように、DMA だけでなく、Azure Data Studio (ADS) でも SKU Recommendation の機能を使用することができるようになりました。

詳細については、次の情報で記載されています。

Azure Data Studio の SKU Recommendation は、Azure SQL Migration 拡張機能として実装が行われています。

image

Azure SQL Migration 拡張機能をインストールしている ADS では、サーバー接続後の「管理」に「Azure SQL の移行」が追加されます。

image

Azure SQL の移行のステップの中には、「Assesment results and recommendations」というステップがあり、このステップでは

  • 指定したディレクトリに 10 分間のパフォーマンスデータを取得して、SKU の推奨情報を出力
  • 既に存在しているパフォーマンスデータで SKU の推奨情報を出力

という、2 パターンで SKU Recommendation を実行することができます。

image

データの取得を実行した場合は、10 分間情報の取得を行い、その後、自動的に SKU の推奨情報が出力されます。

image

 

DMA と ADS で SKU Recommendation を相互に活用

DMA と ADS のどちらも SKU Recommendation の機能を持っていますが、推奨情報を算出するために使用しているパフォーマンスデータは同様のフォーマットとなっています。

DMA で取得したパフォーマンスデータを ADS で利用、またはその逆を実行することもでき、取得されているデータは相互に活用することができるようになっています。

現状、SQL Database の SKU Recomendation を取得できるのは、DMA のみとなっていますので、ADS で取得したデータを DMA で活用できるのはうれしいですね。

Written by Masayuki.Ozawa

4月 12th, 2022 at 11:48 pm

Posted in 未分類

Tagged with

Leave a Reply

Share via
Copy link
Powered by Social Snap