SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for 11月, 2017

SQL Server 2017 の自習書シリーズが公開されています

without comments

SQL Server の学習用コンテンツといえば「自習書シリーズ」ですが、SQL Server 2017 の自習書も公開されていました。

今回も SQLQuality さんが書かれており、今まで同様、とてもわかりやすい内容です!!
https://www.microsoft.com/ja-jp/cloud-platform/documents-search で、SQL Server のカテゴリを表示するとダウンロードできます。
本日、時点では、

  1. SQL Server 2017 の新機能の概要
  2. SQL Server 2017 on Linux

の 2 種類の自習書が公開されており、第三弾としては、「SQL Server 2017 Mahine Learning Services」編を執筆中とのことです。
新機能概要でも、Keras と SQL Server 2017 の ML Services の組み合わせについても触れられており、かなり面白い構成になっていそうですね。
自習書ではありませんが、SQL Server 2017 に対応した Oracle から SQL Server への移行ガイド も併せて公開されていますので、こちらも一読しておくとよさそうです。
SQL Server 2017 もリリースされて一か月以上たちましたので、これからどんどん新しい情報が出てきそうですね。

Written by Masayuki.Ozawa

11月 27th, 2017 at 8:09 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

SQL Server on Linux についての個人的な所感

without comments

SQL Server on Linux がリリースされて 1 か月以上経過しました。
SNS 等でも SQL Server on Linux について意見が上がってきています。
SQL Server on Linux についての個人的な所感を一度書いてみたいと思います。
Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

11月 20th, 2017 at 12:06 am

Posted in SQL Server

Tagged with ,

2017/11 時点の Azure Database Migration Service Public Preview を使ってみる

without comments

Azure Database Migration Service Public Preview が発表されました で、日本でもデプロイできることが確認できたので、Azure Database Migration Service (DMS) を検証してみました。
DMS のドキュメントについては、次の 2 種類を確認しておくとよいかと。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

11月 18th, 2017 at 10:36 pm

Azure Database Migration Service Public Preview が発表されました

without comments

Announcing the Azure Database Migration Service Public Preview! でアナウンスされましたが、データの移行を実施するためのサービスである、DMS の First Public Preview が公開されました。
価格については、https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/database-migration/ で公開されており、現状の Preview については、無償で利用可能なようです。
Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

11月 16th, 2017 at 8:02 am

SQL Operations Studio の First Public Preview がリリースされました

without comments

PASS Summit 2017 でアナウンスされていた通り、クロスプラットフォームに対応した無償の管理ツールである SQL Operations Studio (OpsStudio) の First Public Preview がリリースされていました。
SQL Operations Studio
GitHub で公開されており、Visual Studio Code と同様に、Electron ベースのツールとなっているようですね。
アナウンスは Announcing SQL Operations Studio for preview から。
ドキュメントについても公開されました。
What is Microsoft SQL Operations Studio (preview)?
使い方については、Connect(); 2017 の A lap around SQL Operations Studio, a new cross-platform SQL Server tool を参考にするとよさそうですね。
Windows / Mac / Linux のクロスプラットフォームに対応していますね。

Download SQL Operations Studio Public Preview 1

 

Platform Link
Windows https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=862648
macOS https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=862647
Linux https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=862646

インストーラーではなく XCopy deployment による、シンプルなファイル配置による導入となるようです。
(この用語自体懐かしい気がしますが)
VS Code は開発ツールとしてのクエリ実行のアドインでしたが、こちらは DB を触ることに注視したツールですので、管理 / 運用を実施するのに適したツールになるかと。
imageimage

Written by Masayuki.Ozawa

11月 15th, 2017 at 9:55 pm

Posted in SQL Server

Tagged with

単純な Sleep 以外で SQL Server のコンテナーを起動してみる

without comments

https://github.com/twright-msft/mssql-node-docker-demo-app/blob/master/import-data.sh では、単純に 90 秒の Sleep で制御をしていましたが、バックアップのリストア等をしながらコンテナーを起動する場合に、処理タイミングを見計らって実行してみたかったので、作ってみました。

https://github.com/MasayukiOzawa/SQLServer-Util/tree/master/Docker/Dockerfile
処理としては、WWI のデータベースを取得してコンテナーを起動するような内容となっています。
dockerfile では、COPY をコメント化していますが、コンテナーホストからファイルをコピーした場合は、ダウンロードはせずに、コピーしたバックアップファイルを使用するようにしています。
次のようなコマンドで実行することができるかと。

docker build -t sqlserver .
docker run -d --name sqlcontainer -d -p 1433:1433 sqlserver
docker logs -f --tail 10 sqlcontainer

 
起動したコンテナーでは次のように WWI が存在した状態となっています。
image
エディションやロケールについても設定をするようにしていますのでご参考になれば幸いです。

Written by Masayuki.Ozawa

11月 14th, 2017 at 10:35 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

Tech Summit 2017 の資料を公開しました

without comments

Tech Summit 2017 では、SQL Server 2017 事始め ~ 進化を続ける SQL Server の最新情報を一挙紹介というセッションを担当させていただきました。
後日、公式のページから資料はダウンロード可能になるはずですが、現状のファイルを確認できるように公開させていただきました。

SQL Server 2017 を利用しようとした際のご参考になれば幸いです。

Written by Masayuki.Ozawa

11月 9th, 2017 at 1:22 pm

Posted in SQL Server

Tagged with