SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for 4月 3rd, 2017

SQL Server v.Next の 「140」「VSS」 の照合順序を試してみる

without comments

SQL Server v.Next では「140」と「_VSS」という照合順序が追加されています。
# Variation selector Sensitive の略でしょうかね。
照合順序と Unicode のサポート を見ていたところ、VSS について記載が追加されていました。

バリエーションの選択を区別する (_VSS)
SQL Server vNext から導入された日本語の照合順序 Japanese_Bushu_Kakusu_140 と Japanese_XJIS_140 で多様な表意文字のバリエーションの選択を区別します。 バリエーションのシーケンスは、基本文字と追加のバリエーションの選択で構成されます。 この _VSS オプションが選択されていない場合、照合順序はバリエーションの選択が区別されず、バリエーションの選択は比較で考慮されません。 つまり、SQL Server では、並べ替えが同じになるように、バリエーションの選択が異なる同じ基本文字に基づいて構築された文字を考慮しています。 「Unicode Ideographic Variation Database」 (Unicode 表意文字のバリエーション データベース) も参照してください。
異体字セレクターを区別する (_VSS) 照合順序は、全文検索インデックスではサポートされていません。 全文検索インデックスでは、アクセントを区別する (_AS)、かなを区別する (_KS)、文字幅を区別する (_WS) オプションのみがサポートされます。 SQL Server XML と CLR のエンジンでは、(_VSS) 異体字セレクターはサポートされていません。

 
異体字セレクターの 基本文字 + 追加のバリエーションの文字が考慮されるとのことですので少し試してみました。
異体字セレクターについては、以下を見るとよさそうです。
 https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms143726.aspx
 http://unicode.org/ivd/
 http://www.mirai-ii.co.jp/moji/ivs.html
Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

4月 3rd, 2017 at 10:36 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,