SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘SQLServer’ tag

HADR_THROTTLE_LOG_RATE_MISMATCHED_SLO によるトランザクションログの書き込み性能の低下について

leave a comment

2019/6 に SQL Database の変更が入り、Geo レプリケーションが有効な環境で異なるサービスレベルを使用している場合に、プライマリサーバーの更新に Geo セカンダリサーバーが追いつけなくなると性能調整が行われるようになりました。

この調整が発生すると、どのような I/O 傾向になるのかを把握しておくことは重要です。

Geo レプリケーションのセカンダリが下に構成されているときに発生しますプライマリよりもサイズ (低い SLO) を計算します。 プライマリ データベースは、遅延のログの使用量のため、セカンダリで調整されます。 これは、セカンダリ データベースの変更率が、プライマリ データベースの遅れが不足しているコンピューティング容量を持つことが原因です。

となっているので、ドキュメント上は、プライマリと Geo セカンダリの性能を変えている (Geo セカンダリの方の性能を下に設定している) 場合に、調整が行われる可能性が出てきます。

本投稿では、調整が発生することで、どのような I/O 性能の低下を招くかを見てみたいと思います。

今回、検証で使用したスクリプトについては https://gist.github.com/MasayukiOzawa/e3a2ff81628d074eacf4664e36d5ecfb に残してありますので、興味のある方はカスタマイズして試していただければ。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

9月 15th, 2019 at 5:03 pm

SQL Server 2016 で Temporal Table と Stretch Database を組み合わせて使用する

leave a comment

SQL Server 2016 の Temporal Table と Stretch Database は組み合わせることが可能です。
組み合わせることで、

  • Temporal Table の履歴テーブルを Stretch Database により SQL Database に格納する

というようなことができます。

Stretch Database
Stretch Database の概要

設定までの流れを軽く見ていきたいと思います。

なお、今回は  SQL Server 2016 RC1 を使用していますが、RC1 の Stretch Databas は RC0 とは異なり、SQL Server Stretch Database が使用されるのがデフォルトの動作となっています。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

3月 21st, 2016 at 4:11 pm