SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘SQL Server’ tag

SQL Server の 拡張セキュリティ更新プログラム (ESU) についての関連情報

leave a comment

SQL Server 2008 / R2 の サポート終了による「拡張セキュリティ更新プログラム : Extended Security Update (ESU)」の提供に伴い、様々なアナウンスや情報が公開されています。

情報がかなり散在していますので、各機能を確認する前に全体的にまとめてみました。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

7月 13th, 2019 at 4:54 pm

SQL Server IaaS Agent 拡張機能の構成に変更があります

leave a comment

Benefit from Resource Provider registration when self-installing SQL Server on Azure Virtual Machine でアナウンスがされていますが、Azure VM 上で SQL Server を実行する際に、運用の利便性を向上させることが可能な SQL Server IaaS Agent 拡張機能の構成に変更がありました。

これも 拡張セキュリティアップデート (ESU : Extended Security Updates) の対応の一環なのかなと。
(今回のアップデートにより、ライセンス切り替えの方法が柔軟に行えるようになります)

詳細は Automate management tasks on Azure Virtual Machines with the SQL Server IaaS Agent Extension / Register SQL Server virtual machine in Azure with the SQL VM resource provider から確認できます。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

7月 10th, 2019 at 12:30 am

Posted in SQL Server

Tagged with

Windows Server 2008 R2 + SQL Server 2008 R2 の Azure VM の DB バックアップを Azure Backup で取得してみる

leave a comment

先月、パブリック プレビュー:Azure Virtual Machines での SQL Server 2008 および 2008 R2 に対する Backup のサポート でアナウンスされましたが、SQL Server 2008 / R2 の Azure VM の AzureBackup による SQL Server のデータベースバックアップがプレビューでサポートされました。

SQL Server 2008 / R2 のサポートは本日 (2019/7/9) で終了となり、今後、拡張セキュリティアップデート (ESU : Extended Security Updates) の対応として、Azure の仮想マシンで SQL Server を動作させることもあるのかもしれません。

そのような場合に、バックアップとして Azure Backup の利用は検討した方が良いのではないでしょうか。

それでは、実際に試してみたいと思います。

関連するドキュメントとしては Give SQL sysadmin permissions for SQL 2008 and SQL 2008 R2 になります。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

7月 9th, 2019 at 11:17 pm

MongoDB BI Connector を使用して、SQL Server 経由で MongoDB のデータにアクセスを行ってみる

leave a comment

SQL Server の T-SQL 経由で、MongoDB のデータを参照するための方法はいくつかあると思いますが、MongoDB 社が提供している MongoDB BI Connector 経由でアクセスする方法をまとめてみたいと思います。

MongoDB BI Connector がサポートしている MongoDB のバージョンが 3.2 以降となっていますので、対応バージョンは、このバージョン以降となります。

Note

The MongoDB Connector for BI and associated utilities are compatible only with MongoDB server version 3.2 or greater.

今回の MongoDB BI Connector では「BI ツールに MongoDB のデータを読み取りアクセスさせるために利用」することとなり、変更系のアクセスはできません

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

7月 7th, 2019 at 9:44 pm

Posted in MongoDB,SQL Server

Tagged with ,

SQL Server 2019 CTP 3.1 で追加された OPTIMIZE_FOR_SEQUENTIAL_KEY の効果を確認してみる

leave a comment

SQL Server 2019 CTP 3.1 のデータベースエンジンの新機能として「OPTIMIZE_FOR_SEQUENTIAL_KEY」というインデックスのオプションが追加されました。

image

このオプションは、インデックスへの挿入を行う際に発生する Last page insert によるページラッチの競合を改善する効果のあるオプションとなっています。

詳細については、CREATE INDEX のヘルプの Sequential Keys に記載されています。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

7月 1st, 2019 at 12:15 am

Posted in SQL Server

Tagged with ,

SQL Server 2019 CTP 3.1 のリリースノートが公開されました

leave a comment

投稿を書いている時点ではモジュールはまだ公開されていないようですが、SQL Server 2019 CTP 3.1 のリリースノートが公開されていました。

追記

公式アナウンスありました。
SQL Server 2019 community technology preview 3.1 is now availabl

データベースエンジンとしては、次のような機能が追加されているようです。

データベースエンジン

  • 暗号化列にインデックスを付与
  • セットアップ時に最大 / 最小メモリを設定可能
    • 従来までの SQL Server では、セットアップ後に最大 / 最小メモリを設定していましたが、今回からセットアップ時に設定ができるようになったようです。
      MAXDOP についても設定ができるようになったようです。
      • tempdb のように推奨オプションが指定される形で手動変更も可能という設定となったようですね。
    • Setting the memory options manually
  • グラフテーブルの最短パス用の関数の追加
  • グラフテーブルのパーティションテーブル / インデックスのサポート
    • グラフテーブルでパーティショニングが使用できるようになったようです。
  • 最終ページ挿入を改善するための新しいインデックスオプション
    • インデックスに OPTIMIZE_FOR_SEQUENTIAL_KEY オプションが新しく追加されました。
    • ID や現在の日付時刻が設定されている場合、複数スレッドによる最終ページのへの INSERT によって、PAGELATCH_EX の競合が発生することがあります。
      この競合を解消することができるオプションとして OPTIMIZE_FOR_SEQUENTIAL_KEY オプションが追加されたようです。
  • SQL Server on Linux の tempdb の自動的な分割
    • 2017 の SQL Server on Linux では、tempdb の自動的な分割は行われなかったのですが、2019 CTP 3.1 から分割されるようです。

Big Data Cluster

ビッグデータクラスター周りは例のごとく、かなり変更が加わっています。

  • mssqlctl コマンドの変更
    • 新しい CTP のリリースごとにコマンド体系が変わる mssqlctl ですが、今回も変わりました。
    • mssqlctl cluster → mssqlctl bdc に変更
      • クラスターのステータスを確認するためのコマンドとして mssqlctl bdc status が追加されているようです。
      • これに伴いまさかの管理ポータルの廃止が…。
        • Kibana / Grafana のダッシュボードは個別にエンドポイントがあるようなので、そこから状況は確認できるようですが。
  • Spark コンピューティングプール
    • 今までの Big Data Cluster は、ストレージプールの HDFS は Spark と相乗りだったのですが、Spark 部分を切り離して、個別にスケールできるようになったようです。
    • Configure storage without spark
  • MSSQL Spark コネクタ
    • データプールの外部テーブルに読み取りだけでなく、書き込みもできるようになったようです。
  • MLeap を使用した機械学習

Written by masayuki.ozawa

6月 26th, 2019 at 11:42 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

メモリ最適化 tempdb メタデータについて (CTP 3.0 時点の動作)

leave a comment

SQL Server 2019 CTP 3.0 から、tempdb のメタデータをメモリ最適化テーブルを使用することができるようになりました。

Hekatonized Tempdb と呼んでいる方もいるようですね。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

6月 19th, 2019 at 12:34 am

Posted in SQL Server

Tagged with ,

vPMEM についてのメモ

leave a comment

Azure VM をデプロイしようとしたところ、次のような表示になっていて気づきました。
image

Gen2 VM については、「vPMEM」という表示があり、情報としては去年から出ていたようなのですが、Hyper-V の最新の仮想マシンでは、Persistent Memory を仮想マシン上で使用するための vPMEM という機能があるのですね。

Windows Server バージョン 1709 の新機能 ですでに公開されていたようなのですが、全くキャッチアップできていませんでした。

有効にするための方法については HYPER-V Vm の永続的なメモリ デバイスを構成するためのコマンドレット で記載されています。

PMEM 上に「vhdpmem」という拡張子のファイルを作成し、仮想マシンに追加した PMEM のコントローラーにそのファイルをディスクとして追加することで、仮想マシン上で PMEM の利用を可能とするというようなアプローチのようです。
(通常のディスク上にも vhdpmem ファイルを作成することはできますが、残念ながら通常のディスク上に作成しても、接続した仮想マシンを起動することはできませんでした)

VMWare にも vPMEM の考え方があるようで、各社仮想マシンで PMEM を利用するアプローチが進められているようですね。

Hyper-V の PMEM 対応については、Windows Support for PM – SNIA が詳しそうです。

去年、GCP が PMEM 対応のアナウンスを行っていたことは記憶にあったのですが、Gen2 VM に表示があるということは、Azure でもそのうち PMEM が利用できる VM が提供されるのかもしれないですね。

Written by masayuki.ozawa

6月 17th, 2019 at 10:37 pm

Posted in Hyper-V,SQL Server

Tagged with ,

SQL Database の更新情報 (2019/6/13 版)

leave a comment

6/12 にいくつかの更新が発表されていましたのでまとめて確認しておこうかと。

Advanced Data Security available for SQL Server on Azure Virtual Machines

SQL Server on Azure VM で高度なデータセキュリティ機能が利用可能になりました。
SQL Database では以前から実装されていますが、この技術が IaaS の SQL Server でも使用できるようですね。

機能としては、次の 2 種類が使用できるようになるようです。

  • 脆弱性評価
  • 高度な脅威検知

次のような情報も併せて公開されていますね。

脅威検知については、現状は、通常とは異なるアクセスについての検知が利用できるようですが、SQL インジェクションのようなクエリ実行に対しての検知の提供も準備されているようですね。

 

Azure SQL Database Managed Instance でリージョンのリソース制限のサポートが拡大されました

Managed Instance はサブスクリプション内にデプロイできる数がかなり少なく制限されていたのですが、この制限が緩和されたようです。

image

以前はこのような制約でしたが、結構緩和されていますね。

image

最新のリソース制限については こちら を確認していただければ。

 

General availability: 4 vCore Azure SQL Database managed instances on Gen5 hardware

Gen5 については 4 コアモデルの提供が開始されました。
価格の情報リソース制限 の情報も更新されています。

4 コアモデルであれば、今までと比べるとかなりやすく使用できますね。
デモがやりやすくなりうれしい限りです。

 

Dev/test pricing option for individual Visual Studio subscribers is now available for Azure SQL Database managed instance

こちらもうれしい情報なのですが、Visual Studio サブスクリプションについている Azure サブスクリプションで、Managed Insance が利用できるようになりました。

さらに「開発テスト用従量課金プラン」と同様に 55% ディスカウントされた金額で利用できますので、検証時の費用は結構抑えられそうです。

 

Azure SQL Database default configuration changing soon

新しいデータベースを作成した際のデフォルトの構成が汎用目的 / 2 vCore / Gen5 のモデルとなりました。
オプションを何も設定せずに CREATE DATABASE すると次のような DB で作成されます。
image

Written by masayuki.ozawa

6月 13th, 2019 at 11:26 pm

Datadog を使用して SQL Server のメトリクスを取得する際の覚書

leave a comment

Datadog のエージェントには、標準で SQL Server のメトリクスを取得するための、Integration が含まれています。

軽く触ってみた際の覚書を。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

6月 9th, 2019 at 11:32 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,