SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘Managed Instance’ tag

SQL Database Managed Instance のネイティブバックアップの取得について

without comments

本投稿は 2018/4 時点の Public Preview の内容です。
一般提供開始時には変更されている可能性があります。

前回の投稿では、SQL Server のネイティブバックアップのリストアについて書きました。
SQL Database Managed Instance (MI) は、SQL Server のネイティブバックアップをリストアできるだけでなく、MI からネイティブバックアップを取得することができるようになっています。
今回は MI のネイティブバックアップの取得について見ていきます。
Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

4月 21st, 2018 at 4:14 pm

SQL Database Managed Instance のネイティブバックアップのリストアについて

without comments

本投稿は 2018/4 時点の Public Preview の内容です。
一般提供開始時には変更されている可能性があります。

SQL Database Managed Instance (MI) の大きな特徴の一つとして「ネイティブバックアップのリストア」をする機能があります。
ネイティブバックアップとは、オンプレミスの SQL Server で取得されているバックアップのことを指します。
従来から提供されている PaaS 型の SQL Server ベースの RDBMS である「Azure SQL Database」「Azure SQL Data Warehouse」では、ネイティブバックアップのリストアはサポートされていませんでした。
そのため、SQL Server のデータベースを移行しようとした場合、

  • スキーマ / データをエクスポートしたものをベースにして移行を検討
  • BACPAC ファイルで移行

というような手法をとる必要がありました。
しかし、大規模なデータベースの場合、これらの方法は効率的ではありませんし、何回も移行をするという作業には適していませんでした。
この辺がネックになり、PaaS ではなく、IaaS の「SQL Server on Azure VM」を採用したというケースもあるのではないでしょうか。
このような現状に対して「SQL Database Managed Instance」は、オンプレミスの SQL Server のバックアップをリストア可能にしています。
これにより、PaaS で提供されているデータベースへの「リフト & シフト」を容易にしているというのが特徴としてあります。
リストア可能なデータベースは「ユーザーデータベース」のみとなっており、システムデータベースはリストアすることができません。
そのため、ログインや SQL Server Agent のジョブの情報についてはスクリプトでの移行を検討する必要があります。
それでは、ユーザーデータベースのリストアを、どのように実施するのか、流れを見ていきましょう。
Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

4月 21st, 2018 at 11:17 am

SQL Database Managed Instance の初期の照合順序について

without comments

本投稿は 2018/4 時点の Public Preview の内容です。
一般提供開始時には変更されている可能性があります。

SQL Database Managed Instance (MI) の作成時の UI は下の画像のようにシンプルな構成となっています。
image
SQL Database を使用されている方だと、ピンとくるかもしれませんが、「照合順序」の設定が存在していません。
本投稿では、MI の照合順序について触れてみたいと思います。
Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

4月 20th, 2018 at 12:17 am

SQL Database Managed Instance のユーザーデータベース構成について

without comments

本投稿は 2018/4 時点の Public Preview の内容です。
一般提供開始時には変更されている可能性があります。

SQL Database Managed Instance (MI) は、インスタンスタイプのマネージドサービスのため、ユーザーが自由にデータベースを作成することが可能です。
しかし、単純にデータベースを作成すれば、インスタンスで最大限の性能を引き出すことができるかというと、汎用目的のサービス階層については、そういうわけではありません。
MI に適したデータベースの構成というものについては意識をしておく必要があります。
本投稿ではそれらについてまとめていきたいと思います。
(本投稿の内容は、「汎用目的 (汎用サービス階層) の場合」となります。ビジネスクリティカルについては本投稿とは異なる傾向になるかと思います。)
Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

4月 19th, 2018 at 10:38 pm

SQL Database Managed Instance を配置する仮想ネットワークの構成について

without comments

本投稿は 2018/4 時点の Public Preview の内容です。
一般提供開始時には変更されている可能性があります。

SQL Database Managed Instance (MI) について色々と情報を発信していきたいと思います。
最初のポイントとしては MI を配置する仮想ネットワークについて、まとめてみたいかと。
Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

4月 18th, 2018 at 11:49 pm

SQL Database Managed Instance の各種情報を集めてみる ? その 2 ?

without comments

SQL Database Managed Instance の各種情報を集めてみる ? その 1 ? の続きです。

前回は、SQL Database Managed Instance (MI) の特徴をざっくりとまとめてみました。

従来から提供されている、SQL Database (SQL DB) は「Managed Database」となっています。
SQL Server のインスタンスではなく、各データベースをリソース制御の境界とした、「データベース利用」の PaaS のサービスとなり、各データベースは独立して管理されており、一つの論理サーバー配下に複数のデータベースを作成した場合、独立した環境となっているのが特徴でした。

MI は「Managed Instance」となっています。
SQL Server のインスタンスをリソース制御の境界とした、「インスタンス利用」の PaaS のサービスとなり、インスタンス全体を利用することができるため、一つのインスタンス配下に複数のデータベースを作成した場合、同一の管理境界内に配置され、相互に利用が可能となっていることが特徴でした。
RDS for SQL Server や、Azure Database for MySQL / Azure Database for PostgreSQL に近い管理モデルとなっている形ですね。

MI は、既存の SQL Server からの「Lift & Shift」(既存の環境を変更なくクラウドに移行) を強く意識された環境であるため、SQL DB よりサポートされている機能が多いのも特徴の一つです。
Feature comparison: Azure SQL Database versus SQL Server

それでは、前回はまとめられなかった点についてもまとめていきたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

3月 11th, 2018 at 6:32 pm

SQL Database Managed Instance の各種情報を集めてみる – その 2 –

without comments

SQL Database Managed Instance の各種情報を集めてみる – その 1 – の続きです。

前回は、SQL Database Managed Instance (MI) の特徴をざっくりとまとめてみました。

従来から提供されている、SQL Database (SQL DB) は「Managed Database」となっています。
SQL Server のインスタンスではなく、各データベースをリソース制御の境界とした、「データベース利用」の PaaS のサービスとなり、各データベースは独立して管理されており、一つの論理サーバー配下に複数のデータベースを作成した場合、独立した環境となっているのが特徴でした。

MI は「Managed Instance」となっています。
SQL Server のインスタンスをリソース制御の境界とした、「インスタンス利用」の PaaS のサービスとなり、インスタンス全体を利用することができるため、一つのインスタンス配下に複数のデータベースを作成した場合、同一の管理境界内に配置され、相互に利用が可能となっていることが特徴でした。
RDS for SQL Server や、Azure Database for MySQL / Azure Database for PostgreSQL に近い管理モデルとなっている形ですね。

MI は、既存の SQL Server からの「Lift & Shift」(既存の環境を変更なくクラウドに移行) を強く意識された環境であるため、SQL DB よりサポートされている機能が多いのも特徴の一つです。
Feature comparison: Azure SQL Database versus SQL Server

それでは、前回はまとめられなかった点についてもまとめていきたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

3月 11th, 2018 at 6:32 pm