SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Server 2019 のエディション情報

leave a comment

SQL Server 2019 Standard Edition Feature Limitations Are Out で知ったのですが、SQL Server 2019 のエディションについての情報が公開されているようです。

GA 前の公開情報のため、記載内容が変更されるかもしれませんが、各エディションでどのような機能が使用できるようになるのかの目安になるのではないでしょうか。

Editions and supported features of SQL Server 2019 (15.x)

エディションの構成については、従来通り、Enerprise / Standard / Web / Developer / Express となるようで、エディションの種類については変更はないようです。

各エディションで利用可能な機能ですが、次のようになるようです。

機能 Enterprise Standard Express
RDBMS high availability      
Automatic read write connection re-routing × ×
Accelerated database recovery ×
RDBMS scalability and performance      
In-Memory Database: hybrid buffer pool ×
In-Memory Database: memory-optimized tempdb metadata × ×
In-Memory Database: persistent memory support
Intelligent Database: batch mode for row store × ×
Intelligent Database: row mode memory grant feedback × ×
Intelligent Database: approximate count distinct
Intelligent Database: table variable deferred compilation
Intelligent Database: scalar UDF inlining
RDBMS security      
Always Encrypted with Secure Enclaves
Transparent database encryption (2017 からの改善) ×
Data classification and auditing
Management tools      
SQL Assessment API
SQL Vulnerability Assessment
RDBMS manageability      
Direct query SQL Server Analysis Services
Master instance for big data cluster ×
Compatibility certification
Programmability      
PolyBase head node (2017 からの改善) ×
Java Language Runtime Integration
UTF-8 support

 

2017 の機能と比較した場合も改善が行われているようで、TDE と PolyBase のヘッドノードとしての利用が Standard でも実行可能となったようです。

Intelligent Query Processing の一部の機能は Standard / Express でも使用できるようになっているようです。
scalar UDF inlining が Enterprise Edition 以外でも使用できるようになっているのはパフォーマンス面でかなり大きいかもしれないですね。

Written by masayuki.ozawa

10月 20th, 2019 at 4:12 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

Leave a Reply

*