SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Server 2019 CTP 3.2 がリリースされました

leave a comment

公式でアナウンスが出ていますが、SQL Server 2019 CTP 3.2 がリリースされています。

細かな内容はこちらから。

大きな内容としては Big Data Cluster (BDC) が Private Preview から Public Preview となり、EAP に申し込んでいないユーザーでも使えるようになったことでしょうか。

BDC のデプロイで使用するイメージのレポジトリが今までは Private レポジトリだったのですが、Public レポジトリでイメージが公開されるようになりましたので、EAP に申し込みをしていなくても BDC の評価ができるようになりました。

How to deploy SQL Server big data clusters on Kubernetes からも確認できますが、Private レポジトリにアクセスする際に使用していて「DOCKER_USERNAME」「DOCKER_PASSWORD」はオプション扱いとなっており、指定しなければ Public レポジトリにアクセスされます。

他に面白い機能としては、Azure Data Studio 経由で BDC のデプロイが可能となったことでしょうか。

Deploy SQL Server big data cluster with Azure Data Studio notebooks

現時点では、Insiders Build をインストールする必要がありますが、Azure Note Studio の Note Book 経由で BDC のデプロイが行えるようになりました。

image

そのほかには、BDC のコマンドラインツールが mssqlctl → azdata に名称が変更されています。

SQL Server on Linux の機能追加としては、CDC (Change Data Capture) が新しくサポートされるようになったようですね。

 

SQL Server で使用される Java 周りではこんなアナウンスも。

SQL Server の一部の機能 (HDFS / Azure BLOB をターゲットとした PolyBase と SQL Server 2019 の ML Service) では、Java を使用しており、サポートするバージョンの中で Java のランタイムを利用することができ、今まではインストール前に個別に導入をしておく必要がありました。

これが、製品として Azul System の Zulu Embedded for Java をデフォルトで含むようになり、SQL Server のサポートの中で、Zulu の Java に対してのサポートも受けられるようになるようですね。

これに伴い Install SQL Server Language Extensions on Windows のドキュメントも更新が入っているようです。

ML Service Java をインストールする際に、インストーラーに含まれている Open JRE を選択した場合は、Zulu の Java がインストールされていますね。image

そのほかには、SSMS 18.2 がリリースされています。

SQL Server Management Studio 18.2 is now generally available

詳細な変更内容はこちらから。

Release notes for SQL Server Management Studio (SSMS)

今回のリリースからクエリの完了時刻がメッセージに表示されるようになったようです。
image

また、SSMS からクエリを実行した結果の取得時の各列の最大取得可能サイズが 2MB まで拡張されたようですね。
今までは XML データは無制限で取得できていたのですが、それ以外のデータには、256 文字や 64 Kという制約があったのですが、それが 2MB まで緩和されています。
image

Written by masayuki.ozawa

7月 25th, 2019 at 9:50 am

Posted in SQL Server

Tagged with ,

Leave a Reply

*