SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Managed Instance でタイムゾーンの設定が追加されたようです

leave a comment

Managed Instance (MI) の今後の機能改善として、タイムゾーンの設定変更がフィードバックとして挙がっていました。

本日、MI をデプロイしようとしたところ、MI の新規作成時にタイムゾーンを追加することができるインタフェースが追加されていました。

image

デフォルトは UTC となっているのですが、日本時間 (Tokyo Standard Time) も選択ができるようになっています。

image

設定もきちんと反映されており、日本時間としてタイムゾーンを指定した環境では次の画像のように GETDATE() の実行結果が日本時間となっています。

image

この設定は SQL Server エージェントのジョブのスケジュールにも効いており、タイムゾーンを日本時間にすることで、スケジュールの時間の認識も日本時間となっていました。

投稿を書いている時点では、MI のドキュメントには反映されていないようなのですが、以前の投稿でも触れたように REST API のドキュメントについてはすでに反映が行われています。

インスタンスレベルの照合順序と同様にタイムゾーンについても作成時以外は指定ができないようです。
REST API を叩いて、照合順序とタイムゾーンを変更しようとしても次のエラーが発生し、変更することができませんでした。
(Create or Update の API を実行した場合に発生したエラーなのですが、Update で変更要求を出しても反応がありませんでした)

  • The instance collation cannot be changed on Managed Instance.
  • The timezone cannot be changed on Managed Instance.

照合順序とタイムゾーンの設定が可能になったことで、SQL Server のデータベースのリストアを実施することにより、従来までの SQL Server と同様の環境として、アプリケーションは接続文字列の変更のみで DB 以降が完了するというケースも増えるのではないでしょうか。

 

追記

公式のアナウンスがありました。

ドキュメントも公開されています。

 

ドキュメントに記載されていますが、デプロイ時にのみ指定することが可能であり、展開後の変更はできないようです。

The time zone of an existing managed instance cannot be changed.

Written by masayuki.ozawa

4月 9th, 2019 at 11:10 pm

Leave a Reply

*