SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Winodws Server 2019 の Server Core の FoD を試してみる

leave a comment

Windows Server 2019 の新しい Preview のビルドが公開され、ダウンロード できるようになっています。
一つ前のビルドでは Feature on Demand (FoD) 用の ISO が提供されていなかったのですが、今回のビルドから提供が再開されたので試してみました。

FoD については、Server Core App Compatibility Feature on Demand で紹介が行われており、Server Core で実行している環境にアプリケーションの互換性を持たせることができる、追加コンポーネントとなっています。

従来までの Server Core では、完全にコマンドラインベースでの管理となっており、初期設定であれば「sconfig」から変更をしたり、コマンドプロンプト / PowerShell で操作をするというような CUI 管理での操作が前提となっていました。
(notepad のファイルを開くをエクスプローラー代わりにしたり、ちょとイレギュラーな形で GUI 使ったりもしましたが)

image

2019 で追加をされた FoD については、フルの GUI 機能ではありませんが、

  • イベント ビューアー (Eventvwr.msc)
  • パフォーマンス モニター (PerfMon.exe)
  • リソース モニター (Resmon.exe)
  • デバイス マネージャー (Devmgmt.msc)
  • Microsoft 管理コンソール (mmc.exe)
  • エクスプローラー (Explorer.exe)
  • Windows PowerShell (Powershell_ISE.exe)
  • フェールオーバー クラスター マネージャー (CluAdmin.msc)

というような GUI の機能を Server Core 上で使用できるように追加するものとなります。
インストールは簡単で、Insider Preview のダウンロードの「Additional Downloads」から、FoD Preview の ISO をダウンロードして DISM でインストールするだけです。
image

D ドライブに ISO をマウントした場合は次のコマンドを実行し、再起動をすれば適用された状態となります。

DISM /Online /Add-Capability /CapabilityName:ServerCore.AppCompatibility~~~~0.0.1.0 /Source:D: /LimitAccess

 

インストールが完了した後は Server Core で各種 GUI のアプリケーションを使用することができるようになっています。

下の画像は Server Core で起動しているものなのですが、従来の Server Core では起動することができなかった「PowerShell_ISE」「エクスプローラー」「レジストリエディタ」といったツールが起動できています。

image

SQL Server Management Studio や Visual Studio Code を起動することもできたので、FoD により、Server Core 上で、様々なアプリケーションが動く可能性があるのではないでしょうか。

DISM /Online /Add-Capability /CapabilityName:Browser.InternetExplorer~~~~0.0.11.0 /Source:D: /LimitAccess

で IE を含めることもできるようで、上記の DISM を実行した後は「"C:\Program Files\internet explorer\iexplore.exe"」で IE を起動することもできます。

コマンドでの管理に不自由がないのであれば、FoD をインストールする必要はないと思いますが、一部 GUI の操作の支援が必要な場合などは、結構使いやすい環境として、Server Core を構築できるのかもしれないですね。

踏み台サーバーのようなものを Server Core + FoD で作れるといいなと思ったのですが、mstsc は標準で含まれていなかったので、他の環境から一通りファイルを持ってきてみたところ、リモートデスクトップの踏み台サーバーを Server Core で作るといったこともできました。

この辺、標準でできるようになると、便利そうではありますね。

image

FoD をインストールすることでアプリケーションの実行環境の互換性が大幅に向上しますが、その分、「不要なアプリケーションを実行できてしまう可能性が増える」ことにもなり、Server Core のメリットの一つである「不要なコンポーネントが含まれていない軽量で堅牢な環境」の意味合いが薄れることも意識しないといけませんが、今後、面白い使い方ができるようになるかもしれないですね。

Written by masayuki.ozawa

8月 4th, 2018 at 1:40 pm

Leave a Reply

*