SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for 11月, 2016

11/17 の SQL Server の発表について

with one comment

Connect のタイミングで SQL Server の大きな発表がいくつも行われました!!

関連しそうな情報をざっくりと。

Connect(); 2016 の Data Platform 関連の情報については Intelligent Apps & Data から確認することができそうです。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

11月 17th, 2016 at 1:34 am

Posted in SQL Server

Tagged with

SQL Data Warehouse で照合順序のサポートが強化されていたようです

without comments

今日、Stretch Database を設定していて気付いたのですが、SQL Data Warehoues で照合順序のサポートが強化されたようです。
# Stretch Database も裏は SQL Data Warehouse ですので。

Database collation support for Azure SQL Data Warehouse

How can we improve Microsoft Azure SQL Data Warehouse ? から始まった感じなのですかね。

リリース当初は「SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS 」のみがサポートされていたかと思いますが、今の SQL DWH では、データベースの作成時に照合順序を指定できるようになっています。
image

作成時にのみ指定できる感じのようですね。
CREATE DATABASE (Azure SQL Data Warehouse)

GitHub のヘルプを見ていると、日本語版のヘルプについては、9/6 に照合順序の記載が行われたようですので、GA したタイミングあたりで変更が行われていたのかもしれないですね。

https://github.com/Microsoft/azure-docs.ja-jp/blob/eb07bb4e69244d8b736d7b94764d71d338d935e0/articles/sql-data-warehouse/sql-data-warehouse-get-started-provision.md

https://github.com/Microsoft/azure-docs.ja-jp/blob/0656663c06d30a66b4db797029d47cfb3e111ed2/articles/sql-data-warehouse/sql-data-warehouse-get-started-provision.md

この変更で、SQL Server 2016 の Stretch Database が適用できるデータベースの照合順序の制約も緩和されましたので、利用がはかどるのではないかと。

Written by Masayuki.Ozawa

11月 16th, 2016 at 10:24 pm

Posted in SQL Database

Tagged with

SQL Server 2016 におけるトレースフラグ 4199

without comments

オプティマイザの修正プログラムを適用するためのトレースフラグとして 4199 があります。
SQL Server 2016 におけるこのトレースフラグについての整理を。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

11月 14th, 2016 at 12:04 am

Posted in SQL Server

Tagged with

SQL Database で In-Memory OLTP が GA しました

without comments

General availability: In-Memory OLTP in Azure SQL Database Premium でアナウンスされていますが、SQL Database の In-Memory OLTP が GA したようです。

これについては Microsoft Azure SQL Database provides unparalleled performance with In-Memory technologies でもアナウンスされています。

PASS でアナウンスされていたタイミングより、早い GA なんですかね。

これで、Hybrid Transactional and Analytical Processing (HTAP) が SQL Database でも正式サービスとして使用できます。

詳細については Optimize Performance using In-Memory Technologies in SQL Database で確認ができますが、SQL Server 2016 相当の Operational Analytics が、SQL Database の Premium で利用できるようになった形でしょうか。

GA になって Elastic Pool でも In-Memory OLTP が使えるようになったようですね。

SQL Database options and performance: Understand what’s available in each service tier

Max in-memory OLTP storage (GB) per pool となっており、In-Memory OLTP ストレージの最大がプール単位決まっていますので、サイジングがちょっと悩ましいですが。

Written by Masayuki.Ozawa

11月 10th, 2016 at 11:11 pm

Posted in SQL Database

Tagged with

SQL Database の長期保有バックアップについて

without comments

先日 Azure SQL Database: Now supporting up to 10 years of Backup Retention (Public Preview) でアナウンスがされたのですが、あまり調べられていなかったので軽くまとめてみたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

11月 6th, 2016 at 10:01 pm

Posted in SQL Database

Tagged with

Windows Server 2016 のワークグループクラスターの構築時の考慮点

without comments

Tech Summit のフォローアップに近いものですが。

Windows Server 2016 では、ワークグループ環境やマルチドメインサーバーの環境を使用してクラスターが構築できるようになっています。

公式な情報については、What’s new in Failover Clustering in Windows Server 2016 に書かれているのですが、この中には詳細は記載されておらず、 Workgroup and Multi-domain clusters in Windows Server 2016 が TP 段階のものですが、詳細になるかと思います。

今回の Tech Summit のデモでは、ワークグループクラスターの環境を使用していたのですが、実運用でワークグループクラスターを使用する場合、いくつかの考慮点が出てくるかと思いますので、現状把握できている考慮点を軽くまとめてみたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

11月 6th, 2016 at 3:28 pm

Posted in Windows Server

Tagged with

Tech Summit 2016 で登壇させていただきました

without comments

11/1, 2 で開催されていた Tech Summit 2016 で、「進化した AlwaysOn! SQL Server 2016 の AlwaysOn 可用性グループの新機能を一挙紹介」という内容で登壇させていただきました。

後日、資料や動画が公開されるはずですので、興味のある方がいらっしゃいましたら公開されましたらご確認いただければ幸いです。
ちなみに最大の見どころは、途中で「0 → Enter」を押してしまって、タイトルスライドを表示して慌てているところです。
# Enter の隣にテンキーがあって、間違って押しました。

セッションの内容のフォローアップを軽く。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

11月 5th, 2016 at 11:18 pm

Posted in SQL Server

Tagged with