SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for 10月, 2010

OpsMgr のインストール時のサービスアカウントの設定箇所について

without comments

OpsMgr の勉強の続きです。

OpsMgr ではインストール時にいくつかのサービスアカウントの設定があります。
image
image
image

ローカルシステムアカウントやローカル Administrator を使用するとインストールすることはできるのですが、実運用環境に置いては権限が強すぎる、アカウントを変更する必要があるというケースが考えられると思います。

インストール時に指定したアカウントが設定される個所についてみていきたいと思います。
アカウントに関しては、OpsMgr の管理コンソールの [管理] アカウントで大体のユーザーを確認することができます。

image

各アカウントがどのように使用されるかは以下の技術情報に記載されています。
Operations Manager 2007 のアカウント情報

 

■管理サーバー アクション アカウント

 

管理サーバー アクション アカウントに関しては、ローカルの [Users] グループのユーザーで設定が可能なようです。
最低限の権限を持つユーザーで設定ができるようですね。

管理サーバー アクションアカウントは、[種類:アクション アカウント] に設定がされます。
image

[Local System Action Account] はデフォルトで作成されます。
このアカウントには、[Local System] (ローカルシステムアカウント) が設定されており、管理サーバー アクション アカウントを [ローカルシステム] で設定した場合には、このアクションアカウントのみが作成された状態になります。
image

アクションアカウントについては、[実行アカウントの作成] で [アクション アカウント] を選択することで新規に作成ができますので、アカウントを変更したいとなったら、新規に実行アカウントを作成すれば良さそうですね。
image

[Local System Action Account] 以外に関しては、ユーザー名を変更することができますので新規に作成しなくても変更することで対応ができそうです。
image

[ローカル セキュリティ ポリシー] の [ユーザー権利の割り当て] として以下の権限が付与されているようです。

[サービスとしてログオン]
image
サービスアカウントとして、アクションアカウントが設定されているサービスはないのですが、[サービスとしてログオン] の権限が付与されているようでした。

SQL Server のログインとしても設定がされていますのでこちらも変更の必要がありそうです。
image
image

image

■SDK と Config サービスアカウント

 

SDK と Config サービスアカウントに関しては、ローカルの [Administrators] グループのユーザーの必要があるようです。
Administrators グループに属していないユーザーをアカウントに設定しようとするとこのようなエラーになります。
image

このエラーですが、サービスアカウントとしてローカルユーザーを使用する場合も表示されるようで、ローカルアカウントを使用する場合はローカルの [Administrator] でないと駄目でした。
# Administrators グループのローカルユーザーではインストールできませんでした。

ここで設定したアカウントに関しては、OpsMgr の管理コンソールで指定できるアカウントではなくサービスアカウントとして設定がされます。
変更については技術情報が提供されています。
Operations Manager 2007 で SDK と Config サービス アカウントを変更する方法

設定したアカウントは以下のサービスのアカウントとして設定がされます。
[Ops Mgr VSS Writer Service]
image
このサービスに関しては上述の技術情報に記載されていないのですよね…。
ただ、サービスアカウントとしては設定がされていますので、変更の必要はあると思います。

[System Center Data Access]
image

[System Center Management Configuration]
image

[ローカル セキュリティ ポリシー] の [ユーザー権利の割り当て] として以下の権限が付与されているようです。

[サービスとしてログオン]
image

[セキュリティ監査の生成]
image

こちらも SQL Server のログインができていますので作成する必要がありそうです。
image
image
image

 

■データウェア ハウス 書き込みアカウント

 

このアカウントはローカルの [Users] グループで問題ないようです。

データウェア ハウス 書き込みアカウントは [種類:Windows] の [データウェアハウス アクション アカウント] として設定がされます。
image

実行アカウントを作成する場合は [Windows] で作成すれば良さそうですね。
image

このアカウントは編集することができますので、新規に作成しなくてもすでに作成されているアカウントを変更することでも対応できそうです。
image

データベース用のアカウントですので、SQL Server にもログインが作成されています。
image
image
image

■データ リーダー アカウント

 

このアカウントはローカルの [Users] グループで問題ないようです。

データウェア ハウス 書き込みアカウントは [種類:Windows] の [データウェアハウスのレポート展開アカウント] として設定がされます。

image

実行アカウントを作成する場合はデータウェアハウス アクション アカウントと同様 [Windows] で作成すれば良さそうですね。
image

 

このアカウントも編集することが可能です。
image

データリーダーアカウントについてはサービスのアカウントとしても設定されています。

[SQL Server Reporting Services]
image

Reporting Service のサービスアカウントとしても設定がされるみたいですね。
OpsMgr の Reporting Service のアカウント変更に関しては技術文書が提供されています。
Operations Manager 2007 でレポート サーバー実行アカウントのパスワードを変更する方法

サービスからではなく [Reporting Services 構成マネージャー] から変更を行います。
image

 

ローカルセキュリティポリシーとしてもいくつか権限が付与されているようです。
[サービスとしてログオン]
image

[バッチジョブとしてログオン]
image

SQL Server のログオンとしても設定がされています。
image
image
image

 

 

ここまで書いた内容を簡単にまとめると下表のようになります。

アカウント グループ OpsMgr アカウント サービス ユーザー権利の割り当て SQL ログイン
管理サーバー
アクション アカウント
Users アクション アカウント   サービスとしてログオン あり
SDK と Config
サービスアカウント
Administrators   OpsMgrVSSWriter
OMSDK
OMCFG
サービスとしてログオン
セキュリティ監査の生成
あり
データウェア ハウス
書き込みアカウント
Users データ ウェアハウス
アクションアカウント
    あり
データ リーダー アカウント Users データウェアハウスの
レポート展開アカウント
ReportServer

サービスとしてログオン
バッチジョブとしてログオン

あり

 

インストール時に暫定アカウントとして使っていない限り変更の必要はないとは思いますが、設定したユーザーがどこに設定されているかを知っていると便利かなと思いまとめてみました。

Written by Masayuki.Ozawa

10月 31st, 2010 at 9:30 pm

Posted in System Center

Tagged with ,

Windows Server 2008 R2 SP1 RC の Hyper-V マネージャーの変更点

without comments

Winodws Server 2008 R2 SP1 RC のインストールが終わったので Hyper- マネージャーを少し触っています。

Windows Server 2008 R2 SP1 RC の評価ガイドは以下からダウンロードできるのですが現状は Beta の内容がベースになっているようで、RC での変更点は記載されていないようでした。
Windows Server 2008 R2 SP1 RC Reviewer’s Guide
Download Windows Server 2008 R2 Technical Whitepaper

■ RTM / Beta / RC の Hyper-V マネージャーの表示内容の比較

 

Hyper-V マネージャーは RTM / Beta / RC で設定できる内容や表示内容に変更があります。
それぞれを比較していきたいと思います。

SP1 Beta / RC で起動した仮想マシンですが、構成ファイルに SP1 特有の定義が入るためエクスポートしても RTM にインポートできなくなりますのでご注意ください。
# エクスポート前やエクスポート後の構成ファイルを手で書き換えればインポートできるかもしれませんが…。

 

■仮想マシンの一覧画面
SP 1 では Dynamic Memory の機能が追加されています。
SP1 以降では、仮想マシンの一覧画面が Dynamic Memory に対応した表示になっています。

[RTM]
image

[SP1 Beta]
image

[SP1 RC]
image

Beta では、[現在のメモリ] [使用可能なメモリ] という表示だったものが、SP1 Beta では、[Assgined Memory] [Memory Demand] [Memory Status] という表示になっています。

Beta では、[現在のメモリ] に、仮想マシンに割り当てらている物理メモリ、[使用可能なメモリ] に [(現在のメモリ – 仮想マシンのコミットチャージ) / 現在のメモリ] の値が表示されています。
image

Dynamic Memory で仮想マシンにメモリが割り当てられる場合は、使用可能めなメモリがマイナスを示すことはありませんが、メモリが割り当てられなくなり、コミットチャージが割り当てられている物理メモリを超えた場合、この値はマイナスになります。
image
image

上の画像は使用可能なメモリがマイナスとなっているときの仮想マシンの状態になります。
# Dynamic Memory はスタートアップ RAM が 1024 MB、最大 RAM が 1536 MB で設定しています。
[コミット (MB)] が 2046 MB になっていますが、[現在のメモリ] は 1536 MB になっています。
そのため、[(1536 ? 2046) / 1536 = ?0.33203125 = ?33%] となります。

仮想マシンに割り当てられているメモリが足りていないということですね。

 

SP1 RC だと、[Assgined Memory] [Memory Demand] [Memory Status] の 3 項目に表示が変更がされています。
image

  • [Assgined Memory] は Beta の [現在のメモリ] に相当します。仮想マシンに割り当てられているメモリが表示されます。
  • [Memory Demand] は、仮想マシンのコミットチャージの値が表示されます。
  • [Memory Status] は、[OK] [Low] [Warning] のいずれかが表示されます。

Beta の [使用可能なメモリ] に相当するのは、[Memory Demand] と [Memory Status] に分けられたようです。
仮想マシンのコミットチャージが [Memory Demand] に表示され、[Assigned Memory] と [Memory Demand] の比較が [Memory Status] に表示されます。

[Assigned Memory] と [Memory Demand] の値に差がある (メモリに余裕がある) 場合は、[OK] が表示されます。
image

[Assigned Memory] と [Memory Demand] の値に差がな少ない (メモリに余裕が少ない) 場合は、[Low] が表示されます。
具体的にどれくらいの値になると [Low] になるかが記載されているドキュメントは見つからなかったのですが、割合が 86% ぐらいになると Low にはなるようでした。

image

[Memory Demand] が [Assgined Memory] を超えた (メモリに余裕がない) 場合は、[Warning] となります。
image
image

 

■Hyper-V の設定

NUMA アーキテクチャが使われている環境では、NUMA ノード内のメモリに当てはまる範囲で、仮想マシンのメモリを設定するのがベストプラクティスとなっています。
# NUMA ノード内に当てはまらないメモリを割り当てた場合、パフォーマンスが低下することがあります。
Hyper-V のパフォーマンスおよび容量の要件

SP1 では、[Hyper-V の設定] の設定が追加されています。

[RTM]
image

[SP1 Beta]
image

[SP1 RC]
image

SP1 では、[NUMA ノードにまたがるメモリ割り当て] という設定が追加されています。
デフォルトでは、[仮想マシンに NUMA ノードをまたがるメモリを割り当てる] が有効に設定されています。
この設定ですが変更をすると再起動が必要となりますので、稼働中は変更することができないので注意が必要です。
image

この設定ですがレジストリに格納がされています。
image
[HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindows NTCurrentVersionVirtualizationNumaSpanning]
この DWORD に値が設定されます。
[仮想マシンに NUMA ノードをまたがるメモリを割り当てる] を有効にしている場合は、[1] が、無効にしている場合は、[2] が設定されます。
RTM からアップグレードした場合は DWORD が存在していないようです。存在しない場合は有効という判断なのかもしれないですね。

 

■Dynamic Memory の設定

Dynamic Memory のバッファの設定方法が SP1 Beta と RC では変更されています。

[RTM]
image

[SP1 Beta]
image

[SP1 RC]
image

SP1 Beta ではメモリバッファーはスライドバーだったのですが、SP1 RC ではテキストボックスに変更がされています。

 

RetemoFX 関連の設定に関しては変わっていないようですね。
image

 

RTW した際にはまた変更されているかもしれませんが、ひとまず気づいたことをまとめてみました。

Written by Masayuki.Ozawa

10月 30th, 2010 at 3:04 pm

Windows Server 2008 R2 SP1 RC をインストール

without comments

先日 Windows Server 2008 R2 SP1 RC の提供が開始されました。
Windows 7 および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) Release Candidate (RC) のダウンロード

インストールの方法などを軽くまとめてみたいと思います。
# Windows 7 SP1 RC のインストールも同様の内容になります。

■SP1 Beta がインストールされている場合

 

SP1 Beta をインストールしている状態で、SP1 RC をインストールしようとすると以下のエラーになります。
image

SP1 Beta をインストールしている状態では、SP1 RC をインストールすることはできません。
SP1 RC のダウンロードページにも以下の記載がされています。

Windows 7 または Windows Server 2008 R2 の Service Pack 1 Beta がコンピュータにインストールされている場合は、Release Candidate をインストールする前にその Beta をアンインストールする必要があります。

よく寄せられる質問にもこのことは記載されています。
Windows 7 および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) Release Candidate (RC) に関してよく寄せられる質問

SP1 Beta をインストールしている場合はアンインストールをする必要があります。
アンインストールについては技術情報が用意されています。
# Windows 7 用の技術情報ですが Windows Server 2008 でも同様です。また、RC 用ですが Beta でも使えます。
Windows 7 SP1 RC 版をアンインストールする方法

アンインストールは簡単で、[KB976932] の更新プログラムをアンインストールすると完了します。
image
image
image

アンインストール終了後、再起動をすれば一連の作業は完了です。
再起動時にもアンインストール処理が走っているので結構時間がかかります…。
image

 

こちらが SP1 Beta の winver の結果です。
image

アンインストールをするとバージョンが RTM のものに変更されます。
image

この状態になると SP1 RC が適用可能となります。

 

■SP1 RC の適用

それでは、SP1 RC を適用してみたいと思います。
今回は ISO 版を使用しているので [setup.exe] を実行します。
# 各 SP を単体でダウンロードした場合は、ダウンロードしたファイルを実行します。
/x を使用するとファイルを手動で展開することが可能です。

セットアップを起動したら、[次へ] をクリックします。
image

[同意します] を有効にして、[次へ] をクリックします。
image

[インストール] をクリックして、インストールを開始します。
image
image
image

 

再起動されるとインストールは完了です。
image

 

SP1 RC のインストールが完了した後の winver の内容がこちらになります。
image

Windows Server 2008 R2 RC の winver には有効期限が表示されていないのですが、[2011 年 11 月 30 日] が使用期限となるようです。

SP1 RC の検証については別の機会にまとめていきたいと思います。

Written by Masayuki.Ozawa

10月 29th, 2010 at 12:48 am

SQL Server 2008 R2 を使用して OpsMgr をインストール

without comments

少し System Center も触れるようになりたいなと思い、まずは System Center Operations Manager 2007 R2 (OpsMgr) から勉強を始めてみました。
# PRO 機能と絡めればおもしろそうだと思ったので。

OpsMgr で使用できる SQL Server は以下の技術情報に記載されています。
Operations Manager 2007 R2 でサポートされている構成

日本語の技術情報では、[Operations Manager の Operations データベース] には [SQL Server 2008] までしか記載がされていないのですが、英語の技術情報の [Operations Manager Operations database] には、[SQL Server 2008 R2] が記載されています。
Operations Manager 2007 R2 Supported Configurations

 

SQL Server 2008 R2 を使用したインストールについては KB が提供されています。
Support for System Center Operations Manager 2007 R2 that runs on a SQL Server 2008 R2 database

OpsMgr のインストーラーでデータベースを作成するのではなく、手動でデータベースを作成してそれを使うように OpsMgr をインストールすることで、SQL Server 2008 R2 を使用することが可能です。
# SQL Server 2005 SP1 または、SQL Server 2008 でインストールをして、SQL Server 2008 R2 にアップグレードするという手法もあるようなのですが、今回は新規インストールした SQL Server 2008 R2 を使用します。

ひとつ気になっているのは、

The Alert View window does not open when you click the Alert View link in the notification emails.
No workaround for this is available currently.

という記載があるところでしょうか。
通常の操作で、アラートビューでどのようなことができて、SQL Server 2008 R2 を使った場合にどのような挙動になるのかがわかっていないのですが…。

■SQL Server 2008 R2 のインストール

機能としては以下のコンポーネントをインストールすれば OpsMgr 用のデータベースとして使用することができます。
# 管理ツールは必須ではないのですが、あると便利なのでインストールしています。
image

SQL Server 2008 R2 のインストールで OpsMgr に合わせた設定は以下の 2 点になります。

  1. 照合順序を [SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS] に設定
    サーバーレベルの照合順序を以下の設定にします
    image
    image
  2. Reporting Services をネイティブ モードで構成
    Reporting Serivces の構成を [ネイティブ モードの既存の構成をインストールする。] で設定します。
    image

この設定でインストールした SQL Server を使用して、OpsMgr をインストールしていきます。

 

■OpsMgr のインストール

 

今回は Windows Server 2008 R2 にインストールをします。
OpsMgr をインストールするためには IIS をインストールする必要があります。

IIS で必要となる役割は以下の KB に記載がされています。
Windows Server 2008 を実行しているコンピューターで System Center Operations Manager 2007 の Web コンソールのインストールに失敗する場合がある

この KB は Windows Server 2008 用のものですが、Windows Server 2008 R2 でも役割の機能を追加すれば OpsMgr をインストーすることが可能です。

他には、ASP.NET Ajax Extensions 1.0 が必要になりますので、以下の URL からダウンロードしインストールしておく必要があります。
image
ASP.NET AJAX 1.0

.NET Framework 3.5 も必要になるのですが、これに関しては SQL Server 2008 R2 をインストールする際にインストールをしていますので、OpsMgr の前提チェックではエラーになりません。

それでは、OpsMgr をインストールしていきたいと思います。
OpsMgr の基本的な機能を使用するためには、[Operations Manager 2007 R2 のインストール] と [Operations Manager 2007 R2 レポートのインストール] を実行します。
image

 

■Operations Manager 2007 R2 のインストール

Operations Manager 2007 R2 のインストールをデフォルトの設定のまま行おうとすると、以下のコンポーネントが選択された状態となっています。
image

この状態でインストールをしようとすると、前提条件の確認をパスすることができません。
image

[ログの表示] をクリックして、内容を確認してみます。
そうすると SQL Server のチェックでエラーとなっていることが確認できます。
image
image

SQL Server 2008 R2 を使用する場合、インストーラーでデータベースを作成することができません。
データベースに関しては手動で作成する必要があります。

手動で作成する際の手順は以下の内容になります。

  1. OpsMgr のインストールメディアの [SUPPORTTOOLSAMD64DBCREATEWIZARD.EXE] を実行します。
    image
  2. [Next] をクリックします。
    image
  3. [データベースのタイプ] から [Operations Manager データベース] を選択し、[Next] をクリックします。
    今回は、既定のインスタンスをポート番号を変更せずに使用していてるため SQL ポートは未指定のままにしています。
    image
  4. OpsMgr の管理グループ名を入力し、[Next] をクリックします。
    image
  5. [Next] をクリックします。
    image
  6. [Finish] をクリックして、データベースを作成します。
    image
  7. [OK] をクリックします。
    image

以上でデータベースの手動作成は完了です。

再度インストールを実行して、インストールするコンポーネントから [Database] を外すと、前提条件のチェックをパスすることができます。
image

下の画像では、警告付きとなっていますがこれはメモリが 1.5 GB の環境でインストールをしているためです。
# OpsMgr のインストールは 2GB 以下のメモリだと警告になります。正常にインストールはできるので問題はありませんが。
image

データベースの設定になったら、先ほどデータベースを作成したサーバー名を指定します。
image

あとは通常の OpsMgr のインストールと同じです。
まずは検証してみたいということであれば、すべてのサービスアカウントを [ローカル システム] に設定するとインストールを行うことができます。
# 後の設定はデフォルトで。
image
image
image
image
image
image

[完了] をクリックして、インストールを完了します。
[暗号化キーのバックアップ] は [SecureStorageBackup.exe] を手動で実行することで後から実行することも可能ですので、今回はバックアップが起動したらすぐに閉じて終了しています。
image

■Operations Manager 2007 R2 レポートのインストール

続いて [Operations Manager 2007 R2 レポートのインストール] を実行します。
こちらもデフォルトでは、[Data Warehouse] がインストールされる設定になっています。
image

この設定のままインストールを続けると前提条件をパスすることができません。
image

ログの表示でエラーを確認すると先ほどと同じで、SQL Server でエラーとなっています。
image
image

レポート用のデータベースもインストーラーからではなく、手動で作成する必要があります。

  1. OpsMgr のインストールメディアの [SUPPORTTOOLSAMD64DBCREATEWIZARD.EXE] を実行します。
  2. [Next] をクリックします。
  3. [データベースのタイプ] から [Operations Manager データウェアハウス データベース] を選択し、[Next] をクリックします。
    今回は、既定のインスタンスをポート番号を変更せずに使用していてるため SQL ポートは未指定のままにしています。
    image
  4. [Finish] をクリックして、データベースを作成します。
    image
  5. [OK] をクリックします。
    image

以上でデータベースの手動作成は完了です。

再度インストールを実行して、インストールするコンポーネントから [Data Warehouse] を外すと、前提条件のチェックをパスすることができます。

image

ルート管理サーバーとしては、OpsMgr をインストールしているサーバーを指定して、[次へ] をクリックします。
image

データベースサーバー、Reporting Serives サーバーも自サーバーですので、OpsMgr をインストールしているサーバーを指定して、[次へ] をクリックします。
image
image
Repoting Services のサーバーを選択して、[次へ] クリックしたタイミングで応答がなくなる (砂時計のアイコンになったまま次の画面に遷移しない) ことがたまにあるのですが、その場合はタスクマネージャーを起動して、[msiexec.exe] のプロセスを終了させると画面が遷移します。
image

次の画面は、データウェアハウス用のアカウント設定画面になります。
検証の場合は、データウェアハウス用のアカウントはローカルの Administrator を設定すると早いかもしれません。
image
image

あとはデフォルトの設定でインストールを行います。
image
image
image

このままインストールをすると以下のエラーが発生します。
image

最後の手順として、Reporting Service で使用されているグループの名前を一時的に変更する必要があります。

  1. 管理ツールから [コンピュータの管理] を開きます。
  2. [SQLServerReportServerUser$<サーバー名>$MSRS10_50.<インスタンス名>] のグループ名を
    [SQLServerReportServerUser$<サーバー名>$MSRS10.<インスタンス名>] に変更します。
    image
    image

この状態で再度インストールを実行すると今度はエラーが発生しない状態で完了します。
image

インストールが完了したらグループ名を元に戻します。
image

OpsMgr でサーバーが管理できていることを確認してみたいと思います。
image

レポートも表示できていますので、Reporting Serivces との連携もできています。
image

 

OpsMgr の現時点の最新版は OpsMgr 2007 R2 CU3 になりますので、CU3 も適用を検討しておいた方が良いかと。
System Center Operations Manager 2007 R2 Cumulative Update 3 (KB 2251525) – 日本語

操作方法についてはこれから勉強しないと。

Written by Masayuki.Ozawa

10月 27th, 2010 at 7:12 am

Posted in System Center

Tagged with , ,

Outlook 2007 は Exchange 5.5 に MAPI で接続ができない?

without comments

今日は検証がしたい内容があり、Exchange 5.5 の環境をすこし触っていました。

OWA を使って基本的な確認が終わったので、Outlook を使っても確認がしたいなと思って、手元にあった Windows XP + Outlook 2007 の環境で Exchange 5.5 に接続をしようとしたところこのようなエラーが。

image

[サポートされていないバージョンの Microsoft Exchange 上にあります。] とのメッセージが。
Exchange 5.5 だから仕方ないですかね…。

このメッセージですが、英語だとこのような内容になるようです。

Cannot open your default e-mail folders.
the resource that you are trying to use is located on an unsupported version of Microsoft Exchange

 

Exchange 2010 で接続ができないときの定番である暗号化の設定についても Outlook 側は無効にしても接続はできませんでした。
image

このメールボックスですが、Outlook 2003 からは接続ができるのでサーバーの設定としては特に問題はなさそうなんですよね。
今回は Outlook 2007 で Exchange 5.5 に対して MAPI で接続するという要件の検証ではなく、たまたまテストで使っていたゲスト OS にインストールされている Outlook が 2007 だっただけなのであっさりあきらめて、Outlook 2003 に切り替えてしまいました。

英語のメッセージを参考に検索エンジンで調べてみたところ、Exchange 5.5 は非サポートなのでつながらないのではという内容の情報がかなり見つかったので、この組み合わせで MAPI でつながらないのは有名な話なのかもしれないですね。

MAPI では接続ができないのですが、POP3 を使ってみたところ正常に接続ができ、メールの配信も可能でした。
image

めったに使うことのない情報だと思いますが、メモとして。

Written by Masayuki.Ozawa

10月 19th, 2010 at 10:18 pm

Posted in Exchange

Tagged with ,

MED-V v2 Beta を検証 [展開用パッケージのインストール]

without comments

作成された展開用パッケージのインストールについてまとめていきたいと思います。

展開用パッケージをインストールする前に、MED-V のクライアントコンポーネントをインストールする必要があります。

 

■ MED-V Client のインストール

 

  1. MED-V Client のインストーラーを実行します。
    今回は、x86 の Windows 7 を使用していますので、[MED-V_Client_x86.msi] を実行します。
  2. [Next] をクリックします。
    image
  3. [I accept the terms in the License Agreement.] を有効にし、[Next] をクリックします。
    image
  4. [Next] をクリックします。
    image
  5. [Install] をクリックしてインストールを開始します。
    image
    image
  6. [Finish] をクリックしてインストールを完了します。
    image

これで展開用パッケージをインストール可能にするためのクライアントコンポーネントがインストールされます。

このクライアントコンポーネントなのですが、ファイル名に Client とついていますが、[MED-V Host Agent] がインストールされます。

ヘルプやダウンロードできるドキュメント内の MED-V Host Agent と記載されているものはこのクライアントコンポーネントをインストールしないと使用することができません。
# ちょっと名前が紛らわしいですよね…。

 

続いて展開用パッケージのインストールを行います。
# 展開用パッケージは多言語対応されている用で日本語で表示されます。

 

■展開用パッケージのインストール

 

  1. 作成したパッケージの [setup.exe ] を実行します。
  2. [次へ] をクリックします。
    image
  3. [インストール] をクリックして、インストールを開始します。
    image
    image
  4. [完了] をクリックしてインストールを完了します。
    image

[Launch MED-V] が有効になっているので、完了後に MED-V が実行されるのですが、今回は以下のメッセージが表示されてしまいました。
image

MED-V のパッケージのインストールまではワークグループ環境で実行ができるのですが、MED-V の実行は [ドメイン環境が必須] になります。

ドメインユーザー以外で MED-V を実行しようとしても上記のメッセージが出力されてしまい実行することができませんので注意が必要です。

デフォルトの設定でパッケージを作成するとログイン時に MED-V が自動で実行されるように設定がされています。
ドメインユーザーでログインすると以下のダイアログが表示されるのですが、これは MED-V が自動で実行されているためです。
image

[Start] をクリックして、即時実行してみます。
そうすると仮想マシンとして MED-V で展開した仮想マシンが自動で作成/実行されます。
image

また、通知領域に MED-V Host Agent のアイコンが表示され、[MED-V Configuring <ワークスペース名> for use.] というメッセージが出力されます。
image

今回は [Attended Setup] にしていますので、実行中の sysprep の状況を確認することができます。
# 初回起動時は sysprep による初期化が行われ起動まで時間がかかります。

応答ファイルが適切に構成されておらず、無応答セットアップになっていない場合はセットアップの途中で止まっている可能性もありますので、一度 [Attended Setup] でテスト展開をしてみて、正常に展開することは本番運用でも確認したほうが良さそうですね。
image

Sysprep 終了後に、Sysprep.inf で設定していた WMIC と FtsCompletion.exe が実行されます。
image
image

FtsCompletion.exe の実行が終了すると自動でシャットダウン → 起動されます。
image

起動されると、[initializing.] になり、

image

仮想マシンへのログインの認証ダイアログが表示され、
# [資格情報を記憶する] を有効にしておいた方がいいかは調査中です。

image

認証が通ると、ワークスペースの初期化が進み [applications are ready for use] となり、
image

スタートメニューに公開プログラムが表示されます。
# MED-V 用のフォルダはできず、スタートメニューの直下に表示されました。
image

MED-V の管理ですが、Administration Toolkit で管理することができ、[MedvHost.exe /toolkit] から実行することができます。
# MED-V_Client をインストールしている必要があります。
image
image
この管理コンソールから展開しているアプリケーションと、Web リダイレクトの URL を確認することができます。
image
image

ここまでで、MED-V の初期設定は完了です。
MED-V を使用して、IE8 と IE6 を実行した画面が以下の画像になります。
image

Web リダイレクションが実行されると以下のように表示がされます。
ホスト OS の IE で Web リダイレクション対象の URL を開こうとすると自動的に MED-V のゲスト OS の IE が起動されます。
image

 

ここまでの手順だと MED-V の Web Redirection が正常に動作しないので手順を見直す必要があるのですよね…。
MED-V は展開パッケージの VHD と差分ハードディスクで構成されており、MED-V を起動するたびに差分ハードディスクが削除されてしまい初期状態に戻ってしまいます。
# sysprep が永久ループしたのもこの辺の動作が影響していると思ってきました。

この辺の設定も見直さないといけないのですよね…。

2010/10/21 追記

永久ループしていたのは、MED-V のゲスト OS をドメインに参加させていなかったいことが原因のようです。
MED-V のゲスト OS をドメインに参加させないと、Sysprep 後に [FtsCompletion.exe] が実行され、シャットダウン → 起動という処理が実行される際にエラーとなりワークスペースの初期構成が失敗してしまい、仮想マシンが新規作成 (差分ディスクを再作成) され再度 Sysprep が実行されてしまうという流れが繰り返されてしまっていました。

FtsCompletion.exe のシャットダウン後に以下のダイアログが表示され、ワークスペースの初期構成が失敗したというメッセージが表示されます。
image

ドメインに参加をさせたところ [FtsCompletion.exe] が実行 → シャットダウン → 起動 が終了し、ワークスペースの初期構成が正常に完了して、仮想マシンが再作成されるということがなくなりました。

この現象ですが、FtsCompletion.exe をインストールしなかった場合にも発生します。
MED-V のゲスト OS に関しては FtsCompletion.exe のインストールは必須のようですね。
# このプログラムをインストールしないと Web リダイレクトも動作しないようですし。

MED-V のワークスペースの初期化が正常に完了しないと、MED-V は XP Mode 相当の配置となるようで、Windows Virtual PC の直下に公開プログラムが表示されます。
# ワークスペースが初期化されていない状態だとこのような表示になるようです。
image

まだまだ検証することはありそうなので、この辺は別の投稿でまとめていきたいと思います。

Written by Masayuki.Ozawa

10月 17th, 2010 at 10:39 pm

Posted in MDOP

Tagged with

MED-V v2 Beta を検証 [展開用パッケージ作成]

without comments

ここまでで事前作業は終了しましたので展開用のパッケージを作成していきます。

 

■展開用パッケージの作成

 

MED-V Workspace Packager を使用して展開用のパッケージファイルを作成します。

  1. [MED-V Workspace Packager] を実行します。
    image
  2. [Create a MED-V Workspace Package] をクリックします。
    image
  3. [Next] をクリックします。
    image
  4. [Browse] をクリックしてゲスト OS の VHD 参照し、[Next] をクリックします。
    image
  5. [Next] をクリックします。
    MED-V v2 を初めて検証するときは、[Attended setup] にしておくと動作がわかり易いと思います。
    Attended Setup はその名称の通り、応答型のセットアップになります。
    この方法でパッケージを作っておくと、MED-V の初期起動時の sysprep の動作状況などを確認することができます。
    今回は、[Attended setup] を選択してパッケージを作成してみます。
    image 
  6. [Next] をクリックします。
    image
  7. [Next] をクリックします。
    image
  8. [Next] をクリックします。
    image
  9. [Next] をクリックします。
    image
  10. [Next] をクリックします。
    ここで設定した値が、Web リダイレクト対象の URL となります。
    MED-V v2 は特定の URL のみゲスト OS の IE で開くという設定ができます。
    今回は、[http://www.google.co.jp] を設定しておきました。
    image
    image
  11. [Create] をクリックしてパッケージを作成します。
    image
    image
  12. [Close] をクリックします。
    image

以上でパッケージの作成は完了です。

パッケージを作成すると、

  • setup.exe
  • <Workspace Name>.msi
  • <Workspace Name>.ps1
  • <Workspace Name>.reg
  • <Workspace Name>.medv

が作成されます。

setup.exe/msi はセットアップ用のファイルになります。

.ps1/reg はレジストリ登録用のファイルになっているようです。

MED-V のレジストリは、[HKEY_LOCAL_MACHINESoftwareMicrosoftMedvv2] に格納され、MED-V のパッケージ作成で設定した値はこのレジストリに設定がされるようです。
# Web Redirection の URL もこのレジストリ内に設定がされます。
setup.exe を実行してインストールをするとレジストリへの設定反映もされますので、単体で実行する必要はないのですが、後からちょっと設定を変えたいというときにはこれらのファイルを変更すると良さそうでsう。

.medv は展開用の VHD が格納されています。
この
ファイルは zip 圧縮のファイルになりますので、拡張子を .zip に変更するとファイルを展開することができます。
image
VHD 内のファイルを少し変更したい場合は、VHD マウントをして変更することもできそうですね。

 

セットアップを実行すると展開用パッケージをインストールすることができるのですが、MED-V クライアントがインストールされていない状態でセットアップを実行してもエラーとなります。
image

展開用パッケージのインストールは次の投稿でまとめたいと思います。

Written by Masayuki.Ozawa

10月 17th, 2010 at 9:32 pm

Posted in MDOP

Tagged with