SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘MSCS’ tag

2008 以降のクラスターのクライアント アクセス ポイント作成時のちょっとした注意点

leave a comment

Windows Server 2008 以降のクラスターではクライアントアクセスポイント (CAP) で作成されるネットワーク名は Kerberos 認証が有効になっているため Active Directory 上に仮想コンピューターオブジェクト (VCO) としてコンピューターアカウントが作成されます。
# Windows Server 2003 はデフォルトの設定では Kerberos 認証が無効な状態だったので、ネットワーク名のリソースを作成してもコンピューターアカウントは作成されていませんでした。

SQL Server 2008 以降をクラスターインスタンスとしてインストールした場合もコンピューターアカウントが作成されたりするのですが。
# Windows Server 2003 のクラスター上に SQL Server のクラスターインスタンスをインストールした場合も作成されます。

クライアントアクセスポイントを作成する際にちょっとした注意点があるのでまとめてみたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

6月 6th, 2011 at 8:14 am

Posted in MSCS/WSFC(MSFC)

Tagged with ,

クラスター環境の SQL Server をシングルユーザーモードで起動

one comment

SQL Server の障害時はシステムデータベースのリストア時に SQL Server をシングルユーザーモードで起動することがあります。
シングル ユーザー モードでの SQL Server の起動
SQL Server サービスのスタートアップ オプションの使用

クラスター環境でない SQL Server の場合では、コマンドプロンプトから [sqlservr.exe –m] で SQL Server を起動させるか、SQL Server 構成マネージャーでスタートアップパラメーターに [-m] を指定します。
# SQL Server Agent や Reporting Services のサービスを停止していないと、これらのサービスがシングルユーザーモードの接続をとってしまうので注意が必要だったりしますが。
image

今回の投稿ではこのシングルユーザーモードをクラスター環境で実行するための手順についてまとめてみたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

5月 30th, 2011 at 11:23 pm

Windows Server 2008 以降でクラスター化された IIS を作成

leave a comment

Windows のクラスター (MSCS / WSFC) と Windows のネットワーク負荷分散 (NLB) は共存ができないため、クラスター環境で IIS を冗長化した構成で使う場合には、[汎用スクリプト] を登録してクラスター化された IIS を作成していました。

Windows Server 2003 までは、[C:WINDOWSSystem32inetsrv] の [ClusWeb.vbs] [ClusFtp.vbs] を使用していました。

Windows Server 2008 以降では、これらのスクリプトは使用できず以下の技術情報に記載されているサンプルスクリプトを使用します。
# 2008 では 2003 で使用していたスクリプトが含まれてしまっているのですが、使用せずに以下の技術情報 (KB970759) のスクリプトを使用します。 2008 R2 では含まれなくなっています。
IIS 7. 0 の WWW (World Wide Web 発行サービスは、Microsoft Windows Server 2008 フェールオーバー クラスターで構成します。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

5月 15th, 2011 at 6:46 pm

Posted in MSCS/WSFC(MSFC),Windows Server

Tagged with ,