SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘AlwaysOn’ tag

マルチサブネットフェールオーバークラスター利用時の設定の注意点

leave a comment

SQL Server 2012 ではマルチサブネットフェールオーバークラスターがサポートされます。
実際には、AlwaysOn フェールオーバークラスターインスタンス (FCI) や AlwaysOn 可用性グループ (AG) でマルチサブネット構成を使用することになるかと思います。

マルチサブネットフェールオーバークラスターを使用する場合の注意点について少しまとめてみたいと思います。
Data Case01 緊急時に備えてデータを堅守 のような環境を作成する場合に考慮する必要が出てくるかと。

基本的な情報は
SQL Server マルチサブネット クラスタリング
SQL Server 2012 リリース ノート (ja-JP)

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

8月 23rd, 2012 at 9:45 am

Posted in SQL Server

Tagged with ,

AlwaysOn 可用性グループのデータ復旧に影響する 2 種類のキュー

leave a comment

AlwaysOn 可用性グループ (HADR) はプライマリレプリカとセカンダリレプリカ間でデータの同期を行い、データの冗長化をすることができます。

このデータ同期に影響をする 2 種類のキューについて軽くまとめてみたいと思います。

関連する技術情報としては以下の情報になります。
sys.dm_hadr_database_replica_states (Transact-SQL)
SQL Server、Database Replica
AlwaysOn ダッシュボードの使用 (SQL Server Management Studio)

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

8月 20th, 2012 at 8:49 am

FCI とスタンドアロンインスタンスで可用性グループを組む際の構成の注意点

leave a comment

AlwaysOn 可用性グループでは複数ノードで構築したフェールオーバークラスターインスタンス (Failover Cluster Instance : FCI) と単一サーバーで構築したスタンドアロンインスタンスを組み合わせて構築することが可能です。

image

この環境を構築する場合、スタンドアロンインスタンスの構築方法に注意点がありますので、その内容についてまとめてみたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

8月 12th, 2012 at 10:08 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

AlwaysOn 可用性グループのフェールオーバーに影響する設定について

leave a comment

SQL Server 2012 で追加された AlwaysOn 可用性グループ (AlwaysOn Availability Group) ですがフェールオーバーに影響する設定がいくつかあります。

今回の投稿ではどのような設定があるかまとめてみたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

7月 2nd, 2012 at 8:44 am

AlwaysOn を使用したファイルのサーバー間連携

leave a comment

Denali CTP3 のAlwaysOn Availability Groups (可用性グループ) を使用すると、FileTableやFILESTREAM のデータをサーバー間で連携できるようになります。
SQL Server Denali AlwaysOn–Q&A
AlwaysOn Availability Groups (SQL Server)

今回はこの内容についてまとめてみたいと思います。

非トランザクショナルの内容は CTP3 の制限のようで RTM では対応されていました。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

10月 7th, 2011 at 7:58 am

Posted in SQL Server

Tagged with , ,