SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Azure VM の SQL Server IaaS Agent の SQL Server 2016 対応が行われています

leave a comment

Azure VM の SQL Server の構築時にいくつかの設定を投入することができる SQL Server IaaS Agent (IaaS 拡張) の SQL Server 2016 対応が行われているようです。

SQL Server VM 用 SQL Server Agent 拡張機能 (Resource Manager)

今までの IaaS Agent は、SQL Server 2014 ベースだったため、自動バックアップの設定が SQL Server 2014 の管理対象バックアップを元にしたものとなっていました。

Microsoft Azure への SQL Server マネージ バックアップ

SQL Server 2014 の場合は、スケジュール設定や、システムデータベースのバックアップに対応しておらず、設定可能な内容は以下のようなシンプルなものでした。

image

SQL Server 2016 になると、管理対象バックアップの機能強化が行われており、システムデータベースの取得や、バックアップのスケジュール設定ができるようになりました。

Microsoft Azure への SQL Server マネージ バックアップ

この機能の強化が、IaaS Agent のほうにも取り込まれ、SQL Server 2016 を使用している場合は、Agent で設定できる項目が拡張されています。

imageimage

コマンドレットについても最新版は、SQL Server 2016 の管理対象バックアップに対応したオプションが追加されているようですね。

https://github.com/Azure/azure-powershell/releases

New parameters in New-AzureRmVMSqlServerAutoBackupConfig cmdlet to support Auto Backup for SQL Server 2016 VMs.

  • BackupSystemDbs : Specifies if system databases should be added to Sql Server Managed Backup.
  • BackupScheduleType : Specifies the type of managed backup schedule, manual or automated. If it’s manual, schedule settings need to be specified.
  • FullBackupFrequency : Specifies the frequency of Full Backup, daily or weekly.
  • FullBackupStartHour : Specifies the hour of the day when the Sql Server Full Backup should start.
  • FullBackupWindowInHours : Specifies the window (in hours) when Sql Server Full Backup should occur.
  • LogBackupFrequencyInMinutes : Specifies the frequency of Sql Server Log Backup.

以前は、プレミアムストレージしか、ストレージの構成には対応していなかった気がするのですが、標準のストレージでもストレージの構成が使えるようになったりと、細かな拡張が行われているようですね。

以前のストレージの最適化は、トレースフラグの設定を行っていたはずですが、今のストレージの構成は記憶域スペースのストライプサイズを OLTP : 64KB / 全般, DWH : 256KB に設定するというような処理も行われているようで、この辺の変更も入っているようです。

image

Written by masayuki.ozawa

1月 21st, 2017 at 9:43 am

Posted in SQL Server

Tagged with ,

Leave a Reply

*