SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Ubuntu Desktop の VS Code で SQL Server にクエリを実行してみる

one comment

VS Code の Extension を見ていたら「vscode-mssql」というものが出ていました。
VS Code なので、Ubuntu Desktop でも動くのだろうなと思って試してみた内容を。

Ubuntu Desktop で試していますが、VS Code がインストールできる環境であれば、どの環境でも実行できるかと。

まずは、Download Visual Studio Code からパッケージをダウンロードしてインストールします。
# git と依存関係があるようですのでインストールしておきます。Dependency Issue on Linux Install – Git #5860

apt-get install git
# apg-get -f install
dpkg -i vscode-amd64.deb

VS Code のインストールが終わったら、起動して、コマンドパレットに「ext install vscode-mssql」を入力し、Extension のインストールを行います。

image

これで、SQL Server / SQL Database に対してクエリを実行するための Extension が利用できるようになります。

インストールをするとコマンドパレットでは「MSSQL」関連のコマンドを使用できるようになります。

image

接続の情報については、VS Code 内の設定情報として記載する必要がありますので、設定情報に追加します。

image

image

現状は SQL Server 認証のみサポートしているようですね。

必要な情報を設定しておくと、コマンドパレットの「MSSQL:Connection」で使用できるようになります。

image

VS Code から SQL を実行することも可能ですが、ファイルの種類は SQL を指定しておく必要があります。

image

これで実行の準備が完了しましたのでクエリを実行してみると以下のような形で情報を取得することができます。

image

コードスニペットがいくつか登録されていますので、シンプルなクエリの入力補完として使えるかと。

image

テーブルの一覧を表示するためのクエリもスニペットに定義されていますので、どのようなテーブルがあるかを VS Code から取得したい場合に、これらのクエリを利用することが可能です。

image

非 Windows 環境から SQL Server の接続方法としても、VS Code は利用できそうですね。

Written by masayuki.ozawa

7月 4th, 2016 at 9:44 am

Posted in Linux

Tagged with

One Response to 'Ubuntu Desktop の VS Code で SQL Server にクエリを実行してみる'

Subscribe to comments with RSS or TrackBack to 'Ubuntu Desktop の VS Code で SQL Server にクエリを実行してみる'.

  1. […] Ubuntu Desktop の VS Code で SQL Server にクエリを実行してみる […]

Leave a Reply

*