SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Database v12 で実装されている DDL の機能拡張が SQL Server 2016 CTP 2.0 に実装されているか

leave a comment

タイトルの通りですが、SQL Database v12 では、同一のエンジンの SQL Server 2014 (12.x 系) と比較して DDL に対して、いくつかの機能拡張が行われています。

SQL Server 2016 CTP 2.0 にも含まれているだろうな~と思ってはいたのですが、きちんと調べていなかったのでメモとして。

CREATE INDEX (Transact-SQL)

Up to 32 columns can be combined into a single composite index key. All the columns in a composite index key must be in the same table or view. The maximum allowable size of the combined index values is 900 bytes for a clustered index, or 1,700 for a nonclustered index. The limits are 16 columns and 900 bytes for versions before SQL Database V12 and SQL Server 2016 Community Technology Preview 2 (CTP2).

インデックスキーを  32 まで設定することができ、非クラスター化インデックスについては、最大サイズが 1,700 バイトに緩和がされています。
SSMS の GUI のテーブルデザイナーでは 900 バイトまでの制限がかかっているようですが、クエリベースであれば上記の使用でインデックスを作成することができます。
# 以前のバージョンはインデックスキーが 16 / 最大許容サイズはクラスター化 / 非クラスターかともに 900 バイト

 

ALTER TABLE (Transact-SQL)

WITH ( ONLINE = ON | OFF) <as applies to altering a column>

Applies to: SQL Server 2016 Community Technology Preview 2 (CTP2) through SQL Server 2016, SQL Database V12.

ALTER COLUMN をオンライン操作で実行できるようになります。

 

TRUNCATE TABLE (Transact-SQL)

WITH ( PARTITIONS ( { <partition_number_expression> | <range> } [ , …n ] ) )

Applies to: SQL Server (SQL Server 2016 Community Technology Preview 2 (CTP2) through current version).

Truncate Table をパーティション単位で実行できるようになります。

Written by masayuki.ozawa

6月 24th, 2015 at 1:01 am

Leave a Reply

*