SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘SQL Server 2017’ tag

SQL Server 2017 の ML Services についてまとめてみる

leave a comment

SQL Server 2017 では、Machine Learning Services (ML Services) という新しいサービスが追加され、この機能についても大きな内容としてアナウンスがされています。
Getting started with machine learning in SQL Server

ML Services は、SQL Server 2016 では、R Services と呼ばれていたものであり、SQL Server 2017 では対応言語として、Python が追加されたことにより、名称が ML Services と変更になりました。
ドキュメント上、R Services と書かれているものは、SQL Server 2016 の時の情報になっていることが多いかと思います。

この機能は、Advanced Analytics (AA : 高度な解析基盤) というようなカテゴリで紹介されることもあり、高度な解析を実施するための機能として提供が行われているものになります。

先日、ML Services についてディスカッションする機会があったのですが、「自分の中できちんと整理できていないな」と感じたので、一度まとめてみたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

9月 2nd, 2017 at 4:05 pm

CLUSTER_TYPE=EXTERNAL のクラスターの切り替え方法を確認してみる

leave a comment

SQL Server 2017 の AlwaysOn 可用性グループでは、CLUSTER_TYPE=EXTERNAL を設定することで、可用性グループの切り替えをクラスターマネージャー主導で実施することができます。

というより、EXTERNAL を使用した場合、通常の方法ですとフェールオーバーができないようにロックされているんですよね。

imageimage

とはいっても、SQL Server ですので何らかの方法で、SQL Server に対してクエリを実行してフェールオーバーを実行しているのではと思って調べてみました。

結論を書くと、EXTERNAL を使っていても、クエリベースでフェールオーバーを実行することは可能でした。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

8月 26th, 2017 at 7:22 pm

SQL Server on Linux の可用性グループのリスナーの作成方法

leave a comment

Linux 上の SQL Server の Always On 可用性グループを構成します。 に基本的な作業は記載されていますが、一度まとめておきたいと思います。 Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

8月 26th, 2017 at 6:25 pm

SQL Server 2016 / 2017 の AlwaysOn 可用性グループのドキュメントで確認をしておきたいもの

leave a comment

資料を作成していて、AlwaysOn 可用性グループに関してのドキュメントが、SQL Server 2016 がリリースされた当時からいろいろと更新されていたようでしたのでメモとして。

Written by masayuki.ozawa

8月 23rd, 2017 at 12:41 am

SQL Server 2017 のクロスプラットフォームの AlwaysOn

leave a comment

SQL Server 2017 では、クロスプラットフォームの AlwaysOn が構築できるようになっています。

Setting up SQL Server High-Availability between Windows and Linux with SQL Server 2017 では分散型可用性グループで構築を行っていたようなのですが、クラスターレス可用性グループで構築することができるのかなと思って試してみました。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

8月 17th, 2017 at 10:41 pm

SQL Server 2017 におけるクエリの最適化について

leave a comment

SQL Server 2017 ではクエリの最適化のための機能がいくつか追加されています。

image

これらについて、どのような情報を確認すればよいか、軽くまとめておきたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

8月 17th, 2017 at 10:09 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

SQL Server on Linux の AlwaysOn 可用性グループで自動フェールオーバーが可能な構成

leave a comment

最近、クラスターレス可用性グループしか触っていなかったのですが、Azure で Netsted VM ができるようになり、検証環境のリソースが取れるようになったので、久しぶりに SQL Server on Linux の Pacemaker を使用した可用性グループを構築していたところ、いろいろと情報が追加されていたので軽くメモを。

重要なドキュメントしては High availability and data protection for availability group configurations が大幅に更新されていることでしょうか。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

8月 15th, 2017 at 11:41 pm

SSMS 17.2 がリリースされました

leave a comment

SSMS 17.2 がリリースされました。

Download SQL Server Management Studio (SSMS)

新しい機能については、SSMS 17.2 に記載されていますが、かなり機能が追加されています。

パフォーマンスダッシュボードが SSMS のカスタムレポートに統合 / ついに SQL Database についてもインテリセンスが有効になった / 実行プランの検索が可能になったりと、かなり利便性が向上しています。

MSSQL Tiger Team のブログでも新機能について紹介されていますので、時間があるときに情報を確認していきたいなと。

New in SSMS: Performance Dashboard built-in
New in SSMS: Searching in Showplan

Written by masayuki.ozawa

8月 9th, 2017 at 9:43 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

SQL Server 2017 RC2 が提供されました

leave a comment

SQL Server 2017 RC1 がリリースされたなと思っていたら、続けざまに RC2 がリリースされました。

SQL Server 2017 Release Candidate 2 (RC2) is now available

リリースノート等を見てみたのですが、今回はバグフィックスと性能改善が主な内容となっており、機能面での変更はなさそうですね。

What’s new in SQL Server 2017

Latest release: SQL Server 2017 Release Candidate (RC2, August 2017)

This release contains bug fixes and performance improvements.

What’s new for SQL Server 2017 on Linux

RC2

The RC2 release contains miscellaneous bug fixes and improvements.

Written by masayuki.ozawa

8月 3rd, 2017 at 8:37 am

Posted in SQL Server

Tagged with ,

SQL Server 2017 RC1 が公開されました

leave a comment

MS のブログでアナウンスされていますが、SQL Server 2017 の最初のリリース候補版となる SQL Server 2017 RC1 が公開されました。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

7月 19th, 2017 at 12:17 am

Posted in SQL Server

Tagged with ,