SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘Azure’ tag

Azure Automation で PowerShell Runbook を作成する際の覚書 (2020/4 版)

leave a comment

Azure 上で、PowerShell を実行する場合、Function App を使用して書いてしまうことが多いのですが、実行時間やスケジュール設定の GUI 視認性 (cron 形式ではないスケジューリングの設定) などで、Azure Automation の PowerShell Runbook を使用してスクリプトを実行するケースもあるかと思います。

どうやって使ったかというのを忘れることがしばしばあるので、この機会にまとめておこうかと。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

4月 15th, 2020 at 11:23 pm

リソースヘルスアラートを使用したリソースレベルの正常性検知

leave a comment

SQL Database の基本的な診断情報の取得について -2020/3/20 版 で触れた、リソース正常性の検出方法である、リソースヘルスアラート (Resource Health Alert) を実際に設定してみました。

設定方法については、Resource Manager テンプレートを使用して Resource Health アラートを構成する の内容そのままですね。

どのような正常性チェックが使用できるかについては、Azure Resource Health で利用できるリソースの種類と正常性チェック に記載されています。

リソースヘルスアラートについては、ポータルからは設定することができず、ARM テンプレートベースのデプロイで設定を行う必要があります。

設定については、次の 2 ステップで作業を実施します。

  1. アクショングループの設定
  2. リソース ヘルス アラートの ARM テンプレートを作成

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

3月 22nd, 2020 at 5:45 pm

Posted in Azure

Tagged with

Front Door のタイムアウト設定を変更してみる

leave a comment

Azure Front Door—March 2020 updates でアナウンスがありましたが、Front Door のアイドルタイムアウトの設定が変更できるようになりました。

Configurable idle timeout—Customize the idle timeout when Front Door waits on the first packet of request/response.

Azure Front Door Service の制限 にも記載されていますが、Front Door からバックエンドへの応答については次のような制限があります。

Front Door からアプリケーション バックエンド
  • 応答がチャンク応答の場合、先頭のチャンクを受信したときに 200 が返されます。
  • HTTP 要求がバック エンドに転送された後に、Front Door はバック エンドからの最初のパケットを 30 秒間待機します。 それからこれはクライアントに 503 エラーを返します。
  • バックエンドからの最初のパケットを受信した後、Front Door はアイドル タイムアウトの 30 秒間を待ちます。 それからこれはクライアントに 503 エラーを返します。
  • Front Door からバックエンド TCP セッションへのタイムアウトは、30 分です。

デフォルトの設定では、バックエンドから 30 秒応答がない場合は 503 エラーが返されることになります。
この設定が変更できるようになりました。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

3月 22nd, 2020 at 1:12 am

Posted in Azure

Tagged with

同一のリソース名のマネージド ID が存在する場合の SQL DB のユーザー作成について – 暫定版 –

2 comments

SQL Database の認証には、Azure のリソースのマネージド ID (MSI) を使用することができるようになっています。

マネージド ID をサポートしているサービスについては  Azure リソースのマネージド ID をサポートするサービス に記載されていますが、これらのサービスが接続をする際にはマネージド ID による接続ができる可能性があります。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

3月 19th, 2020 at 11:42 pm

Posted in Azure,SQL Database

Tagged with ,

イベントハブに送信されている診断ログを SQL Database の DB で受信する

leave a comment

以前から、イベントハブに送信された Azure の診断ログを SQL Databae に取り込むということができていたかと思います。

昨年末ぐらいに、Azure SQL Database Stream Analytics 統合という機能がプレビューとして提供され、SQL Database のブレードからも Stream Analytics によるデータ取り込みの設定を行うことができるようになりました。

image

ブログのログをイベントハブに送信しながら、Stream Analytics から SQL Database のテーブルにデータ取り込みを実施してみたのでその時の覚書を。

今回はブログのフロントに配置している Front Door の診断ログ (アクセスログ) をイベントハブに送信し、それをテーブルに受け取るような設定を使っています。
(1 か月回していると、それなりの金額になりそうですので、今は BLOB に出力されている JSON を Data Factory 経由で取り込みを行うようにしています。)

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

3月 18th, 2020 at 11:19 pm

Azure Automation を使用して App Service のクォータ リミットに近い場合にスケールアップを行うことができるか試してみる

leave a comment

本ブログですが、今まではレンタルサーバー上で稼働させていたのですが、結構な頻度で 500 エラーが発生していたと思います。
ということで、ブログを Web Apps 上にお引越ししてみたところ、500 エラーの発生状況は改善したようでした。
(低いサービスレベルで動作させているからか、安定性がいまいちで、まだまだ対応が必要なことが多いですが…。)

左がレンタルサーバー上で実行していた時のステータスコードの比率なのですが、1 日のアクセス数の中で 18% 近くが 500 エラーとなっていたんですね…。
imageimage

 

個人サイトですので、SLA は必要がないのでひとまず、F1 で動作させているのですが、Free や Standard というようなサービスプランでは、1 日の中で CPU が使用できる時間が決まっています。

次の画像は料金表の内容となります。

image

F1 で 60 分 / D1 で 240 分の CPU 時間を使用することができるのですが、私のサイトの場合、F1 では確実に CPU 時間が不足し、D1 では平日にいろいろと作業をした場合に CPU 時間が不足する可能性があるのですよね。

ということで Azure Automation を使用して、クォータのリミットに近づいているかを取得しながら、スケールアップをするスクリプトが組めるかどうかを試してみました。

今回の処理は実行時間が長いわけではないので、Azure Automation ではなく、Azure Functions で実行した方が手っ取り早いのですが、今の Automation がどのようになっているのかを知りたくて、Automation を使っています。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

3月 15th, 2020 at 11:26 am

Posted in Azure

Tagged with

PowerShell で Azure REST API にアクセスする際の覚書

leave a comment

PowerShell で Azure の REST API を実行しようと思った際に、良く忘れてしまうのでメモとして。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

3月 12th, 2020 at 11:56 pm

Posted in Azure,Microsoft Azure

Tagged with ,

SQL Database に対して Private Link で接続をしてみる

leave a comment

先日、Private Link がプレビューで公開されました。

現時点で対応しているサービスとしては次のようなものがあります。

During public preview, Private Link supports Azure Storage, Azure Data Lake Storage Gen 2, Azure SQL Database, Azure SQL Data Warehouse, and customer-owned services.

 
Azure プライベート リンク の価格 に料金も出ていますが、時間と容量の課金がありますので、どの程度のコストがかかるかを把握しておくのもお忘れなく。
Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

9月 19th, 2019 at 7:33 pm

Posted in SQL Database

Tagged with ,

Ignite 2017 の Day1 Keynote のデータプラットフォームの内容のメモ

2 comments

Ignite 2017 のキーノートを見ながらぺたぺたと。
Ignite 2017 の動画についてはこちらから。
https://www.microsoft.com/en-us/ignite/default.aspx
Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

9月 25th, 2017 at 10:19 pm

SQL Database v12 の接続のリダイレクトについて

one comment

以前、TDS のバージョンによる Azure 内部からの SQL Database への接続の違い という投稿を書きました。
この投稿を書いたときは、Ports beyond 1433 for ADO.NET 4.5, and SQL Database V12 (ADO.NET 4.5、SQL Database V12 における 1433 以外のポート) の内容を元にしていました。

先日、Connect to Azure SQL Database V12 via Redirection という記事が公開され、ダイレクトルート (リダイレクト) についての詳細が解説されています。
これ以前にも、Azure SQL Database Investments and Roadmap  という PASS 2015 のセッションでも紹介されていたはずなのですが、このセッションについては PASS の参加者やセッションレコーディングを購入しないと確認することができないものだったのですが、Docs.com の Cloud Roadshow Seoul Use relational database as a service がこのセッションの内容を元にしたものとなっており、こちらでも情報が公開されていました。

いろいろと情報が出てきましたので、ここで一度内容をまとめてみたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

9月 10th, 2016 at 2:17 pm

Posted in SQL Database

Tagged with ,