SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘Exchange’ Category

Exchange Server 2010 SP1 をインストールしてみました

leave a comment

先日、Exchange Server 2010 SP1 の提供が開始されましたのでインストールをしてみました。
Exchange Server 2010 のインストールについては自習書が提供されていますので、自習書に書かれていない箇所だけを
記載していきたいと思います。

1. インストール編 (Word ファイル、11.2 MB)

Exchange Server 2010 SP1 は SP1 のインストーラーを使うことで、スリップストリームインストールができますので、
Non SP → SP1 という順番でインストールをしなくても、最初から SP1 をインストールすることができます。
エッジトランスポートサーバーでしか試せていませんが、SP1 Beta → SP1 にアップデートすることもできました。

基本的な内容は、以前 SP1 Beta の時に検証した内容と変わらなさそうです。
Beta の時は英語だったメッセージが日本語になっていたりはしますが。

Exchange Server 2010 Non SP と SP 1 Beta の比較

?

■Exchange Server 2010 SP1 / 言語パックのダウンロード先

SP1 と SP1 対応の言語パックのダウンロード先は以下になります。
SP1 に対応した言語パックを使用します。

Microsoft Exchange Server 2010 SP1
Exchange 2010 SP1 言語パック バンドル
Exchange Server 2010 SP1 UM 言語パック

?

■Windows コンポーネントのインストール

Exchange Server 2010 SP1 をインストールするためには、いくつかの役割 / 機能をインストールする必要があります。
Exchange Server 2010 では、ServerManagercmd ?ip を使用してコマンドベースでインストールしていました。
Exchange Server 2010 SP1 では、インストーラーで役割 / 機能をインストールできるようになっています。
# インストールメディアに Scripts ディレクトリに XML ファイルが格納されているので従来通り ServerManagercmd で
  インストールすることも可能です。

image image

前提条件の確認時に必要となる役割 / 機能がインストールされるのですが、再起動が必要になるので何回か作業を繰り返す必要があります。
image?

[Net.Tcp Port Sharing Service] のサービスの自動化もこの中で実施してくれます。

image

?

■分散型アクセス許可セキュリティ モデル

SP1 で新たに追加されたセキュリティ モデルになります。
Exchange の権限と AD の権限が分散されたセキュリティモデルが作られるようですね。

ドメインコントローラーに Exchange Server 2010 をインストールする場合、分散型アクセス許可セキュリティ モデルは
使用することができません。
image?image

?

■Filter Pack のインストール

Exchange 2010 SP1 Beta までは、[2007 Office system コンバータ: Microsoft フィルタ パック] を
インストールする必要がありましたが SP1 RTM では、 [Microsoft Office 2010 フィルタ パック] を
インストールするように変更されています。

image

?

■前提モジュールのインストール

SP1 Beta とは前提モジュールが変わっているようですね。

image

以下の前提モジュールのインストールが必要となるようです。
# Windows Server 2008 R2 にインストールする場合の前提モジュールになります。

Windows Update ではインストールされませんので個別にダウンロードしてインストールをする必要があります。

KB982867 – WCF: Enable WebHeader settings on the RST/SCT
アプリケーションを実行すると応答が複数の AppDomain の .NET Framework 2. 0 ベースのアプリケーションを停止します。
# このリンク、インストーラーで表示されている URL が間違っています…。
 linkid=3052kbid=979744 ではなく、linkid=3052&kbid=979744 が正しいです。
KB983440 – Win7 rollup package (PR for QFE 810219)
[FIX、Microsoft .NET Framework 2. 0 Service Pack 2 に基づいており、Web サービスの呼び出しを非同期に呼び出すアプリケーション、Windows 7 を実行しているコンピューター上の例外をスローします。

?

?

?

ここまで準備が完了するとインストールを実施することができます。
image

2GB のメモリを割り当てている環境で、一時間ほどでインストールが完了しました。

image

SP1 Beta と基本的な流れは同じですが、前提パッチ等は変更があったみたいですね。

機能に関しては別途確認したいと思います。

Written by Masayuki.Ozawa

8月 29th, 2010 at 4:28 pm

Posted in Exchange

Exchange Server 2007 SP3 を試してみました

leave a comment

先日、Exchange Server 2007 Service Pack 3 の提供が開始されました。

SP3 で、 Windows Server 2008 R2 上での実行がサポートされるようになりました。

こちらの画像が、SP2 を Windows Server 2008 R2 でインストールをしようとしたときの画像になります。
# SP2 までは 2008 R2 から、組織の準備 (Setup.com /ps , /pl , /p , /pd) を実行することもできませんでした。
image

SP3 では Windows Server 2008 R2 に対応しましたので、インストールができるようになっています。
# SP3 からインストールすることで Exchange 2007 with SP3 をスリップストリームインストールすることができます。
image

Windows Server 2008 R2 で CDOEx を使う場合は、以下の技術情報の修正プログラムを適用する必要があるようです。
Windows Server 2008 R2 で CDOEX レジストリ キーのアクセス許可の変更すると、Exchange Server 2007 の SP3 をインストールする必要があります。

SP3 では、SP2 までの [Scripts] ディレクトリに入っていた、[ServerManagercmd ?ip] で各役割に必要な機能をインストールするための XML ファイルが
提供されていないようなので、インストール時の役割 / 機能を使いするときには SP2 までのメディアから XML ファイルをコピーしておくと便利かと。
image?

?

Exchange 2007 SP3 の新機能ですが、以下の技術情報に記載されています。

Exchange Server 2007 SP3 の新機能

SP3 で、スキーマ拡張が入っているようなので、SP2 までを使用している場合も AD 側の変更は必要になるようです。

面白い機能としては、パスワードリセットツールが追加されている点かと。
image

Exchange 2007 SP3 パスワード リセット ツールを有効にする方法

Exchange 2000 からの単純移行は、Exchang 2007 までしか対応していないため、Exchange 2007 がインストールできる
OS が増えたことはうれしいですね。

Written by Masayuki.Ozawa

6月 27th, 2010 at 3:19 pm

Posted in Exchange

Exchange Server 2010 Non SP と SP 1 Beta の比較

leave a comment

先日、Exchange Server 2010 SP1 Beta が公開されました。
Microsoft Exchange Server 2010 SP1 Beta
Exchange Server 2010 SP1 Beta Help

気づいた点だけではありますが、Non SP と SP1 Beta の比較などをまとめてみたいと思います。

■インストールについて

ダウンロードできる Exchange server 2010 SP1 Beta ですが、これは [With SP1 Beta] となっています。
新規にインストールをする場合は、Non SP → SP1 Beta という手順でインストールをしなくても、SP1 Beta を
インストールすることで、SP 1 Beta 環境を構築することが可能となっています。

もちろん、Non SP の環境の場合は SP1 Beta でアップグレードが可能です。

Non SP

SP1 Beta

image image

?

インストール直後は [Standard Trial Edition] となっています。
image

■役割 / 機能の追加について

Non SP では、Exchange の役割 / 機能を追加するときには、[ServerManagercmd ?ip] で、[Scripts] 配下の
XML ファイルを使って必要となる役割 / 機能をインストールすることができました。

Non SP

SP1 Beta

image image

?

SP 1 Beta でもこのスクリプトは提供されていますが、SP1 ではインストール時に必要となる役割 / 機能を追加できるようになっています。
# Server Managercmd ?ip で読み込むことができる XML のファイル数は少なくなっているみたいですね。

Non SP

SP1 Beta

image image
image image
image image

前提条件の確認時に必要な役割 / 機能のインストールが実施されます。
実行後は再起動をする必要があります。
image

再起動後に、インストールを実行すると以下のようなメッセージボックスが表示されます。
image?

前回のインストールから続けますかというメッセージなっているので、[はい] をクリックしてみます。
そうすると、前回の続きからインストールが再開されるのですが必要となるコンポーネントが追加されていないということでエラーとなります。
image

初回インストール時の [必要なコンポーネントのインストール] では必要となるすべての機能がインストールされていないみたいなんですよね。
そこで、前回のインストールから再開しない ([いいえ] をクリック) ようにして再度、役割 / 機能をインストールするところから始めます。

そうすると必要となるコンポーネントはすべてインストールされます。
現在のインストーラーだと 2 回、最初からインストールを実行しないといけないみたいですね。
image?

忘れがちな (私だけ??)、[Net.TCP Port Shareing Service] の自動化も、[必要なコンポーネントを構成しています] で実施してくれます。
image

?

■必要となる修正プログラムの追加

Exchange 2010 をインストールするときは [2007 Office system コンバータ: Microsoft フィルタ パック] が必要でした。
image
image

Exchange 2010 SP1 Beta では必要となるプログラムが追加されています。
image

KB979533 – WCF: Skip writing http headers/status code to response stream
修正プログラム ロールアップ Windows 通信基盤、.NET Framework 3. 5 SP1 は Windows 7 と Windows Server 2008 R2 には

どちらの修正プログラムも MSDN Code Gallery からダウンロードするものになっています。
今回、初めて MSDN Code Gallery にアクセスしました。
MSDN Code Gallery から必要となる修正プログラムをダウンロードするのって珍しい気がします。

Windows Server 2008 R2 で検証をした際には、[KB981002] の修正プログラムだけインストールすれば前提はクリアできました。

?

■厳密な分割型アクセス許可セキュリティ モデル

組織の設定時に [厳密な分割型アクセス許可セキュリティ モデル] というチェックが増えています。
現在のヘルプにはこの内容が記載されていなかったようなので、具体的な内容はまだ調べられていません…。
OU の構成は変わるようですね。

Non SP

SP1 Beta

image image
image image
image

?

[分散型アクセス許可モード] では、Exchange をドメインコントローラーにインストールすることはできないようです。
image

?

■OWA の変更

SP1 Beta で一番大きな変更が OWA だと思います。
かなり UI が変更されています。
OWA Light はそれほど変わっていないみたいですね。

Non SP

SP1 Beta

image image
image image?
image image
image image

予定表には印刷機能が追加されています。
image
image
image

?

■OWA の添付ファイル機能の変更

Silverlight がインストールされていると添付ファイルの設定機能が拡張されます。

Non SP

SP1 Beta

image image
image image
image image

?

Silverlight をインストールしていると添付ファイルをクリックしたときには以下の画面が表示されます。
image
Silverlight をインストールしていない場合は、複数ファイルを添付する場合、一ファイルずつ参照する必要があるのですが、Silverlight を
インストールしている場合は複数ファイルを選択することができます。
image

また、Silverlight をインストールしているとファイルの添付をしている最中にメールの編集ができるようになります。
image

?

■ECP の変更

通常使用する OWA だけでなく、ECP もレイアウトが変更されています。

Non SP

SP1 Beta

image image
image ?
? image?
image?
image
image image

?

■制限の表示単位の変更

メールボックスデータベースの制限の表示が [KB] から [MB] に変更されています。
正直 [KB] は面倒だったので [MB] に変わったのはよかったです。

Non SP

SP1 Beta

image image

?

■リモートドメインの設定

リモートドメインに BPOS 用の項目が増えています。
BPOS に対してどのように使用するかは調べないと。

Non SP

SP1 Beta

image image

?

?

■アーカイブメールボックスの設定

この変更は結構大きいかもしれないですね。
Non SP ではアーカイブメールボックスはメールボックスデータベースと同一になっていましたが、SP1 Beta ではアーカイブメールボックスを
別のメールボックスデータベースに設定できるようになりました。

Non SP

SP1 Beta

image image
image image

?

?

■アイテム保持ポリシー

[メールボックス] の [組織の構成] に [アイテム保持ポリシー] [アイテム保持ポリシー タグ] が追加されています。
[管理された既定フォルダー] [管理フォルダー メールボックス ポリシー] [管理されたカスタム フォルダー]
表示がなくなったようです。

試しに [Get-ManagedFolder] コマンドレットを実行してみたのですが、SP1 Beta だと結果が表示されないんですよね。
プロダクトキーを入力して、[Enterprise Edition] にしても表示は変わらなかったため、この辺はちゃんと調べた方が良さそうです。

Non SP

SP1 Beta

image image

?

?

■役割の割り当てポリシー

メールボックスの機能に [役割の割り当てポリシー] が追加されています。
使い方は今度調べたいと思います…。

Non SP

SP1 Beta

image image
image

?

?

■管理者の表示名の変更

[管理者] が [上司] に変更になっていますね。
変更後の [上司] の方が個人的にはわかり易いな~と思っています。

Non SP

SP1 Beta

image image

?

?

■ユニファイドメッセージングツールの追加

ツールボックスに [ユニファイド メッセージング ツール] が追加されています。
UM はデモで見たことがあるぐらいなので、理解度が低いのでもっと勉強を頑張らないと…。

微妙に [リモート接続アナライザー] のアイコンも変わっていたりします。

Non SP

SP1 Beta

image image?

?

■Default Domain Policy が EMC で変更可能に

Non SP だと EMC で [Default Domain Policy] が変更できなかったのですが、SP1 Beta で無事に変更ができるようになりました。

Non SP

SP1 Beta

image image

?

?

■エッジ トランスポートで追跡ログ エクスプローラーが実行可能に

Non SP では以下の KB で記載されているようにエッジトランスポートで追跡ログ エクスプローラーが使用できませんでした。

アシスタントの Exchange トラブルシューティング ツールは、Exchange Server 2010 エッジ サーバー上でメッセージ追跡用のタスクが動作しません。

SP1 Beta で実行できるようになりました。
今まではコマンドで取得しなくてはいけなかったので、この修正がされたのはうれしいですね。

Non SP

SP1? Beta

image image

?

ざっと確認したところ以上の変更があるようでした。
まだまだ探すとたくさんあるとは思うのですが。

結構便利な機能があるので、機能向上の面でも SP1 は適用したいですね。

Written by Masayuki.Ozawa

6月 12th, 2010 at 11:18 pm

Posted in Exchange

Exchange Server 2007 インストール時に Microsoft Exchange Transport サービスが起動できない

one comment

Exchange Server 2007 のインストール中に [Microsoft Exchange Transport] サービスが起動できず、
インストールが失敗するという現象が発生しました。

image
エラーが発生するタイミング

インストール中にこのサービスが起動しないということは [IPv6] 関連の設定かな~と思い、

Windows Server 2008 ベースのコンピューターで、Exchange Server 2007 のハブ トランスポートの役割または Microsoft Exchange Server 2010 のハブ トランスポートの役割のインストールが失敗する

の設定を見直したのですが、IPv6 もきちんと無効になっていました。

では、IPv6 を有効にしたらどうかと思って試してみてもこちらもエラーに。

現象としては、インストール時は [Microsoft Exchange Transport] サービス (MSExchangeTransport) が起動できないのですが、
再起動してみると正常にサービスが起動できるという不思議な現象。

イベントビューアーにはサービスの起動を試行しているタイミングでイベント ID [2114] が出力されているのですが、
メッセージに出力されている、[Microsoft Exchange Active Directory Topology] も 正常に起動しているし、
Exchange Server 2007 も適切な AD DS が使用されるようにサイトの設定も行っていました。
# 再起動後にサービスが起動できるので AD 関連は問題ないんだろうな~と考えていました。

セットアップのログをみると確かにサービスの起動を再試行しているログが出力されているのですが、原因となりそうな
エラーは見当たらず、インストール時にサービスを起動しないセットアップモードがないのかな~と思い調べてみたら、
そのものずばりなインストールのオプションがありました。
# 検索サイトでもいろいろと確認していたら海外のサイトで同様の現象があり、サービスを起動しないモードで
 
インストールを試してみてはという回答も見つかりました。

無人モードで Exchange 2007 をインストールする方法

[/DoNotStartTransport] というオプションがあり、このオプションの説明は以下のように記載されています。

セットアップの完了時に Microsoft Exchange Transport サービスが起動しないように指定するには、
/DoNotStartTransport パラメータを使用します。

既定では、ハブ トランスポート サーバーの役割またはエッジ トランスポート サーバーの役割のいずれかを
インストールした後に、セットアップ プログラムは Microsoft Exchange Transport サービスを開始します。
エッジ トランスポート サーバーまたはハブ トランスポート サーバーが電子メール メッセージを受け付ける前に、
たとえば、スパム対策エージェントの構成などの追加の構成を行う必要がある場合はこのパラメータを
使用します。
/RecoverServer パラメータを使用してハブ トランスポート サーバーまたはエッジ トランスポート サーバーを
回復する場合に、このパラメータを使用することをお勧めします。
これによって、Microsoft Exchange Transport サービスを開始する前に、障害が発生したサーバーから
新しいサーバーの適切な場所にキュー データベースを移動できます。

[/DoNotStartTransport] オプションの説明

コマンドとしては以下のような形式になります。
# 1 行で実行します。

setup.com /mode:install /s:D: /role:M,H,C /OrganizationName:<Exchange 組織名>
/dc:<ドメインコントローラー FQDN> /DoNotStartTransport

?

コマンドからインストールを実行する場合は、インストール時に [Microsoft Exchange Transport] サービスを起動しないという
設定をすることができます。

今回は、インストール時だけなぜかサービスが起動できないという現象でしたのでこの方法で回避することができました。
# インストールして再起動後も正常にサービスが起動でき、ロールアップも適用できました。

再現環境が自宅に作れなかったので根本的な原因が分からなかったのが気にはなるのですが回避方法として使えるかと。

Written by Masayuki.Ozawa

4月 21st, 2010 at 3:26 pm

Posted in Exchange

Exchange 2007 を Windows Server 2008 R2 AD DS 環境にインストールする際の注意

leave a comment

Written by Masayuki.Ozawa

3月 6th, 2010 at 12:45 pm

Posted in Exchange

Exchange Server 2007 / 2010 のサイジングツールについて

leave a comment

目下、Exchange 2007 / 2010 の MCP を取得するために勉強中です。
# 2 月に受けようと思っていたのですが、勉強がなかなかはかどらず 3 月にリスケです。
 最近このパターンが多いのできちんと勉強の時間配分を調整しないと駄目ですね。

Exchange Server のサイジングツールについて一度まとめておくと便利かなと思ってまとめてみました。
# 私が Exchange を触りだしたのは 2007 からなので、2007 と 2010 について。
??? 2000 / 2003 は本当に少し触れる程度です。MCSE Messaging も取りたいな~とは思っているのですが。

■Exchange Server 2007 のサイジングツール

HP Sizer for Microsoft Exchange Server 2007
Exchange Server 2007 Storage Cost Calculator
Exchange 2007 Mailbox Server Role Storage Requirements Calculator spreadsheet
System Center Capacity Planner Exchange Server 2007
# System Center Capacity Planner (SCCP) についてはこの投稿を書いている時点ではダウンロードができなくなっていました。

?

■Exchange Server 2010 のサイジングツール

HP Sizer for Microsoft Exchange Server 2010
E2010 Mailbox Server Role Requirements Calculator

サイジングではないですが、Exchange の展開前には以下のツールも便利そうです。
Exchange Deployment Assistant
Exchange Pre-Deployment Analyzer

Exchange Pre-Deployment Analyzer (ExPDA) は英語 OS を実行環境として展開されますので、日本語 OS で
実行する場合には、ExPDA インストール先の [en] ディレクトリの名前を [ja] に変更する必要があります
image

[en] ディレクトリのまま実行すると、

The configuration file C:Program FilesMicrosoftExchange ServerV14ExPDAExPDA.config.xml could not be found.

のエラーメッセージが表示され実行できません。

[en] ディレクトリを [ja] に変更すると実行することができます。
image image

HP Sizer は Exchange 2010 対応されましたが、SCCP もそのうち Exchange 2010 対応されるのでしょうかね??

Written by Masayuki.Ozawa

2月 28th, 2010 at 2:08 pm

Posted in Exchange

Hyper-V 上で実行している Exchange 2010 のバックアップについて

leave a comment

少し動作を確認しておかないといけないなと思い検証をしてみました。

■Windows Server バックアップを使用したゲスト OS のバックアップ取得

Windows Server 2008 / R2 の Windows Server バックアップは VSS に対応しており、ゲスト OS の VSS と連携して、
バックアップを取得することが可能となっています。

VSS の追加方法は以下の KB に記載されています。
Windows Server バックアップを使用して Windows Server 2008 ベースのコンピューターの親パーティションから Hyper-V 仮想マシンをバックアップする方法

本投稿作成時点は、日本語の KB では 2008 無印が対象 OS となっていますが、英語の情報では R2 も対象になっています。
# Fix it も R2 で実行可能です。
How to back up Hyper-V virtual machines from the parent partition on a Windows Server 2008-based computer by using Windows Server Backup

以下が上記の KB の作業を実施していない状態で、[vssadmin list writers] を実行した結果になります。
image

一見 Hyper-V 用の VSS が組み込まれているように見えますが、この状態では回復時にアプリケーションから [Hyper-V] を
選択することができません。
# この状態でもゲスト OS の VSS と連携はできているみたいなんですけどね。
image

KB の Fix it を適用すると回復時にアプリケーションが選択可能です。
image image

?

それでは、ここからが本題になります。

Exchange 2007 SP2 以降では、Windows Server 2008 用の Exchange 用 VSS ライターが追加されています。
このライターは Exchange 2010 でもデフォルトで追加されており、Windows Server バックアップを使用して、
Exchange のメールボックスデータベースをバックアップし、ログの切り捨てができるようになっています。
# 以前投稿した、Exchange 2007 / 2010 のバックアップについて の内容になります。

このライターが導入されたことにより、Hyper-V のホスト OS から Windows Server 2008 で稼働させている Exchange の
バックアップを取得すれば Exchange のメールボックスデータベースのバックアップも連携がされ、ログが切り捨てられるように
なるのではということに気付きました。

直近だと、Exchange 2007 で試しておいた方がよいのですが、ログがある程度たまっている Exchange の環境が 2010 しか
手元になかったため、まずは Exchange 2010 で検証をしてみました。

■バックアップ前のログの状況

最近、バックアップを取得していなかったためかなりログが溜まってしまっていました…。
image

この状態でホスト OS からバックアップを取得してみます。

■ホスト OS からバックアップを取得

今回のゲスト OS は F ドライブに配置しています。
image

そこで、Windows Server バックアップでは F ドライブのバックアップの取得を行います。
image

VSS の設定に関しては、[VSS 完全バックアップ] で設定しています。
image

このバックアップを G ドライブに取得します。
image

■ ゲスト OS で確認

バックアップを進めていると、ゲスト OS のイベントビューアに以下の情報が出力されます。
image image

ホスト OS のバックアップでゲスト OS の Exchange VSS Writer が同期して実行されていますね。
ログのディレクトリを確認してみるとログの切り捨てが行われています。
image

ゲスト OS でバックアップを取得した場合と同じ動作になっていますね。

?

バックアップも正常に完了しました。
image?

時間がある時に Exchange 2007 も同様の動きになるがきちんと確認しておきたいと思います。

Written by Masayuki.Ozawa

2月 21st, 2010 at 3:12 pm

Posted in Exchange