SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for 3月 28th, 2019

SQL Server 2019 CTP 2.4 がリリースされました

without comments

だいたい月次リリースで SQL Server 2019 の CTP がリリースされているのですが、2.4 がリリースされました。
まさか 3 月に 2 回 CTP がリリースされるとは…。

新機能の詳細はこちら。

データベースエンジン回りと、SSAS に機能向上が行われています。
データベースエンジン
Big Data Cluster
詳細は Release notes for big data clusters on SQL Server の CTP 2.4 の情報から。

  • Big Data Cluster の GPU サポート
    • Spark で TensorFlow を使用して深層学習を実行するための GPU サポートについてのガイダンスが公開されました。
      Deploy a big data cluster with GPU support and run TensorFlow
    • ガイダンスでは AKS を GPU インスタンスを使用して構築し、そのうえで Big Data Cluster の構築を行っています。
      • Big Data Cluster を使用する場合に設定するレポジトリが GPU 向けの設定となっているようです
  • 外部データソースの手動作成
    • CTP 2.3 までは、DataPool / Storage Pool の外部データソースが作成されていたのですが、CTP 2.4 から作成されなくなったため、手動で作成をする必要があります。
      External tables
    • model に事前に設定しておいてあげると、新規 DB 作成時に反映されて楽かもしれませんね。
  • Data Pool に対して INSERT INTO SELECT のサポート
    • CTP 2.3 までは、T-SQL を使用して Data Pool に対してデータを投入する際には、「sp_data_pool_table_insert_data」というストアドプロシージャを使用していたのですが、CTP 2.4 からは、ストアドプロシージャが廃止され、INSERT INTO SELECT により、Data Pool に対してデータ収集を行う方法となったようです。
      Tutorial: Ingest data into a SQL Server data pool with Transact-SQL
    • ある程度のまとまった行数を挿入する場合、複数の DB にレコードが分散されていました。
      (テスト時は、2700~3800 行ぐらいが分散単位となっていました)
  • Spark のバージョンが 2.4 にバージョンアップ
    • CTP 2.3 までは、Spark は 2.3.x が使用されていたのですが、2.4 が使用されるようになりました。
  • 外部テーブルに対して Compute Pool の利用の制御
    • 通常、外部テーブルへのアクセスについては、Master Instance から実行されます。
      これを Compute Pool 経由でアクセスするように実行するオプションが追加されました
      • OPTION(DISABLE SCALEOUTEXECUTION)
      • OPTION(FORCE SCALEOUTEXECUTION)

データベースエンジン

  • 文字列の切り捨てメッセージの動作の変更
  • クエリの実行プラン取得方法の機能向上
    • どちらも軽量クエリプロファイリングの使用時に、実際の実行計画に相当する情報を取得するための方法となり、軽量クエリプロファイリング v3 の一貫として追加されているようです。
      Lightweight query execution statistics profiling infrastructure v3
    • 拡張イベント : query_post_execution_plan_profile の追加
      • 軽量プロファイリングに基づいて取得された実行プランを、拡張イベントで収集するためには、このイベントを使用するようです。
    • DMV : sys.dm_exec_query_plan_stats の追加
      • 軽量プロファイリングに基づいて最後に実行された実際のクエリ実行プランを調べるための方法のようです。
        • 使用するためにはトレースフラグ 2451 が必要となります
  • 透過的データ暗号化 (TDE) の一時停止 / 再開のサポート

SSAS

  • 表形式モデルの多対多のリレーションシップのサポート (互換性レベル 1470 が必要)
  • メモリ設定のリソースガバナンス

Written by Masayuki.Ozawa

3月 28th, 2019 at 9:45 am

Posted in SQL Server

Tagged with ,