SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for 2月 19th, 2017

SQL Server v.Next CTP 1.3 の AlwaysOn の機能拡張

without comments

昨日の投稿で、SQL Server v.Next CTP 1.3 の Linux の AlwaysOn について記載をしました。

現状公開されている情報は、Always On Availability Group for SQL Server on Linux からの一連のドキュメントになるかと。
MS のブログでのアナウンスは、SQL Server on Linux: Mission-critical HADR with Always On Availability Groups になっています。

今回の CTP で拡張された機能としては、What’s New in SQL Server vNext で記載されている、以下の内容となります。

What’s New in SQL Server vNext CTP 1.3 (February 2017)


SQL Server Database Engine
  • Indirect checkpoint performance improvements.
  • Cluster-less Availability Groups support added.
  • Minimum Replica Commit Availability Groups setting added.
  • Availability Groups can now work across Windows-Linux to enable cross-OS migrations and testing.
  • Temporal Tables Retention Policy support added,
  • New DMV SYS.DM_DB_STATS_HISTOGRAM
  • Online non-clustered columnstore index buill and rebuild support added
  • 5 new dynamic management views to return information about Linux process. For more information, see Linux Process Dynamic Management Views.
  • sys.dm_db_stats_histogram (Transact-SQL) is added for examining statistics.

SQL Server v.Next に関しては、SQL Server on Linux が目立っていますが、これらの情報は SQL Server on Windows でも共通の情報となっており、Windows 版の SQL Server でも確認することが可能です。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

2月 19th, 2017 at 12:26 pm

Posted in SQL Server

Tagged with