SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

クラスターの障害テスト時の最大エラー数の上限に達したかの確認

with 2 comments

クラスターの障害テストを実施する際に、意図的に障害状態とするために「エラーのシミュレート」を使用してテストをすることがあるかと思います。

連続したテストを実施している場合、「指定した期間内の最大エラー数」と「期間 (時間)」の設定の制限で、フェールオーバーしないことがあるかと思います。
image

フェールオーバーしなかったときに、上限に達したのでフェールオーバーしなかったかの確認の方法を。

 

クラスターのノードで以下のコマンドを実行することで確認できます。

Get-ClusterLog
Get-Content C:\windows\Cluster\Reports\Cluster.log | Select-String LastFailover

これにより以下のようなログを取得することができます。

00000614.00000810::2016/01/28-13:52:52.052 INFO  [RCM] move of group AlwaysOn-AG from SQL-01(1) to SQL-02(2) of type MoveType::Failover is about to succeed, failoverCount=1, lastFailoverTime=2016/01/28-22:52:50.691 targeted=false
00000614.000008c0::2016/01/28-13:53:03.359 INFO  [RCM] move of group AlwaysOn-AG from SQL-02(2) to SQL-01(1) of type MoveType::Manual is about to succeed, failoverCount=2, lastFailoverTime=2016/01/28-22:52:50.691 targeted=true
00000614.000008c0::2016/01/28-13:55:01.180 WARN  [RCM] Not failing over group AlwaysOn-AG, failoverCount 3, failoverThresholdSetting 4294967295, lastFailover 2016/01/28-22:52:50.691

 

最大エラー数の上限に達して、フェールオーバーsなかった場合あh、上記のログの最後の行の WARN のメッセージが出力されます。

このメッセージには最後にフェールオーバーしたタイミングと、フェールオーバーの回数が出力されていますので、どのタイミングで最後にフェールオーバーが発生し、フェールオーバーカウントがどれだけだったので、障害のままにしたかを確認することができます。

期間を経過する前にテストを実施したい場合は、最大エラー数を変更してテストを実施するのが一般的ですかね。

# 最大エラー数をリセットするコマンドってないですよね?

Written by Masayuki.Ozawa

1月 28th, 2016 at 11:18 pm

Posted in MSCS/WSFC(MSFC)

Tagged with

2 Responses to 'クラスターの障害テスト時の最大エラー数の上限に達したかの確認'

Subscribe to comments with RSS or TrackBack to 'クラスターの障害テスト時の最大エラー数の上限に達したかの確認'.

  1. エラー回数のリセットはクラスターの再起動が必要です。
    なので、クラスターの停止と起動以外はリセット方法はないですね。
    Stop-Cluster
    Start-Cluster
    あたりで!

    やみぃ

    29 1月 16 at 18:21

  2. やはりクラスターの再起動ですかね~。

    masayuki.ozawa

    29 1月 16 at 18:47

Leave a Reply