SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for 7月 7th, 2013

Windows 8 Pro と SkipRearm について

without comments

Windows Vista からライセンス認証クロックの考えが導入され、このブログでも Windows 7 の再初期化数について として紹介したことがありました。

Windows 8 の SkipRearm については 展開用のイメージをキャプチャする方法 (Generalize) に以下のような記載があります。

Windows 8 では、SkipRearm 設定を使って Windows のライセンス状態が指定されます。プロダクト キーを指定すると、Windows が自動的にライセンス認証され、Sysprep コマンドを回数に制限なく実行できます。応答ファイルに追加できる Windows コンポーネントと設定について詳しくは、Windows の無人セットアップのリファレンスに関するページをご覧ください。

Windows 8 になって SkipRearm がどのようになったのか検証していなかったので少しまとめてみたいと思います。

なお、今回は Windows 8 Pro + MAK (Retail) を使用しています。
KMS を使用する場合は、CMID の重複を避けるために Windows Vista または Windows 7 ベースの新しいクライアント コンピューターをネットワークに追加しても、KMS の現在の数が増加しない に書かれているように SkipRearm を行わないで CMID をユニークにする必要があります。これは KMS を使用した場合の Office を使用する場合も同様になるかと思いますので、クライアント展開時の認証方法を考慮したうえで使用有無を判断する必要が出て来るかと思います。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

7月 7th, 2013 at 6:22 pm

Posted in Windows Client

Tagged with