SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for 11月 29th, 2009

WSFC + SQL Server の Is Alive で使用されるアカウント

without comments

SQL Server のクラスタ構成では Is Alive のチェックで定期的な間隔 (デフォルトは 1 分) で

SELECT @@servername

が実行され、クラスタリソースの起動状況の確認がされます。

Windows Server 2003 上で SQL Server を MSCS で構築した場合は、Is Alive のチェックには、
クラスタサービスのサービスアカウント (ドメインユーザー) が使用されていました。
そのため、SQL Server のログインからクラスタのサービスアカウントを消してしまうとリソースが
起動できなくなります。

Windows Server 2008 の WSFC では、クラスタのサービスの起動アカウントはドメインユーザーではなく、
ローカルシステムアカウントで起動されます。

image

Windows Server 2008 だと、Is Alive のチェックはローカルシステムアカウントで実行されているのか
気になって調べてみました。

手っ取り早く調べるため、SQL Server Profiler を実行して確認してみました。

image

WSFC + SQL Server ではローカルシステムアカウントで Is Alive のチェックが実行されているようですね。

クラスタのサービスアカウントでチェックがされるという動作は WSFC でも変わらないようです。

Written by Masayuki.Ozawa

11月 29th, 2009 at 3:04 pm

Posted in MSCS/WSFC(MSFC)

TOP と ROWCOUNT を使用したデータ削除 その 2

without comments

すこし時間が空いてしまいましたが、件数を絞って削除するパターンで時間を計測してみたいと思います。

今回のテスト用のテーブルには date 型のフィールドを設定しています。

レコード削除時に日付を指定して削除を実行してみます。

– TOP を指定しないで範囲削除 –

SET NOCOUNT ON
USE [WORK]

DELETE FROM
??? [dbo].[Tbl1]
WHERE
??? [Col3] BETWEEN ‘2040-01-01’ AND ‘2100-12-31’

– 削除の処理時間 –

1 回目 11 秒
2 回目 10 秒
3 回目 14 秒

?

続いて TOP と ROWCOUNT を指定して削除してみます。

– 10,000 件ずつ削除 –

SET NOCOUNT ON
USE [WORK]

WHILE(0=0)
BEGIN
??? DELETE TOP(10000)
??? FROM
??????? [dbo].[Tbl1]
??? WHERE
??????? [Col3] BETWEEN ‘2040-01-01’ AND ‘2100-12-31’
??? IF @@ROWCOUNT = 0
??? BEGIN
??????? BREAK
??? END
END

?

– 削除の処理時間 –

1 回目 28 秒
2 回目 23 秒
3 回目 20 秒

特定件数ずつ削除したほうが遅いですね。

単純復旧モデルでチェックポイントを明示的に発生させながら、ログを切り捨てる場合以外は、
件数を指定して削除させるメリットはないかもしれないですね。

今まで処理効率が良いのかなと考えていたのですが違っていたようで。

Written by Masayuki.Ozawa

11月 29th, 2009 at 1:34 pm

Posted in SQL Server