SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘SQL Database’ Category

SQL Data Warehouse で Replicated Table が Public Preview でサポートされたようです

one comment

今日、この話題になって、「そういえばどうなったんだろう」と思って調べてみたところ How can we improve Microsoft Azure SQL Data Warehouse ? で「COMPLETED」となり、Public Preview として実装が行われたようです。

SQL DW のベースになった PDW では、初期から実装されていたかと思いますが、SQL DW でもついに来ましたね。

これにより、サイズについては最大で 2GB 程度までになるようですが、各コンピュートノードに分散された形でテーブルが配置されるような分散方法が可能になります。

Replicated Table を使用することで、各コンピュートノードにテーブルが配置されるようになるため、テーブルの結合時のデータの移動のコストを抑えることができるようになります。

マスター関連のテーブルで効果的に動作する感じですかね。

データの変更が頻繁に発生するものや、コンピュートノードの数を頻繁に変更するような場合には、情報の再構築のオーバーヘッドが発生するようですので、必要になるかはきちんと検討する必要があるかとは思いますが。

Written by masayuki.ozawa

7月 19th, 2017 at 9:38 pm

SQL Database で再開可能なオンラインインデックス再構築が Public Preview で利用可能となりました

one comment

Resumable Online Index Rebuild is in public preview for Azure SQL DB でアナウンスされていますが、SQL Database で、SQL Server 2017 で実装される再開可能なオンラインインデックス再構築が、Public Preview ではありますが利用可能となりました。 Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

7月 19th, 2017 at 1:08 am

Posted in SQL Database

Tagged with

SQL Database の長期保存バックアップで使用した Recovery Service が削除できない場合の対応方法

leave a comment

SQL Database の 長期保存バックアップ は、 Recovery Service 上に取得されます。
この Recovery Service を削除しようとした際に、ポータル上の内容ではすべての設定やコンテナーが存在していない状態でも、削除がエラーになることがあります。

この場合、Azure RecoveryServiceVault can’t be removed? の対応をすると削除ができるようになります。

$vault = Get-AzureRmRecoveryServicesVault -Name "VaultName"
Set-AzureRmRecoveryServicesVaultContext -Vault $vault


$container = Get-AzureRmRecoveryServicesBackupContainer -ContainerType AzureSQL -FriendlyName $vault.Name
$item = Get-AzureRmRecoveryServicesBackupItem -Container $container -WorkloadType AzureSQLDatabase
$availableBackups = Get-AzureRmRecoveryServicesBackupRecoveryPoint -Item $item
$availableBackups    


$containers = Get-AzureRmRecoveryServicesBackupContainer -ContainerType AzureSQL -FriendlyName $vault.Name
ForEach ($container in $containers)
{
    $items = Get-AzureRmRecoveryServicesBackupItem -container $container -WorkloadType AzureSQLDatabase
    ForEach ($item in $items)
    {
        Disable-AzureRmRecoveryServicesBackupProtection -item $item -RemoveRecoveryPoints -ea SilentlyContinue
    }
    Unregister-AzureRmRecoveryServicesBackupContainer -Container $container
}
Remove-AzureRmRecoveryServicesVault -Vault $vault

 

長期保存バックアップで使用しているサイズについても、ポータルから確認できる使用サイズに含まれているようなのですが、この領域を削除するための方法が、現時点のポータルからは用意されていないため、PowerShell を使用して、長期保存バックアップのコンテナーを明示的に削除する必要があるようですね。

これで削除を行えば、Recovery Service 自体も削除できるようになります。

Written by masayuki.ozawa

7月 17th, 2017 at 9:09 pm

Posted in SQL Database

Tagged with

Data Sync 2.0 が Azure Portal から設定できるようになりました

leave a comment

Migrating to Azure SQL Data Sync 2.0 で、2017/7/1 から、Data Sync の設定は Azure Portal からのみになるという記載があったことを思い出し、今どういう状態になっているんだろうと思って、確認をしたところ SQL Database に「別のデータベースに同期」という設定が増えていました。

image

先月の段階で、英語版のドキュメントについては、Data Sync 2.0 対応されていたんですね。
Getting Started with Azure SQL Data Sync (Preview)

制限等については次のドキュメントから確認することができます。
Sync data across multiple cloud and on-premises databases with SQL Data Sync

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

7月 12th, 2017 at 7:24 pm

Posted in SQL Database

Tagged with

SQL Database で互換性レベル 140 がパブリックプレビューとなりました

leave a comment

Public Preview of Compatibility Level 140 for Azure SQL Database でアナウンスされていますが、SQL Database で互換性レベル 140 がパブリックプレビューとなっています。

少し前から設定できていた気がしなくもないのですが、正式にパブリックプレビューになったのは今回のタイミングなんですね。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

7月 9th, 2017 at 11:06 am

Standard の Elastic Pool であれば並列クエリが実行できるようになっているようです

leave a comment

先日、Higher database eDTU limits for Standard elastic pools in Azure SQL Database のアナウンスがありましたが、Standard の Elastic Pool の DB 単位の eDTU の上限に変更があり、「200 / 300 / 400 / 800 / 1200 / 1600 / 2000 / 2500 / 3000」を最大の eDTU として選択ができるようになりました。。
プールの eDTU として、3000 まで、以前から対応していましたが、DB 単位の eDTU の最大は今までは 100 eDTU だったものが緩和された形ですね。 Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

6月 18th, 2017 at 9:08 pm

Posted in SQL Database

Tagged with

SQL Database のフェールオーバーグループの設定がポータルから可能になりました

leave a comment

SQL Database の Geo レプリケーションに自動フェールオーバーグループの機能が追加されました で投稿した際は、ポータルからは設定できなかったと記憶しているのですが、本日時点ではポータルから設定できるようになったようです。

image

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

5月 31st, 2017 at 10:47 pm

Posted in SQL Database

Tagged with

de:code 2017 DI02 で使用したリアルタイムダッシュボードの構成

leave a comment

本投稿が公開されているタイミングで、de:code 2017 で まかせて! Azure SQL Database に登壇させていただいています。

この中でデモでお見せした、SQL Database の リアルタイムダッシュボードの構成について説明させていただきます。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

5月 23rd, 2017 at 3:40 pm

Posted in SQL Database

Tagged with

de:code 2017 DI02 で使用したサンプルスクリプトについて

leave a comment

de:code 2017 の DI02 のセッションでは、いくつかのデモを実施しています。

その際に使用したサンプルスクリプト (PowerShell / SQL) ですが、以下からダウンロードしていただくことが可能です。
DI02 Demo Scripts

お時間の関係で見せられていないデモもあるかもしれませんが、今回のセッション用に作成したものを一通りまとめさせていただいておりますので、ご参考になれば幸いです。

Written by masayuki.ozawa

5月 23rd, 2017 at 3:40 pm

Posted in SQL Database

Tagged with

SQL Database の Geo レプリケーションに自動フェールオーバーグループの機能が追加されました

one comment

SQL Database の Geo レプリケーションに、自動フェールオーバーグループの機能が新規に追加されました。

Auto-Failover Group capabilities

Azure SQL Database now supports transparent geographic failover of database groups

 

基本的な動作については de:code 2017 の まかせて! Azure SQL Database で (山本さんが) お見せできるかなと。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

5月 12th, 2017 at 9:59 am

Posted in SQL Database

Tagged with