SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

PASS Summit 2016 Day 1 のキーノート

leave a comment

PASS SUMMIT 2016 が開催され Day1 のキーノート が配信されていますので、見ながらまとめを。
http://www.passsummit.com/
https://channel9.msdn.com/Events/SQL-Server/SQL-PASS-Summit-2016

事前のアナウンスとしては Top 5 Announcements at PASS Summit 2016 になるかと。

ということで、PASS SUMMIT 2016 始まりました。

image

最初は PASS 自体についてのお話し。
ワールドワイドの規模のコミュニティとなっていますね。
他にも PASS の PASSION AWARD についての発表があり。PASS の活動、SUMMIT 以外追えていないので、もうちょっと情報のキャッチアップの幅を増やさないとなと思った次第です。
image

スポンサーに AWS が入っているのは感慨深いですね。
RDS for SQL Server は SQL Server の動作を熟知して実装されているので、AWS の Windows プラットフォームへの投資はかなりすごいなと思う今日この頃です。
image

続いては、MS の Joseph Sirosh さんにバトンタッチ。

image

A.C.I.D INTELLIGENCE のお話に。

image

すべてのソフトにインテリジェンス、ということで様々なソフトウェアがピックアップされています。

image

インテリジェンスを 3 津で分類

image

最初は Intelligence DB について。

image

SQL Server 2016 は様々なアプリケーション、様々なデータに対してアクセスをし、R を使用した解析も可能なプラットフォームとなっています。

image

image

MS は 2 年連続で、Industry Leader に。
image

スピーカーは Rohan Kumar に。

image

この辺は Operational Analytics のお話ですね。

image

2016/11/15 に SQL DB でも GA というアナウンスが!!
この辺、あまり追えていなかったのですが、現状の SQL DB って、列ストアと In-Memory OLTP の実装どうなってるんですかね??

image

高速なトランザクションと R による高度な解析。
毎秒 100 万の予測の処理等、何をどうやっているのかさっぱりわからないデモもありました。
解析のプラットフォームとして SQL Server 2016 は十分に機能するということなんでしょうね。

image

 

image

SQL Server で、130 万ローン/sec の処理をこなしていると。
上述の仕組みでデータの解析等を実施しているのでしょうが、大量データを R で検索して、In-memory OLTP にデータを流し、そこを参照するというのはいろいろな仕組みで利用できそうですね。

image

ここでも R のお話が。R がわかっていないので、解析がどのように変わるのかのイメージがつかめておらず。
image

続いては HTAP ソリューションのスケールアウト構成。
AlwaysOn のセカンダリ使用するというシナリオでしょうか。
Polybase の接続先が増えてますね…。

image

デモでは Mongo につないでました。
image

様々なデータソースにつないでますね。
image

Polybase なので、計算ノードがスケールできています。
SQL Server / Database に対して分散ノードからの処理ができるということになるのでしょうかね。

image

この辺は SQL Database のインデックスアドバイザー等が該当しているところですかね。
インテリジェンスにデータベースを最適に保つ仕組みになるのでしょうか。

image

image

Windows Server の進化により、SQL Server の対応するメモリや CPU も増加。

image

Azure VM で Fast Track は考えたことなかったですね。

image

例のペンギンです。
image

RHEL の環境を使用した SQL Server on Linux のデモです。
yum でインストール。
image

続いてはセットアップに。
image

そして、SQL Server を開始。

image

RHEL で SQL SErver 動いています!!
image

Windows で取得したバックアップを SQL Server on Linux でリストアしています。
image

クエリの実行もいつも通りに。

image

Document DB のお話に。
image

Warking Dead でも利用されているそうです。
マッチング系でも使っているようです。
image
image
image

ミリオンという単位がそこらかしこに。
image

続いては、Intelligent Lake のお話。
image

image

Elastic なクラウドデータベースとして、SQL DWH が。
image

続いては事例に。
SQL DWH 以外にも様々な MS プラットフォームを使っているそうです。

image
imageimage
imageimage

フリートライアルのコードの話が。
image

続いて、本日アナウンスのあった、Azure Analysis Serviceのお話が。
AnyData ということで、様々なデータに接続するという使い方も。
image

クラウドの DB のサービスを使用して、データの解析ができる基盤が整ったということでしょうか。

image

この辺のデータレイクは苦手な領域ですね…。
Data Lake、いまだに触っていないので。
本来のデータレイクというとこの辺のサービスなのでしょうけども。

image

続いてはコグニティブ。
image

使われているサービスの紹介が。

image

Intelligent Lake のデモに。

image

USQL…、いまだに触ったことないっすわ。
image

image

image

最後は Deep Intelligence のお話。
この辺のメインは Azure ML や GPU ですかね。

image

SQL Server だと R ですか。
image
image

SQL Server のアップグレードのお話。
DEA が今回発表されたものでしょうか。
DEA は分散再生コントローラーを使用した A/B テストができるもののようでした。
image

redgate のこの製品、最近よく見ますね。

image

解析に使う言語の開発のプラットフォームですね。
VS に R 向けのツールがあるんですね。

image

Pokemon Go 向けの情報可視化のデモという感じでしょうか。
image

imageimage

Azure SQL DB . Azure Analysis Service / Azure ML を使っていたそうです。
imageimage
image

Written by masayuki.ozawa

10月 27th, 2016 at 12:11 am

Posted in SQL Server

Tagged with

Leave a Reply

*