SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Server 2012 の SSMS 向けカスタムレポートを作成

leave a comment

SQL Server 2005 SP2 以降の SSMS ではカスタムレポートを表示することが可能となりました。
image

SQL Server 2008 R2 のときには BIDS 2005 相当のレポートを作成する必要があったかと思うのですが、2012 になって SQL Server 2012 のレポートビルダー (Report Builder 3.0) で作成できるようになり使いやすくなっていたので、作成方法をメモとして。

カスタムレポートとして有名なのは Microsoft® SQL Server® 2012 Performance Dashboard Reports かと思います。
このレポートの rdl ファイルは普通に見ることができますので、カスタムレポートを作成する際には、こちらを参考にするとよいかと思います。

カスタムレポートの作成の方法は通常のレポートと変わりません。
接続先のデータソースを設定し、
image

取得する情報をデータセットとして設定します。
image

後は作成したレポートを SSMS でカスタムレポートとして開けば作成は完了です。
image

データソースに関しては、柔軟に読み替えているようで今回は [.SQL2012] という名前付きインスタンスでレポート作成時に設定をしているのですが、他のインスタンスに対して同じレポートを開いたところ、自インスタンスでの実行となっていました。
image

レポートビルダー 3.0 の表現は使えるようでゲージやマップのようなコントロールも利用することが可能です。
image

管理用の情報が SSMS から見れると便利なので時間のあるときにカスタムレポートを少し作ってみたいと思います。
# と思って何年も放置しているのですが…。

Written by masayuki.ozawa

2月 10th, 2014 at 9:02 am

Posted in SQL Server

Tagged with

Leave a Reply

*