SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘WDS’ tag

Windows 8 の BitLocker のプロビジョニング機能のメモ

without comments

Windows 8 の BitLocker の新機能として、Bitlocker のプロビジョニングがあります。
BitLocker の新機能

Windows Vista と Windows 7 では、システム ボリュームとデータ ボリュームに対する BitLocker のプロビジョニングは、インストール後に、manage-bde コマンド ライン インターフェイスまたはコントロール パネルのユーザー インターフェイスで行う必要がありました。 Windows 8 の BitLocker は、オペレーティング システムのインストール前に、簡単にプロビジョニングすることができます。
Windows 8 では、管理者が、オペレーティング システムの展開前に、Windows プレインストール環境 (WinPE) から BitLocker を有効にできます。 具体的には、フォーマット済みのボリュームに、ランダムに生成されるクリアな保護機能を適用し、Windows セットアップ プロセスの実行前にボリュームを暗号化します。次のセクションで取り上げる “使用済みディスク領域のみを暗号化” するオプションを使った場合、この手順はわずか数秒程度で済むため、日常的な展開プロセスにも容易に組み込むことができます。

OS のインストールが終了してから BitLocker による暗号化をするのではなく、OS インストールの初期段階で暗号化をするという方法になるようです。
この機能ですが、使い方が載っているページが見当たらず、いろいろと情報を探してしまいました。
Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

1月 27th, 2014 at 8:46 am

Active Directory を必要としない WDS の展開基盤を構築

without comments

Windows Server 2008 R2 までの WDS では Active Directory が必要でしたが、Windows Server 2012 以降は [スタンドアロン モード] で構築する場合には Active Directory が不要となりました。

スタンドアロン モードの場合は、

  • WDS
  • DNS
  • DHCP

の 3 つのコンポーネントがあれば、展開環境を作ることができるようになります。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

1月 27th, 2014 at 12:11 am

WDS で展開する Windows Server 2012 のイメージに .NET Framework 3.5 のインストールイメージを含める

without comments

以前、Windows 8 / Windows Server 2012 の展開イメージに .NET Framework 3.5 を含める という投稿をしました。
この投稿は、ゲスト OS として展開するためのイメージをオンラインで編集することを想定していたため、以下のようなシナリオではそのまま使うことができませんでした。

  • WDS (Windows 展開サービス) で OS のインストールメディアの install.wim を使用して OS を展開

このシナリオでも利用できるようにしてみたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

8月 16th, 2013 at 8:58 am

Posted in Windows Server

Tagged with ,

Surface Pro に WDS でイメージを展開

without comments

PXE Deployment with Surface Pro で紹介されているように Surface Pro に 5 月のファームを適用して、Surface Pro Ethernet Adapter を使用することで PXE ブートを使用した展開ができるようになります。
# 手持ちの USB NIC で試したのですが書かれているように Surface Pro 用の Ethernet Adapter を使わないと駄目でした。

ファームの最新化 + Surface Pro Ethernet Adapter を使用した状態で音量を下げる (Volume Down) ボタンを押したまま電源を入れると PXE ブートすることができるようになります。

PXE ブートができることで WDS (Windows 展開サービス) を使用して Surface Pro にイメージを展開することも可能です。

ちょうど WDS の検証環境を作ってあり、良い機会だったので試してみました。
今回は WDS は Windows Server 2012 R2 Preview / 展開イメージは Windows 8.1 Preview を使用しています。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

7月 6th, 2013 at 12:03 am

Posted in Windows Client

Tagged with ,

WDS でイメージ選択が省略できない場合の対応

without comments

WDS では展開用のイメージを複数登録することができます。
image

この際、応答ファイルに使用するイメージを設定することができるのですがその際の注意点を。
フォーラムの WDS not auto selecting install image の情報になります。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

7月 4th, 2013 at 10:35 pm

Posted in Windows Server

Tagged with